館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2010/09/29 7:18

昨年9月20日(日)”自慢話し・思い出話大会”が開催されお二人のご利用者の方にお話し頂きました。笑いあり、涙ありの感動・感激のひとときでした。その後何回か開催されましたがなかなかお話頂ける方がいらっしゃいませんでした。皆さん”人の話を聞くのはいいんだけれど・・・・”とおっしゃいます。それでも何とか多くの方々の参加を期待したくそこで今年11月にフリーアナウンサーでNPO法人「日本スピーチ・話し方協会」代表理事の大橋照子先生に”朗読” ”話し方教室”を開催して頂く事になりました。(日程は後日ご案内させて頂きます。)何回かこの「話し方教室」で先生からあらゆるレクチャーを受け、やがて卒業と同時に待ちに待った”自慢話し・思い出話大会”開催です。自分の思っている事、考えている事、経験した事等”どう表現し” ”どうまとめ” ”どう話していくか”等今から大変楽しみです。大橋照子先生は大変素敵で、魅力ある、表情・表現豊かな、バイタリティ一杯の先生です。テレビでご覧になられた方、ラジオでお聴きになられた方も沢山いらっしゃると思います。当日は多くの方々の参加をお待ち致しております。

         

    (大橋照子先生著)                       (ひと際目立つ存在になります。)

 < ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2010/09/27 7:12

9月もあとわずかで終わりとなる日、夏の賑わいの江の島がどう変わったのかと思いいざ出発。相変わらず江の島弁天橋、江島神社迄の参道は人で一杯どの店の前も行列、いつものオリンピック記念噴水池前へ。釣りをする人の姿が多い、五目釣かな?海水浴に代わり水面は色とりどりの帆を靡かせセーリングを楽しむ人々で華やかな一言!ちょっと風が強く波しぶきがたち夏とは違う海岸線の風景です。エスカーには乗らず江島神社を右折し樹木が茂る山道を稚児ヶ淵に向かってゆっくり歩を進めました。”こんにちは”といつもの店へまたしてもじっくりと海を眺めて来ました。

”気持ちすっきり” ”もやもや解消” ”心晴れ晴れ”。 遊覧船べんてん丸は荒天の為欠航。今しがた歩いてきた山道をゆっくり下り帰路につきました。 まもなく江の島に秋が訪れます・・・・・・・・・・・・

          

     (賑わう参道)                           (江島神社)

          

    (稚児ヶ淵)                             

投稿者: 投稿日: 2010/09/22 7:09

彼岸入りとなりお墓参りに行きました。例年帰りには日高市の曼珠沙華が咲き乱れる巾着田に立ち寄ります。あたり一面が真っ赤に染まりそれはそれは”素晴らしい”の一言の風景です。ところが今朝テレビを見ると今夏の猛暑の為水不足となり殆ど花を咲かせていない状態です。そんな巾着田が映しだされました。でも一斉に発芽は確認されているそうです。見学者も花が咲いていないために”びっくり” ”がっかり”していました。23日以降には見ごろを迎えるそうです。1~2日で開花するのでしょうか?彼岸入りの2日目だったのでどのお墓も花に飾られていました。まだ霊園の樹木には最後(?)の蝉の音が響きわたっていましたが、なんとなく夏の終わりを告げているかのようでした。山門の大銀杏もやがて銀杏の実を付け独特の匂いをまき散らし、秋本番がやってきます。天高く実りの秋といきたいところですが野菜は高い、果物も高い不安だらけの毎日です。でも不足にならないよう充当していきましょう。18日(土)、ALWAYS上映会”釣りバカ日誌S ”20日(月)”懐かしの歌声まつり~ピアノ・ボーカル”が開催され好評のうちに終える事が出来ました。来年もお楽しみに!

