館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2009/09/28 7:22

一ヶ月ぶりに江の島にいきました。海の家もなくなり見渡しても海辺には夏の面影すらありませんでした。でも相変わらず多くの人々が遊んでいました。いつも江の島神社までの道を左右の店を見ながらタラタラ歩き,突きあたりを右折し、山道に沿って登って行きます。眼下に広がる海岸線そしてはるか遠くの富士山を眺めながら、神奈川の景勝50撰でもある江の島稚児ヶ淵にあるレストハウスに立ち寄ります。そこには”やすらぎのブルー 湘南サイダー”があります。この店は姉弟で切り盛りしています。いつも思うのですがこのお姉さんの接客態度には感心させられます。”いつも有難うございます” ”あついですね” ”今日は過ごしやすいですね” ”その席でいいですか?”等々。心から発している言葉です。見習うべき大切なことです。人のこころを癒してくれます。

しばし遠くの海を眺めていると沖合をヨットやモーターボートが気持ちよさそうに水面を走っています。何も考えずひたすら見つづけています。するとお姉さんが大きな双眼鏡を貸してくれました。船長が使っているような立派なものでした。本当に遠くまで見えます。海って本当にいいな!なにもかも忘れ、ぼおっとさせてくれるから。帰りは釣り場近くから第12べんてん丸に乗り、裏側から見る江の島の船の旅をしばし楽しみました。

また来たくなってしまう江の島の風景を目に焼き付けて帰路につきました。今度訪れるのは紅葉かな?と思いつつ。

投稿者: 投稿日: 2009/09/26 7:54

”暑さ寒さも彼岸まで”の如く少しずつ暑さが和らいできました。彼岸のお墓参りの帰りに埼玉県日高市にある巾着田(きんちゃくた)に行きました。皆さんは行った事がありますか?都心から約一時間くらいです。巾着田は高麗川の蛇行で形作られ、日和田山から見ると巾着の形に似ているのでこの名前がつけられたそうです。(御存じのように巾着は和装小物入れですよね)。彼岸の頃間違いなく咲く彼岸花は曼珠沙華と呼ばれ真っ赤な花を咲かせます。(でも中にはごくわずかですが白い花もありました。何でも100万本強に2~3本くらいですかね?わかりませんけれども。)また曼珠沙華のもう一つの別名は『葉見ず花見ず』と言われているそうです。花が咲いている時には葉はどこにも見ることはできず、葉が出ているときには花はどこにもないのです。葉と花は永遠に出会うことなく、それぞれの役目を終えてしまうのです。一つの花でありながら、自分自身である花も葉も同時に見ることが出来ないのです。花にとってもこんな悲しい事はありませんよね。人間は悲しい曼珠沙華”彼岸花”ではありません。しっかり自分自身を見る事が出来ます、いや見なければなりません。”過去”も”現在”も”未来”もどの様にも経験できる人間て何と素晴らしい事でしょう。私はまた曼珠沙華”彼岸花”に会いに巾着田に佇んでいるかも知れません!来年の今頃に!

投稿者: 投稿日: 2009/09/21 8:15

第一回自慢話・思い出話大会が開催されました。9月20日(日)当日は各地域のイベント・祭り等があり、入館者も少なくキャンセル等が発生し参加者は7名様でした。それでも早くからお申し込み頂きました発表されるご利用者は、用紙にまとめてこられ大会は定刻どおり始まりました。人前で話すと言うことは大変勇気が要ります。なかなか出来そうで出来ない事だと思われます。しかしそれをもろともせずご主人との出会い、結婚、そして死別。またもっと悲しい事にはご長男の若くしての病死による別れのお話のときにはご本人はもとより、参加者も涙を流し同情の念でいっぱいでした。又泥棒に入られ多額の現金を奪われ大変御苦労されたとのこと、心痛の思いです。お話下さった後参加者からご質問がありそれにお答え下さいました。

飛び入りでお話しして頂いたご利用者もご主人との若い時の死別から、一生懸命強く生き抜き立派にご子息を育てあげ、今では自ら楽しく、元気に、はつらつと振る舞う事で自分も、他人も明るくするんだとおっしゃっていました。自分から現実を見つめよりよい方向へ仕向けていくんですね。そしてお二人とも志村ふれあい館に来られる事が、大変楽しみであり、スタッフも親切でこれからももっと、もっとご利用したいといってくださいました。、スタッフ一同有り難い気持ちで一杯です。

この”お話大会”を維持、拡大させ沢山の方々が参加されコミュニケーションを図りたいと思います。一人で淋しがらず、引き籠らず皆なと話すことによりすこしでも心のもやもやをすっきりさせましょう。

