館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2010/05/28 7:16

側道の植栽によく雀の姿をみます。餌を探しているとツグミ?のような鳥が雀を狙って飛び降りて来ました。すると雀はこの植え込みの中に姿を隠すのです。追っかけてきた鳥はこの植え込みの中には入れず(?)じっとすぐ傍の木から見つめていました。暫くするとまた雀が出てきて餌を探していましたが、敵から自らを守るため植え込みからの至近距離を移動するだけでした。やがて諦めた鳥はその場から去っていきました。

どんな生き物でも自己防衛がしっかりとなされ、弱肉強食の世界でも生き抜いていかなければならない訳です。何事にも恐れず自分が生きる為にとった行動に自信と勇気と決意を持ち続けていくのです。そして雀は何事もなかったように飛び立って

いきました。その姿はとても頼もしく、かっこよく、見えなくなるまで追っていました。

 

         

(雀の隠れ家)                            &am ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2010/05/24 7:13

鶴岡八幡宮の本宮への石段の左脇に大銀杏がありました。幹周7m樹高30m樹齢1000年の県指定の天然記念物ですが、今年になってこの大木が無残にも倒壊するアクシデントにみまわれました。それでも3月には再生着手され現存の形に迄育ってきました。建保7年1月27日夜に三代将軍源実朝がこの階段を下りてきた来た時に源頼家の子公暁に父の仇として殺害された場所です。其の時公暁はこの大銀杏に隠れて実朝を待っていたといわれています。それにしても大銀杏の再生力は素晴らしいものです。1000年という長い年月を生き抜き、また一歩からスタートし始めたのです。人も諦めず、生き抜いていこう、やり遂げてやろう、という強い意志が自分を蘇らせるのです。

”諦めるな最後まで”ですね!

     

(以前の大銀杏)                        (現在移設後のロープの所までしか樹高がありません。

                                    新芽が沢山出ています、樹周はそのまま。)

(地植えされた現在の大銀杏) 

投稿者: 投稿日: 2010/05/22 7:50

自然の複雑な起伏を充分活かしたレイアウトのゴルフ場でプレーしました。何処へ打っても傾斜があり真っ平な所で次のショットが出来ません。頭脳を使った落とし所にちゃんと打てるかどうかがカギとなります。だから少々距離が短くても攻略が難しいのかもしれません。でも私にはそんな余裕などあるはずがありません・・・・・・

仕事もただ漠然と其の日の事をやり遂げれば良いというものではなく、短・中・長期計画を考慮し、その一日としての戦略に沿った仕事を実践していかなければならない訳です。全て順調に何の障害もなく実践できる確率は極めて少ない訳で、ラグビーボールの様に落ちた瞬間、どの方向にバウンドするか判らないのでそれを予測し、ある程度の距離間とそこへたどり着く迄のスピードと自分が後逸した後のフォローする人間との連携等考えた行動を取らなければなりません。スポーツや遊びでもなにか人生とか仕事とか、考えさせられる点が沢山あるものです。

戦略と攻略と連携と実行 ・・・  目指します!

    

   

                       

 

 

投稿者: 投稿日: 2010/05/17 7:15

母が亡くなって1年が経ちました。昨年の手帳を読み返してみると、この一年とその前一年との生活実態の違いが歴然としています。病院から容態急変の知らせを受け、息を引き取る迄と同じ時刻をずっと思い浮かべていました。午前1時34分の知らせとほぼ同じ時刻に目が覚め起き出し、其の日は一年前と同じ様に過ごそうと考えました。また其の二日前の午前1時30分に夢を見ましたが、其の光景はまさにこの世との別れを告げる情景でした。自分が頭の中で考えたり、思い出したりしているから、この様な時間帯が偶然一致するのかどうかは解りませんが・・・・・・。夢の内容も2つの話があり、しっかり覚えているので記録に残しました。実はこの事柄に関しては志村ふれあい館と大変意味深く、忘れられない事があります。

是が”運命”というものかもしれません。”運命”は変えられないかもしれませんが、”運命”により生活や人生の方向性を変える事は出来るかもしれません。あらためて今後のサイクルプランを見直し、考えてみようと思いました。

     

                           (好きだった人形)

 

 

 

投稿者: 投稿日: 2010/05/14 7:15

いろいろな事(仕事や今後の人生や遊びの事)を取り決め、それを実践し結果を見極める事が好きです。所謂”目標設定とその達成”。立案?作業をするのは早朝です、毎日朝早く起きます(3時半から4時頃)、これは何年も続いています。勿論その分早く寝ますが・・・

先日ある一冊の本を貸してくれました。その本を手にした時あまりにも自分が知らない間にやっている事が沢山載っており、ちょっとびっくりしました。其の一章に

”よく眠れることは才能である”  ”眠れるということは人間が健康であり、人を愛し、仕事に専念することが出来る”  ”すぐ眠れて、すぐ起きられる”  “ バタン・キュー”等私は寝起きも良く、目が覚めると同時に頭の中はすっきり全開状態になります。何時でもとりわけ寝る間際は ”今この場で考えても解決できない事は考えない、考えて結論が出せる場所、時に真剣に考えよう” と思うといつの間にかすやすやと眠ってしまいます。布団や枕が変わっても関係なくどんな場所でも良く眠れます、飲んでいても飲まなくても・・・・・気持ちの切り替えと出来るだけクヨクヨ、ダラダラ考え過ぎない事!是日々実践!!!