            

    (大銀杏にたわわに実る銀杏ももうすぐ)            (蝉の音が悲しく響きわたる)   

 

投稿者: 投稿日: 2010/09/20 7:50

ファミリーでゴルフをやられているご家族とご一緒させて頂きました。厚かましく同行させて頂いたものの”お邪魔”ではなかったかと反省もしました。

本当にゴルフをこよなく愛し、自身のポリシーを持たれ納得ゆくまで極限追及をされプレーするお父さん・・・・・

言葉の端端に優しさと気品がありプレー中も諦めることなく一生懸命プレーし”ナイスショット”と声をかけると”有難う御座います”とにこにこと笑顔で声を返すお母さん・・・・・

皆に気を使い楽しいプレーと雰囲気作りを意識しフェアウェイ・ラフを走りまわり、時々にはナイスショット、ナイスパットを見せるご子息 、元気ですね・・・・・・    今迄いろいろな方々とプレーしてきましたが、こういう経験は初めてです。車の移動中、昼食時は勿論プレー中もアットホームで家族全員が強い絆で結ばれ、お互いを尊重、尊敬、信頼し合っている様子が手に取るようにわかり伝わってきます。やがてある日私と入れ替わった可愛い、誰からも愛される彼女がプレーしている場面を想像し 実現してほしい、実現すると確信しました。本当に楽しい、有意義な1日を過ごさせて頂きました。でも彼女が一緒にプレーする迄はもし機会があり、お呼び頂けるものならばまた是非ご一緒させて頂きたいものです。いつも心の中にもやもや感が蔓延っている日が多いのですが、お陰さまで明日からの気持ちの切り替えが出来たパーフェクトリフレッシュデイとなりました。(カメラが壊れていて写真が掲載出来ないのが残念です。)

 

投稿者: 投稿日: 2010/09/16 7:33

最近物事をやり遂げた時、完了した時、満足感よりも空虚感や失望感を抱く事があります。どうしてこういう気持ちになるのか考えてみましたがよくわかりません。自分がしたい事、見たい事、やり遂げたい事等目標設定をし、それぞれの過程の中で努力、実践し結果 、達成出来たとすれば、その喜びは何にも代えがたいものであるはずなのに・・・・・

目標設定自体に間違いはないのかどうか?常に先を見据え計画立案の大切さとある意味ケースバイケース的流れの中で対応していく計画が良いのかわからないところです。(発想の転換の必要性?)

そんななか昨日東京家政大学にお邪魔させて頂きサークルガイドブックを頂いてまいりました。どのクラブ活動の様子を拝見しても、いきいき、溌剌、元気一杯、楽しそう等羨ましい限りです。どのサークルの皆様にも来館して頂き、ご利用者に若いパワーを注入して頂きたいと考えております。どうぞ皆様”志村ふれあい館元気注入広場”にお越しください。

投稿者: 投稿日: 2010/09/09 7:16

道端の植え込みの中から虫の音が聞こえ、また昨日の大雨の後の涼しげな風が何んとも爽やかな今朝です。空を見上げると雲はあるものの青空が顔を出して、これから晴天・快晴になるぞと想わせています。紅葉の赤も先日よりも鮮やかな色を呈している様な気がしました。猛暑の時は多少入館者数も減少しましたがこれからは陽気も良く、過ごしやすい日々が続くので多数来館される事でしょう。今朝感じた爽やかで、清々しく、晴れ晴れとした気持ちで志村ふれあい館での毎日を過ごせるよう頑張りましょう!夏と違う秋の”こころ・からだいきいき広場”で!!!

          

     (雲の間から青空が)                      (鮮やかな赤色)

 

投稿者: 投稿日: 2010/09/08 7:33

ゴルフの攻め方にも大袈裟に言えば人生の選択肢と同じように戦略を考える場面に遭遇します。眼の前に拡がるブッシュのOBゾーン。これを越えるとグリーンに届きナイスオン、気分爽快、満足感一杯。しかしちょっとでも正確性に欠けると奈落の底へ。自分を信じ、運を信じ、結果を信じ挑戦するのか?それとも危険を避けやや側面を攻め遠回りをしても安全策で、この究極の場面を乗り切るのか?。迷います!悩みます!葛藤です!  何れを選択するにしても”こうと戦略を決めたら実行あるのみ ”決めたからには、力まず、焦らず、急がずやり遂げなければなりません。次のチャンスもある事だし、自身が決めた事である訳なので思いきっていこうと何時も思います。そしてやります。”   結果や如何に!!!