次回以降是非参加して下さい。

投稿者: 投稿日: 2009/09/20 9:25

毎日、元気な足取りで、元気な顔で、元気な声で挨拶をされご利用者が来館されます。いいですね!自主事業に参加して頂いて思うことがあります。例えば10月の料理教室のお申し込みがすぐ満員になりました。今までの生活で毎日、毎日台所に立って食事を作られた方々が料理教室に積極的に参加下さいます。(勿論男性も頑張って申し込みして頂いております。)おやつ作り教室もです。同じ料理をするにしても、過去にやられていた状況と、今の時点で料理教室で料理をする事の意味合いは、多少違いがあるような気が致しますがどうでしょうか?時代や環境や状況が違って今皆なで料理をすると言うことはまた格別と思われるのですが・・・・・・   過去に経験した事でも、今また実践しようとする事によって、素晴らしさ、懐かしさ、蘇る楽しさが、湧き出てくるのではないでしょうか? 心の中から新しい水(生きがい)がとくとくと湧き出てくるって、感動的、感激じゃあありませんか?  三角巾、エプロン姿を拝見していて私はつくづく感じます、何と素敵な光景なんだろうと。

投稿者: 投稿日: 2009/09/17 7:30

あっという間の2ヶ月でした。10月12日は体育の日。先日のブログでお話いました”東京オリンピックを語りましょう!”の日程が決まりました。思い出話をして下さる方10名、聞いて下さる方10名です。お話頂く内容は競技・選手・試合の内容・開会式当日の事・その日の自分は?・家族は?・等々。まだ参加者に空きがあります。原稿も何も要りません。目を閉じてあの日の事を思い出し、それを言葉にするだけでいいのです。起承転結も必要ありません。思いのまま語って下さい。詳細は1・2階入口にパンフレットを用意しています。 10月12日(月)午後1:00~2:00 2階多目的室2。”お話オールウエイズ競技場”の正門でお待ちしております。                                                                       又今自主事業が盛んに開催されています。10月分の講座の申込が9月14日(月)から始まりましたが、かなりの講座が満員になりつつあります。(申込が待ちどうしいとおっしゃっています。)是非ご来館頂き、パンフレットをご覧いただき早速申し込んでください。9月26日(土)開催”男の料理教室”も満員になりました。(近々に10人の志村男の料理達人が誕生します。)10月31日(土)開催”パスタを作ろう”ももうすぐ満員です(ナポリタン,さつま芋とりんごの重ね煮、スープ)。

これからも多方面から自主事業、イベント等を考え沢山の方々にご参加して頂きたいと思っています。

新しい事への挑戦で毎日の生活様式が変わります、変えられます。                                       驚いてしまいますよ、自分自身の素晴らしい変貌ぶりに!

投稿者: 投稿日: 2009/09/12 9:44

今朝ニュースで都内では既にすすきが咲き始めたそうですね。最近めっきりと季節感が味わえる事柄が少なくなりつつある中で、言葉や感覚等で季節の変わりゆく有様を知ることが出来る事は嬉しい事ですね。子供の頃は変化をしっかり受け止められる状況にあった様な気がしますがどうでしょうか?昨日運動室で一生懸命トレーニングに励んでいらっしゃるご利用者の方から”館長、ブログ見ていますよ”と声を掛けて頂きました。まだまだ直接お声掛けを頂く事が少ない中で(ブログ自体ご覧頂く方が少ないですが)感激です。嬉しかったです。益々力が入ります仕事にブログに。暫し運動室でのトレーニング振りを

拝見させて頂くうちにこんな発想が浮かんで来ました。

オリンピック開催地決定ももうまもなくです。それに因んで昭和39年東京オリンピックを思い出して皆さんのお話を聞かせて頂く企画です。どうでしょうか?

それにはお話頂く方、お話を聞いて頂く方、そしてお友達を誘って来館して頂ける方等沢山の参加をして頂く方々が必要ですよね。国立競技場の坂井選手による聖火台への点火シーン、東洋の魔女・女子バレーボールの金メダル獲得、男子100m準決勝の飯島選手等。   わくわくしませんか? あの開会式前日の雨が嘘のようにあがり晴天の当日。そうですあの開会式当日国立競技場に押し寄せた、多くの入場者と同じ位” 思い出話・東京オリンピックを語る”開催日には、きっと志村ふれあい館の思い出話会も満員になることを夢みて・・・・・・

(詳細は次のブログでお知らせ出来るよう頑張ります。お楽しみにして下さい。)

大集合!  待っています!  お話アスリートの皆さん!

