館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2010/04/30 6:57

4月も終わろうとしているのに一体季節が春になろうとしているのか?冬のままでいたいのか?よく季節がいつなのかわからない最近です。ゴールデンウィークは快晴だとか!今月になり初めてお会いする方々も大分増えてまいりました。

4月28日(水)第二回目の帝京高等看護学院の生徒が臨地実習に見えました。そのカンファレンスの中でいろいろご意見を頂きました。

・ 精神的に元気でコミュ二ケーションがとれ趣味の共有、生きがいを見つけている。

・ 施設の存在が大切である。(近隣に存在している事)

・ 社会的孤立が排除される。

・ 交流の場としてそこに行くと友がおり、語らいがあり、楽しさがある。

・ 施設自体の明るさが元気の源となっている。

・ 帰る家がある事の大切さ(通所)

・ 退院した後の施設利用

・ 日常生活に刺激とめりはりをつける必要がある等々

これからの新しい世代の高齢者の方々が施設利用をするうえで益々ふれあい館自体の運営、利用方法に変化が現れる事と思います。現れなけれがその方々の利用は難しいのではないかとおもわれます。

従って今後は本当に行きたい、行ってみたい、魅力ある、満足感が得られるふれあい館像を確立していかなければならないし、共に作り上げなければなりません。若い人たちが提案、感じている事が重要ポイントであることを再認識致しました。

実習お疲れさまでした。、

   詳細...

投稿者: 投稿日: 2010/04/22 7:10

この花の種別はいったい何でしょうか?アヤメ? カキツバタ? ハナショウブ? 『いずれがアヤメかカキツバタ』。どれも美しく、素晴らしいので優劣が付けにくいし、見分けがつきにくいということですね。前日撮った時は一輪だけでしたが、昨日の暖かさ(暑さ?)で何輪もの花が咲いていました。またおおむらさきも蕾だったのにこんな綺麗な花が咲き始めました。

昨今の気候の変化で今までと違った季節感はあるものの、其の時期になるとちゃんと花を咲かせてきます。

自然現象の中で自立心と価値と存在の表明をしっかりと死守しています。♪♪時の流れに身をまかせ・・・・♪♪  これも人生の選択肢にとって大切なこと。  ♪♪人生いろいろ・・・・・♪♪  もまた良し。   ♪♪我が人生に悔いはなし・・・・・♪♪ この生き方もまた良しですね。如何に自然(運命)と共存していくかという事でしょうね!

    

    

投稿者: 投稿日: 2010/04/21 7:11

四忍会の定例が行われました。午前中は晴れで太陽が顔を覗かせ、午後は曇りで風が強くなりました。暖かで雨にも降られずまあまあのコンデションでした。最近先輩の口から”もうゴルフは出来ないかも?”という言葉が聞かれます。同年輩の死、自分自身の体力、体調、気力等悩んで弱気になっているのかもしれません。”大丈夫!何時までもできるよ”とは言うものの人の事だと思って安易に慰めの言葉を言ってしまっているのではと考える事があります。人それぞれ環境の変化、事柄の変貌により考える事も多岐、多様にわたって出てくるのでしょうか?なんとなく解るような気になってきました。先輩は最初からのメンバーです。もしリタイヤ―すると本当に四忍会の幕引きになってしまうかもしれません。5月は休会なので6月、7月までには見極めたいと思います。

    

    

投稿者: 投稿日: 2010/04/19 7:18

久しぶりに大好きな小田急ロマンスカーに乗って箱根湯本へ行きました。新宿から85分で別世界を訪れることになります。さっき迄雑踏の中にいたのが嘘のようです。前からなんとなくロマンスカーに乗る事が嬉しく、旅気分を味わう感覚が強くなるのではないかと思います。そんな温泉郷の中で”天成園”という所に行きました。友人が”とても良かったので皆で行こう”と誘ってくれました。何でも江戸時代から箱根七湯の一つとして栄えた源泉だそうです。玉簾の瀧や神社のある庭園も見事なものでした。

『玉簾神社』は箱根神社の分宮で美しい池やせせらぎもあります。最上階にある大露天風呂からは箱根の山々の雄大な姿が一望できます。疲労回復、健康増進にぴったりの泉質です。

休みの日、心ゆくまでゆったりとした一日になりました。 

    

(一号車前から5番目)                    (天成園玄関)      

      詳細...

投稿者: 投稿日: 2010/04/15 7:26

先日もご紹介しましたが埼玉県指定有形文化財長光寺は惣門・山門・本堂が一直線上に建つ禅宗様の伽藍配置になっています。本堂の右に建てられている鐘楼堂、左側に建てられている中門にはまだまだ花がやや満開状態にも見えるように咲いていました。お彼岸にお参りされたお墓には枯れかかった花がそよ風に揺れていました。あまりの静けさにすぐ近くの東都飯能GCのショットが聞こえてきそうです。都心の草花と違って綺麗な、澄んだ空気を吸っているせいか鮮やかな色合いなのは気のせいでしょうか?人も澄みきった、美しい、晴れやかな気分を保つ事が出来る日々が続けられる事を望んでいるのですが・・・・・・。

     

    

投稿者: 投稿日: 2010/04/12 7:10

新しい年度になった事と、高島平ふれあい館が休館になった事でいままでにお目にかかった事のないご利用者が多数来館されています。とりわけ入浴とリラックスコーナーのマシーンのご利用頻度が大幅にあがってきています。お風呂の開始時間前には大勢の希望者の方々がロビーに集まっていらっしゃいます。          

外の様子はどんなものか公園に出かけてみました。咲き乱れるあたり一面の菜の花・・・・本当に黄色の絨毯を敷き詰めた様な綺麗さと雄大さです。そしてちょっと残っている桜のピンクとのコラボレーションもいいですね!最近出かけてみてもやけに花が気になり撮ってしまいます。美への憧れでしょうか?