投稿者: 投稿日: 2010/09/07 8:15

9月に入り全く蝉の鳴き声もなくなり、太陽のギラギラ感はあるものの何となく秋近しかなと思える日があります。平成22年度下期クラブ等の説明、抽選会が9月4日(土)に行なわれ既存クラブ等の10団体の代表の方々が集まられ、結果下期にどのクラブ等も希望していた日程が取れ、満足された様子でした。また半年間充分にお楽しみ下さい。

同日9月4日号広報いたばし敬老特集に志村ふれあい館の記事を載せて頂きました。ご利用者の方々から”館長載っているね” ”やさしそうな笑顔に写っていたよ” ”頑張っていますね” 等沢山のお言葉を頂き、有難うございました。

1年2ヶ月経ったこれからも皆さまと共に志村3丁目にある、志村ふれあい館の”こころ・からだいきいき広場”で体力作り・健康つくり・生きがいつくりを実践していきましょう。  こころ・からだ元気人間を目指して・・・・・

        

                     (  9月4日号広報いたばし敬老特集掲載記事)

 

  ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2010/08/30 7:16

まだ猛暑が続いていますが、いよいよ9月になります。今朝は暑いと言っても爽やかな、涼しい風が肌に感じ取れました、矢張り夏も終わりになるんだと・・・・・シーズンに撮った紫陽花も完全に枯れ、道端の草花も秋へと色が移り変わっていく様子がわかります。9月4日(土)は平成22年度下期クラブ活動等の説明会・抽選が実施されます。上期はそれぞれのクラブが

良い日程、教室を確保出来たようですが、下期はどうでしょうか?クラブ活動等の参加の方々には再度使用上の規約、規律遵守の徹底を図り運用して頂こうと思っております。あくまでも志村ふれあい館の利用者の一員としてクラブ活動を推進していくわけですから。

季節が変わり一度は変貌した草花も来年また美しい、綺麗な、鮮やかな花や色彩を見せてくれるのです。

自力努力は”不可欠”ですが、時間の経過もまた”不可欠”要素である事は人間社会にも通じ当てはまることですね。

これが”継続の大切さ”なのでしょうか。

               

  (無残な姿の紫陽花)                       (色彩変化の草花)

< ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2010/08/25 7:13

突然”富士山へ行こう”という誘いを貰い本当に、久しぶりに行きたいという気持ちになり大賛成!最初の時は多分御殿場口?車中泊したものでした。今度は雑誌で調べてみると4つの五合目がある中で須走口五合目へ行く事になりました。”ふじあざみライン”は素晴らしい道路でした。道路の片側に多くの車が駐車している、何故かな?と思いながらも五合目まで行くと満車。”路上駐車をして下さい”と言われ駐車スペースを探しに500m位戻る。その後五合目に着くと老若男女が登山の服装に身を包みスタート準備をしていました。海抜2000mにある富士山須走口五合目より頂上までは7.7km5~6時間、下山は砂走りで2.5時間かかると書いてありました。左眼下には山中湖、丹沢連峰、正面には箱根連山、相模湖、江ノ島、三浦半島と房総半島、横浜迄見る事が出来るそうです。あいにくの霧が立ち込め真っ白でした。霊峰富士へ何十年ぶりに来て本当に良かった、周りを見渡していると”もう出来ない” ”もう行かれない” ”もう会えない” ”もう無理”等そんな事は絶対ないという気持ちになりました。そんな気持ちを胸にしっかり焼き付け富士サフャリ―パークへと向かいました。

        

   (須走口五合目)                         (霧が立ち込める山荘菊屋前)

    詳細...

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。