館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2010/06/30 7:20

いよいよ明日から7月となり、1周年を迎える事になります。来月は海開き・山開き・川開きと続きます。夏は人の心も開き、明るく、元気な気分になります。大好きな季節です。一輪のカーネーションちょっと幻想的は花瓶(?)と花です。今までと違った雰囲気です。6月26日(土)にもちょっと違ったコンサートを開催致しました。フルートアンサンブルコンサートで、『アヴィラフルートアンサンブル』の6名の方々に出演して頂きました。志村ふれあい館ではフルート演奏は初めての事で約40名で開場は一杯になりました。曲名は『もう夏気分』・『千の風になって』・『高校三年生』他12曲とアンコール曲でした。フルートの素敵な音色で午後のひと時をゆったり過ごして頂きました。クリスマスコンサート出演もお願いし、前向きに検討頂ける約束も頂戴しました。今年のクリスマスコンサートは第4弾位を考えております。毎週クリスマスコンサートになるかも知れません。

御期待下さい。

     

 (生花のカーネーションです。)

投稿者: 投稿日: 2010/06/24 7:06

皆さまのお陰をもちましていよいよ1周年を迎えようとしております。。これを記念致しまして志村ふれあい館では1周年記念特別イベントの開催を決定致しました。(人気の歌と落語です。)

 

  ①  7月18日(日) 歌声サロン 歌って健康!

             PM2:00~3:00    講師 杉山公章(歌心塾主宰)

  ②  7月19日(月・祝) Always寄席 よしもとプレゼンツ”若手落語家競演”

             PM1:30~2:30     ・笑福亭笑助 ・笑福亭和光 ・笑福亭羽光

共に志村ふれあい館と同じ建物のグリーン・カレッジ・ホール4F大ホールです。参加自由で先着200名様となります。

あの1年前のオープンイベントにも沢山の方々にご来館、ご来場頂きました。

今回も皆さまお誘い合わせのうえ是非お越し下さいますようお待ち致しております。

当日会場でお目にかかれる事を楽しみに・・・・・・・    

投稿者: 投稿日: 2010/06/23 7:12

『東北の湘南』と呼ばれているいわき市は東北地方の最南部に位置し、気候温暖で豊かな自然といで湯に恵まれた近代都市といわれています。”湘南”という名前に前から行ってみたい場所でした。(仕事では何回もいきましたが・・・・・)常磐自動車道で2時間半位で着きます。いわき勿来ICから程なくしたところに太平洋を望む本格的シーサイドコースがあります。何といっても名物ホール16Hは美しい海越えのショートホール。目の前に広がる海に向かって打ちます。

ナイスショットの場合は爽快そのもの・・・・・・・・

ミスショットの場合は最悪、ボールは海の中に吸い込まれていきます・・・・・・・・・

入江越えのホールもあり戦略が全てです。天然記念物の『照島』も目前にそびえています。ただ海を眺めるだけでなく、緑多い、素晴らしい景色の中で過ごす事が出来た1日はリフレッシュするに値する、価値あるものでした。全てを一瞬忘れてしまい、其の日、其の時、其の状況、其の人に感謝します。

今度は何処のリフレッシュポイントに出会うのでしょうか?

     

 (海を見ながら・・・・・・・)                                  (照島)

詳細...

投稿者: 投稿日: 2010/06/16 7:19

いよいよ梅雨入りがなされ暫くの間しとしとした雨に悩まされる日々が続きそうです。気持ちもなんとなく沈みがちですっきり、晴れやかにはならないものです。そんな中紫陽花が咲きはじめました。紫陽花はその発色に影響する補助色素や土壌、アルミニュウムイオン量、開花からの日数により様々に変化するので『七変化』と呼ばれています。初めは青かった花も咲き終りには赤みがかっていくものもあります。なにごとも良くも悪くも変わっていくのですね。

丁度一年前の開館時も同じ様な天候だったのでしょうか?季節から季節への変わり目の”橋渡しの時期”をどう過ごしていくかという事が最も大切なことかもしれません。志村ふれあい館も日々新しいお顔のご利用者が増えています。大変喜ばしい事と思っております。人のご来館様態も変わってきております。皆さんが平等に、公平に・・・・・・

さて7月17日(土) この時期つまり”橋渡しの時期”に1周年記念特別イベント開催を予定しています。

『クラシックコンサート』 『歌声サロン』 『落語会』です。それぞれ詳しい事はまもなくお知らせ出来ると思います。

2年目を迎える志村ふれあい館は新しい事にチャレンジしていきたいと考えております。皆様のご来館、ご参加をお待ちし、ご自身で確認されて下さい。

勿論1周年記念特別イベントには必ずご参加して下さい。

     

投稿者: 投稿日: 2010/06/10 7:12

志村ふれあい館を取り巻く樹木が根付いてきています。最初は馴染まず?枯れてしまった木もありましたが、今は植え替えられた樹木を含め、しっかりと新しい芽、花が咲き始めています。志村ふれあい館も一年が経過しようとしていますが、規律、自主事業、イベント、ご利用者数等 着実に根付き始めているのでしょうか?”月日は問題を解決する”と言われていますが、その通りでもありまた解決する為の自主努力と連携の大切さ、重要性が問われる事になります。たとえ根付いたとしてもその後のフォローがなければ元の木阿弥状態になる訳です。これからはこの樹木が立派に、すくすくと、大きく育って行く為にも我々一同がやらねばならない事が山ほどあります。一生懸命努力、実践していきたいと思っております。

ふれあい館のこれからの動向と目標達成とオーバーラップさせながら・・・・・・・・・・・・・・・・

         

(このエリアは屋根があるので定期的に散水しているのでみずみずしいです?)