      

高貴、恥じらいの牡丹                       マスコット“海の男”

投稿者: 投稿日: 2010/05/06 7:31

沢山休日のあった方もそうでない方もゴールデンウェークが終わり普通の生活パターンに戻りました。今朝の電車の中はぐったりしている人、ぐっすり眠っている人等皆んな疲れてしまっています。自分の為の休日の方も多いかもしれませんが、大半は家族との休日が多かったのではないでしうか?この間志村ふれあい館にも大勢のご利用者に来館して頂きました。とりわけお風呂が混雑しました。特に昨日5月5日は入浴可能者数ギリギリの利用率となり開館以来初めての結果となりました。これもご利用者の方々が入浴についての取り決めを遵守し、スタッフの要望に快く理解を示して頂いた結果でもあるわけです。共同の場を公平に、平等に、和やかにしていくには重要且つ不可欠な事ではないかとおもいます。今後ともタッグを組んでまいりましょう。

出勤時”おおむらさき”が色とりどりに咲き乱れ”行ってらっしゃい!頑張って!”と声を掛けてくれた様な気がしました。

    

 

投稿者: 投稿日: 2010/05/05 7:48

海が見たくなり江の島へ出かけました。江の島へ渡る橋は歩行者で上、下共超満員。車も大渋滞で動きません。それでも渡り切った右側には”美と芸術を司る弁財天が奏でる江の島アイランドスパ”があります。何でも江の島直下1500mから湧き出る豊富な温泉だそうです。特に若い人々に人気のあるスポットです。江の島神社へも大混乱。どの店も入店待ちで一杯。”生しらす”を食べさせる”とびっちょ”も満員。海上にはヨットが気持ちよさそうに走り、水上バイクは轟音で波飛沫を蹴散らせていきました。釣り場近くのいつもの店に行くと弟が”久しぶりですね、いらっしゃいませ”と迎えてくれました。”日に焼けていますね。ゴルフですか?”と言われたので”ストレス焼けです”と言うと笑っていました。姉も”お久しぶりですね、毎度有難うございます。”と笑顔を返してくれました。しばし休んだ後店を後にし”第15べんてん丸”に乗船し岩屋を出発し境川で下船し楽しんだ一日を終える事になりました。でも海を見つめていた時は何もかも忘れ、没頭していましたが暫くするとまた現実に引き戻されてしまいました。

    

(江の島アイランドスパ)                   (江島神社)

詳細...

投稿者: 投稿日: 2010/05/03 9:08

ゴールデンウィークに入って晴天が続き、今迄の天気が嘘のように清々しい毎日です。いつも心の中は晴天にしておきたいと思いますが、なかなか思うようには行かないものです。自分自身の問題と自分を取り巻く環境によって随分違ってくるものです。そんな気持ちとは裏腹に素晴らしい青空にまるでUFOの様な太陽が輝いていました。雲もふんわりと大空に浮かびゆっくりと流れていきました。大空を見上げていると次々と変化が表れ、興味深くいつまでも、いつまでも眺めて

しまいました。空と海はどうしてこんなにまで癒してくれるのでしょうか?それはあまりにも広大すぎて自分の考えや思っている事が小さすぎるかもしれませんね。

    

 (UFOの様な太陽)                     (流れゆく雲)

 (しだれ桜)

投稿者: 投稿日: 2010/04/30 6:57

4月も終わろうとしているのに一体季節が春になろうとしているのか?冬のままでいたいのか?よく季節がいつなのかわからない最近です。ゴールデンウィークは快晴だとか!今月になり初めてお会いする方々も大分増えてまいりました。

4月28日(水)第二回目の帝京高等看護学院の生徒が臨地実習に見えました。そのカンファレンスの中でいろいろご意見を頂きました。

・ 精神的に元気でコミュ二ケーションがとれ趣味の共有、生きがいを見つけている。

・ 施設の存在が大切である。(近隣に存在している事)

・ 社会的孤立が排除される。

・ 交流の場としてそこに行くと友がおり、語らいがあり、楽しさがある。

・ 施設自体の明るさが元気の源となっている。

・ 帰る家がある事の大切さ(通所)

・ 退院した後の施設利用

・ 日常生活に刺激とめりはりをつける必要がある等々

これからの新しい世代の高齢者の方々が施設利用をするうえで益々ふれあい館自体の運営、利用方法に変化が現れる事と思います。現れなけれがその方々の利用は難しいのではないかとおもわれます。

従って今後は本当に行きたい、行ってみたい、魅力ある、満足感が得られるふれあい館像を確立していかなければならないし、共に作り上げなければなりません。若い人たちが提案、感じている事が重要ポイントであることを再認識致しました。

実習お疲れさまでした。、

   詳細...

投稿者: 投稿日: 2010/04/22 7:10

この花の種別はいったい何でしょうか?アヤメ? カキツバタ? ハナショウブ? 『いずれがアヤメかカキツバタ』。どれも美しく、素晴らしいので優劣が付けにくいし、見分けがつきにくいということですね。前日撮った時は一輪だけでしたが、昨日の暖かさ(暑さ?)で何輪もの花が咲いていました。またおおむらさきも蕾だったのにこんな綺麗な花が咲き始めました。

昨今の気候の変化で今までと違った季節感はあるものの、其の時期になるとちゃんと花を咲かせてきます。

自然現象の中で自立心と価値と存在の表明をしっかりと死守しています。♪♪時の流れに身をまかせ・・・・♪♪  これも人生の選択肢にとって大切なこと。  ♪♪人生いろいろ・・・・・♪♪  もまた良し。   ♪♪我が人生に悔いはなし・・・・・♪♪ この生き方もまた良しですね。如何に自然(運命)と共存していくかという事でしょうね!

    

    

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。
アーカイブ
<2010年5月>
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
月別の過去ログ
2021年10月
2021年9月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年1月
2019年11月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年2月
2019年1月
2018年11月
2018年10月
2018年8月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月