やっと春もそこまでやってきた感があります。元気を漲らせ、すっきりした気分に浸れる季節になりますね。

”こころとからだ・いきいき広場”に来て、今までと違った自分発見をしてみてください。

     

 

投稿者: 投稿日: 2010/04/09 7:02

“東京ドームの隣でノムさん生ボヤキ”を聞きに行きました。会場はほぼ満席、中年男性は勿論の事、結構若い男女の姿が多く見られました。南海ホークスの入団から現在に至るまでの出来事を”ボソボソ”語ってくれました。特に昨シーズン迄の楽天の事は詳細に話してくれました。幼少の頃から女手一つで育ててくれたお母さんへの感謝の気持ち、野球をやらせてくれたお兄さんへの感謝の気持ち、球界で長く携わる事が出来た事への感謝の気持ち等々。

野球に於ける勝利の原則として3つの事をあげられました。

① 堅い守り

②技術力以外の無形の力

③全員の意思統一

どの社会でも勝ち抜く為の原則が共通なものである事と思われました。勝ち抜く為、成功する為には”限界からの勝負”が必要で”自分で問題意識を高め、目標達成意欲を持ち続ける事の大切さ” ”夢と現実とのギャップの大きさ”・・・・まだまだ沢山話されました。

私の野球のユニフォームの背番号は何処でも”19”。ラグビーのOBジャージもリザーブナンバー”19”を作り大切に保管してあります。(現役時代なNO8でしたが)

何故野村さんが”19”をつけていたのですかの質問に、”たまたま空いていた背番号が19だった”とは・・・・・でも奥様が占いで見てもらったラッキーナンバーは合計10だそうで、監督時代は”82” ”73”そして現役は”19”。成る程。でも現役時代はまだ今の奥さんと結婚していないので結果論でしたが・・・・・・

詳細...

投稿者: 投稿日: 2010/04/05 7:18

八芳園は江戸時代徳川将軍の旗本あの”大久保彦左衛門”の屋敷とは知りませんでした。ご存知ですか?その後明治・大正・昭和と著名人の邸宅として受け継がれたそうです。昭和26年に八方何処から見ても美しい事から”八方園”と名づけられたもので、風光明媚な名園として知られています。都心にこんな素晴らしい回遊式庭園があるという事は驚きましたし、素敵なことです。(思っていたよりは小じんまりした庭園でしたが・・・・)池を見ると錦鯉がリーダー?を先頭に列を作り、悠然と泳いでいました。人の気配が判るのでしょうか池の畔に立っていると近づいてきます。グリーンアートとして盆栽が展示されています。樹齢200年以上の逸品の数々が美しい枝ぶりをみせていました。中には樹齢500年という五葉松がありましたが、管理は大変な事でしょう。また河津桜も顔を見せていました。

こんな清々しい、気持ちにゆとりが生まれ、何処にいるのかも忘れてしまう環境に”ひととき”でも佇む事が出来て大満足でした。

    

(池の畔)                             (悠然と泳ぐ錦鯉)

 

     詳細...

投稿者: 投稿日: 2010/04/01 7:07

平成22年度がいよいよスタートしました。子供の頃感じた、ほのぼのした温もりが感じられる郷愁の時代(昭和初期)・・    いい時代であったと言われています。家に引きこもりがちになり、孤立化することのないように・・・・・

   ”行ってみたい施設”の雰囲気を作り出し、

   ”やってみたい講座”の場を作り出し、

   ”味わってみたい未知”の喜びを作り出し、

   “感じてみたい人”の温かさや優しさを。

新たな交流や活動の出来る施設になる事を目標にし、その実現に向けて歩み続けてきて約8ヶ月。

足跡を振り返り、前進への糧にしていきたいと思います。

新しい年度を迎えるにあたり自身へ”喝”を注入しました。

     

投稿者: 投稿日: 2010/03/31 7:05

”暑さ寒さも彼岸まで”ってどうなっているんですかね?真冬の寒さになったり、少し暖かくなったり、開花宣言してから何日も経ち未だ満開状態にはならないし。電車から見る川辺の”桜まつり”の会場も寂しそう!公園で毎年咲く桜の木の下の方に一輪の桜が咲きます。今年はまだ蕾。もう少しの辛抱・・・・・・・・今週末が見ごろなのでしょうか?

いよいよ今日で平成21年度も終り志村ふれあい館としては2年目にはいる平成22年度を迎える事になります。年度がかわるからという事ではなく、志村ふれあい館の方向性を踏み外さない様、当初に掲げた目標を達成する為にも幸先よいスタートをきりたいものです。

又4月29日(祝)には志村ふれあい館・グリーンカレッジホール合同イベントが開催されます。詳細は追ってブログでも紹介させて頂きますのでお楽しみにして下さい。

今日を境に21年度から22年度へ・・・・・・・

    

平成20年3月27日撮影                   平成22年3月31日撮影

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。