投稿者: 投稿日: 2010/06/04 7:39

昨年の今頃は7月17日の開館まで”あと何日”とカウントダウンしながら業務におわれていました。期待と不安が入り乱れ時間ばかり過ぎていってしまう毎日の連続でした。4月29日(木・祝)に志村ふれあい館の上にある4Fグリーンカレッジホールでパン・ポップ・パラダイス スチール・パンコンサートを開催致しましたがご来場頂きましたでしょうか?カリブの国からやってきたドラム缶から作られた打楽器(スチールパン)で心地良いサウンドを奏で『癒し』と『元気』を注入しましたでしょうか?

スタッフも全員”ひまわり”を胸に付けていましたが覚えていらっしゃいますか?

先日”ミニひまわり”を発見しました。いよいよ夏に向かって動きはじめていくんですね。

さて”一周年記念イベント”開催を考えております。皆様のご要望の多かった音楽、落語、それとも・・・・・・・・・・・

もう少しで決定しご案内できると思いますのでお楽しみにして下さい。また開催日等決まりましたらご自身の予定に入れ、必ず来館、参加して下さい。

    

(スチールパン)                         (ミニひまわり?)

投稿者: 投稿日: 2010/05/28 7:16

側道の植栽によく雀の姿をみます。餌を探しているとツグミ?のような鳥が雀を狙って飛び降りて来ました。すると雀はこの植え込みの中に姿を隠すのです。追っかけてきた鳥はこの植え込みの中には入れず(?)じっとすぐ傍の木から見つめていました。暫くするとまた雀が出てきて餌を探していましたが、敵から自らを守るため植え込みからの至近距離を移動するだけでした。やがて諦めた鳥はその場から去っていきました。

どんな生き物でも自己防衛がしっかりとなされ、弱肉強食の世界でも生き抜いていかなければならない訳です。何事にも恐れず自分が生きる為にとった行動に自信と勇気と決意を持ち続けていくのです。そして雀は何事もなかったように飛び立って

いきました。その姿はとても頼もしく、かっこよく、見えなくなるまで追っていました。

 

         

(雀の隠れ家)                            &am ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2010/05/24 7:13

鶴岡八幡宮の本宮への石段の左脇に大銀杏がありました。幹周7m樹高30m樹齢1000年の県指定の天然記念物ですが、今年になってこの大木が無残にも倒壊するアクシデントにみまわれました。それでも3月には再生着手され現存の形に迄育ってきました。建保7年1月27日夜に三代将軍源実朝がこの階段を下りてきた来た時に源頼家の子公暁に父の仇として殺害された場所です。其の時公暁はこの大銀杏に隠れて実朝を待っていたといわれています。それにしても大銀杏の再生力は素晴らしいものです。1000年という長い年月を生き抜き、また一歩からスタートし始めたのです。人も諦めず、生き抜いていこう、やり遂げてやろう、という強い意志が自分を蘇らせるのです。

”諦めるな最後まで”ですね!

     

(以前の大銀杏)                        (現在移設後のロープの所までしか樹高がありません。

                                    新芽が沢山出ています、樹周はそのまま。)

(地植えされた現在の大銀杏) 

投稿者: 投稿日: 2010/05/22 7:50

自然の複雑な起伏を充分活かしたレイアウトのゴルフ場でプレーしました。何処へ打っても傾斜があり真っ平な所で次のショットが出来ません。頭脳を使った落とし所にちゃんと打てるかどうかがカギとなります。だから少々距離が短くても攻略が難しいのかもしれません。でも私にはそんな余裕などあるはずがありません・・・・・・

仕事もただ漠然と其の日の事をやり遂げれば良いというものではなく、短・中・長期計画を考慮し、その一日としての戦略に沿った仕事を実践していかなければならない訳です。全て順調に何の障害もなく実践できる確率は極めて少ない訳で、ラグビーボールの様に落ちた瞬間、どの方向にバウンドするか判らないのでそれを予測し、ある程度の距離間とそこへたどり着く迄のスピードと自分が後逸した後のフォローする人間との連携等考えた行動を取らなければなりません。スポーツや遊びでもなにか人生とか仕事とか、考えさせられる点が沢山あるものです。

戦略と攻略と連携と実行 ・・・  目指します!

    

   

                       

 

 

投稿者: 投稿日: 2010/05/17 7:15

母が亡くなって1年が経ちました。昨年の手帳を読み返してみると、この一年とその前一年との生活実態の違いが歴然としています。病院から容態急変の知らせを受け、息を引き取る迄と同じ時刻をずっと思い浮かべていました。午前1時34分の知らせとほぼ同じ時刻に目が覚め起き出し、其の日は一年前と同じ様に過ごそうと考えました。また其の二日前の午前1時30分に夢を見ましたが、其の光景はまさにこの世との別れを告げる情景でした。自分が頭の中で考えたり、思い出したりしているから、この様な時間帯が偶然一致するのかどうかは解りませんが・・・・・・。夢の内容も2つの話があり、しっかり覚えているので記録に残しました。実はこの事柄に関しては志村ふれあい館と大変意味深く、忘れられない事があります。

是が”運命”というものかもしれません。”運命”は変えられないかもしれませんが、”運命”により生活や人生の方向性を変える事は出来るかもしれません。あらためて今後のサイクルプランを見直し、考えてみようと思いました。

     

                           (好きだった人形)

 

 

 

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。
アーカイブ
<2010年6月>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910
月別の過去ログ
2021年9月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年1月
2019年11月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年2月
2019年1月
2018年11月
2018年10月
2018年8月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月