 

投稿者: 投稿日: 2009/09/10 7:28

今朝、志村3丁目を歩いていると蝉の声もすっかり聞こえなくなり、清々しい秋風?がそっと頬を撫でていき、とても気持ちの良い通勤時のひとときでした。私は毎年この時期になると加山雄三さんの歌の一節を思い出します。”湘南、引潮、砂の中のサンダル、賑わった海の家も秋風が消してゆく・・・・・”    本当に時間の経過が早く、季節の移りゆく速さに戸惑いを隠せません。一年の内で比較的過ごしやすいこれからの季節を楽しみましょう!    地域の皆さんとコミュニケーションを計り、健康、スポーツ、生活向上、文化、教養、地域支援等の自主事業を実施するにあたりご利用者、地域の方々、お知り合いでボランティア活動に参加して頂ける方を募っております。   ”昔とった杵柄”  ”これなら負けない自信があり教えられる”  ”誰かと一緒になら” ”皆の前でやってみたい、もちろん一緒にでも”等。

これからのイベントとして誕生会、音楽会、運動会、クリスマス会等予定しています。詳しくはご来館して頂きお話合いを聞かせて下さい。ご自身も楽しみ、参加されるご利用者の方々とも喜びあえる事業、イベントの計画、実行、達成の向けてご協力をお願い致します。

 

 

 

投稿者: 投稿日: 2009/09/04 7:36

オープンして1ヶ月半が過ぎようとしています。毎日考えていることは、ご利用頂いている皆さんが、館の利用にマンネリ化し、惰性で1日を過ごしてしまうのではないかと危惧しています。(余計な心配でしょうか?)自分自身の生きがいとは、他人(館)からもらう(やってもらう)ものではなく、自分が考え思いつき実行していく中で、あらゆる場面から発見していくものであると言われています。スタッフも一生懸命考え、発想して行く中で皆さんも志村ふれあい館で実施していきたいプランの御提案をお願い致します。プラン提案したものをご自身を含め、皆さんと一緒に実行していく事は間違いなく楽しく、有意義なひと時を過ごせる事と確信しております。朝早くから夜は少々早く切り上げますが(考える事を)、真剣に考えています。ブログをご覧頂いた方は館に出向かれて声をかけて下さい。ご提案と、ご来館と、新しい出会いをお待ち致しております。・・・・・きっと近いうちに!

投稿者: 投稿日: 2009/09/02 7:49

自・公明が敗れ民主が圧勝し総選挙を経ての政権交代は今回で戦後3回目だそうですね。政治の世界も日々変わっていく中でふれあい館の現状はどうでしょうか?人それぞれの人生は千差万別。考え方、意見、生き方等、全てが違っています。でも今、ふれあい館で過ごす毎日は皆さんの気持ち、受けとめ方等が一体になっていかなければならないのではないでしょうか?昭和は良き時代でもあり、大変、苦労、困惑、混迷した時代でもありました。これからの人生は毎日が楽しく、健やかに、一生懸命、元気に、協力し合って過ごしていきたいものです。志村ふれあい館でこういう気持ちを維持させませんか?相手の事を思いやり、相手の立場、気持ちになって、自らを律し、礼節を重んじて皆が楽しめる志村ふれあい館にしましょう!”本当の意味でのふれあい館”を目指し一緒に取り組んでください。

投稿者: 投稿日: 2009/08/28 7:49

夏休みもあっという間(?)に終わろうとしています。皆さんはどんな夏をお過ごしでしたか?気候が不順で、体調まで不調になってしまった方はいらっしゃいませんでしたか?又新型インフルエンザが猛威をふるいつつあります。自分自身最低限行わなければならない手洗い、うがいの励行は必須です。日頃より体力増進、健康維持の為に無理せず体を鍛えましょう。志村ふれあい館では2階に運動室があり最新のマシーンが設置され、はじめての方にはスタッフが使用方法、効果等お教え致します。又理学療法士によるバランス向上体操、スタッフによるエクササイズ、エアロビクス、ストレッチ、健康指導等おこなっております。(詳しくは館内お知らせビラ、又スケジュール表も用意しております。)

秋突入! 昔から食欲の秋・スポーツの秋・読書の秋等言われております。  

まさに志村ふれあい館は全ての”秋”を満喫頂けるイベントを用意しています。お友達(なかなか外出されない方、まだ一度も来館された事のない方)を誘ってみて下さい。

 

”オールウェイズ・オータム・シムラエリアへレッッ・ゴー”

”いつも、いつでも、秋の志村地域(ふれあい館)へ行こう!”

待っています!夏が過ぎて秋の訪れとともに!

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。