館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2011/07/31 7:47

ある本に”自分にとって『満足いく人生』を実現させるのが大切です”と書かれている章がありました。地位や収入や裕福な生活だけが必ずしも”幸せ”とは限らないと。でも人それぞれの感じ方、捉え方、生き方によりそのものを全て否定する事は出来ないかもしれませんね・・・・・・・歳を重ねていく中で一番多く自身が感じ、考える事は『あれをやっておけばよかった』と思う事だそうです。『何かをやった』という事よりも『〇〇をしなかった』と思う事が多いそうです。従って全ての夢にチャレンジしてこそ自分の人生に対して満足感・達成感を味わう事が出来るのです。”やり残したこと”のない人生を送る事が大切な事なのですね。先日道端に目をやると花の名前は解りませんが何と小さな、淡い、ピンクとグリーンの色鮮やかに咲いている花を見つけました。周りに茂った他の草花に比べてその場所で生きていけるのかと思うほどの大きさのギャップがありました。でも人の目を向けさせ”可愛いな”と思わせる魅力がありました。花壇の中で咲いている花の美しさもありますが、自然界の中で堂々と生きているこの小さな花にとっては満足感・達成感・存在感を満喫している事でしょう!私も”マグロ”のような行動力で留まることなく動き、歩き続け今日もまた『満足いく人生』を実現させるべく頑張っていきます。

           

     (道端の”金平糖&ldqu ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2011/07/23 12:08

平成23年7月17日(日)いよいよ今日から3年目の志村ふれあい館のスタートの日となりました。杉山公章先生率いる”歌心塾”のメンバー10名をお招きし、先着200名様にお祝いのお菓子を配らせて頂く準備が完了しています。一番早い方は午前11時30分にお見えになり延々1時間30分もお待ちになる羽目となりました。地域交流の活性化ということも含め今日は近隣の方々にもご入場可となる措置を取らせて頂き、皆様と共に志村ふれあい館の3年目をお祝い頂くべく、企画させて頂きましたところ12時過ぎには続々お集まりになり4階フロアーは長蛇の列となりました。『入れるだろうか?』 『すぐ一杯になっちゃうね』という不安の声が聞こえてくる中、お祝いのお菓子をお配りする事を申し上げると大きな拍手が湧きあがり『嬉しい』 『良かったね』というお言葉が随所で聴こえてきました。お顔なじみのご利用者の方々から『3年目おめでとうございます』と声を掛けられました。開場時間を10分ほど繰り上げご入場頂きましたが特にトラブルもなく200席は開演時間を余し満席になりました。3年目を迎えるにあたり私から皆様にご挨拶をさせて頂きその中で”1周年記念イベントと同じ杉山先生に御出演頂きました事・お祝いのお菓子を平田先生、受講生、スタッフで一生懸命作った事・5月より板橋区内4ふれあい館の運営をお任せいただけた事をご案内させて頂きコンサート本番に突入致しました。歌心塾杉山先生の第一声『皆様ただいま!』の言葉で会場は笑いと喜びと笑顔の渦に包まれました。会場内の皆様が暑さにもめげず”のりのり”。

今迄もご利用者の皆様、各方面の関係者の皆様方の多大なるご支援・ご指導を頂き今日迄進んでまいりましたが、3年目に入りました板橋区立志村ふれあい館を今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

           詳細...

投稿者: 投稿日: 2011/07/20 14:23

3年目を迎えてお祝いのお菓子作りを実施致しました。お祝いの節目にご利用者の皆様に何か喜んで頂ける物を差し上げたいと考え男の料理教室・和菓子教室の平田麗子先生に相談したところ心良いご返事を頂きました。私は紅白饅頭を作りたいという事を申し上げたところ先生も賛成して頂きほぼ決まりましたが後日『この時期の陽気を考えると不安なのでやめましょう』という申し入れがあり断念致しました。代案として焼き菓子類であれば問題ないとのお言葉の中で”マドレーヌ”に決定致しました。そこで今迄の受講生を募りお願いお願い致したく考えておりますと、当日は男の料理教室から1名、お菓子教室から男性1名女性5名の7名がご賛同・ご参加を頂きスタッフと共に朝から夕方まで作業して頂きました。私は光栄にも本当に一番最初に焼きあがった”マドレーヌ”を試食させて頂きあまりの美味しさにびっくりしつつ大変嬉しく味わせて頂きました。スタッフが作った記念すべきシールを貼り、手作りリボンを掛け、可愛い動物のシールを貼り一つ一つ完成させトレーに乗せ並べると有名菓子店のオープン前の雰囲気になりました。よくこんなに沢山焼きあがったものとあらためて感心致しました。いよいよ3年目のオープン記念セレモニーの当日を迎えるばかりとなり、本日ご協力頂きました平田先生・受講生7名そして志村ふれあい館のスタッフに心より感謝し、準備完了した安堵感・達成感に充たされた気分となりました。

皆さん本当に有難う御座いました。

           

      ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2011/07/13 7:11

いよいよ高校野球地方大会が始まりました。なかなか応援に行くタイミングが掴めず実現しませんでした。..東東京大会か埼玉大会か迷った挙句埼玉大会の市営朝霞球場に出向きました。駅から球場まで歩きましたが何と暑い事か 500mlボトルとアイスクリームはあっという間になくなってしまいました。入場券売場・入口では地元の高校野球部の方々が『お早うございます』 『有難う御座います』と元気な声をかけてくれます。私も『お早うございます』 『お願いします』と声をかけ球場内に入っていきました。既に両校の練習が始まっており、またブラスバンド、応援団、チアリーダー等の準備が進められています。この光景を見るといつも自分の高校時代とオーバーラップします。”こころはいつも高校生”

”なんとか出塁しよう!” ”なんとかセーフになろう!” ”なんとか補球してアウトにしよう!” 兎も角一生懸命!年齢を忘れ、初心に帰り、純粋な気持ちになり、 試合終了時には目一杯の拍手で両校の選手・応援団にエールを送りました。

          

     (朝霞フェスタも間近か?)                   (市営朝霞球場正面入口)

      詳細...

投稿者: 投稿日: 2011/07/11 12:00

梅雨明けと同時に灼熱の太陽が我がもの顔を見せる。海開きも終わっている江の島へ出向く事に(夏本番到来!)。小田急線片瀬江の島駅を降りると何処からともなく海風に乗って太鼓の音が聴こえてきました。橋をを渡って歩いて行くと御輿や山車が威勢の良い太鼓や笛や三味線に合わせ大勢の人が参道を練り歩いています。今日は八坂神社のお祭りの日なのでしょうか?それこそ老若男女が汗びっしょり、天狗も神主さんもみこさんも汗びっしょり!またイベントホールの横断幕には”ハワイアン・フェスティバル”と書かれ11時の開演となっていました。前列に陣取り先日の”第一回自主事業講座発表会”をだぶらす。色とりどりのムームーに身を包みフラダンスの競演、それはそれは可愛い女の子からふれあい館のご利用者と同世代のご婦人達が見事に踊られておりました。心地良い西浜からの潮風とハワイアンミュージックに心を癒され眼を閉じるとワイキキビーチでゆったりと過ごしている”雰囲気”になってきました。西浜・東浜には海水浴を楽しむ若者や家族ずれやカラフルなパラソルが華を咲かせています。ぶらりとやってきた江の島で神社の夏祭りとハワイアンフェスティバルの2大イベントに遭遇し本格的な夏の訪れと共にどっぷりと夏を実感したひと時を過ごす事が出来ました。

             

         (天狗も ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2011/07/07 7:12

緑の小さな実をつけだしたトマトも日増しに大きくなり太陽の良く当たる上部の方から赤味を帯びてきて“トマト”らしくなってきました。赤くなる事によって栄養素が充実、いかにも体にとても良い食物と認識させる様な姿に変わっていきます。自給自足や農家の人とは違う喜びや感激が湧いてくるでしょうね。(ただ私は他の人が作ったいるトマトを眺めているだけですが・・・)

となりに植わっている茄子は最初から紫色をしており特別の色違いが起こらないのはどうしてでしょうか?野菜により変化するものと未変化のものたが共存しています。野菜の世界もいろいろという事でしょうか?

7月も1週間が過ぎもうまもなく梅雨明けになるのでしょうか?むしむしした日が続くよりもカラッとした灼熱の太陽の下、汗をかきながら生活している方がすっきりする様な気がします。

今日七夕の夜は天の川を隔てて輝く彦星と織姫が1年に一度だけ逢う事を許された夜、今夜はその願いがかないそうです。

何れにしてもこれからが夏本番!自身の体の管理をしっかりしましょう!

          

     (赤味をおびたとまと)                       (茄子の色はいつも紫)

投稿者: 投稿日: 2011/07/02 7:48

真っ赤なアロエの花が咲きました。”サボテン” ”アロエ”の様な一見花とは縁が無さそうな植物にこの様な綺麗な花が咲くと良い意味での”違和感”が生じます。しかし眺めてみると緑とマッチした真っ赤な花を咲かせているのは見事なものです。下田にはアロエの群生する所がありますが、あたり一面真っ赤なジュータンを敷き詰めた様に壮観です、アロエ風呂も有名です。真っ直ぐに伸びた茎が何事にも迷うことなく、真っ向から、一途に取り組めば間違いなく成果(赤い花)を勝ち取る事が出来るんだと諭してくれているようです。7月に入っても梅雨明けはまだ先のようですが朝のひと時“アロエ”を見てゆったりとした時間を過ごす事が出来ました。

          

    (珊瑚のよう?)                          (あちこちの鉢にも咲き乱れるか?)

投稿者: 投稿日: 2011/07/01 7:12

第一回自主事業講座発表会が6月26日(日)午後1時30分より2階学習室1で開催されました。発表会前の自主事業を拝見させて頂いていてもいつもとは違う、それはそれは真剣な眼差しで(いつも真剣ですが特に・・・)先生と練習されていらっしゃいました。話を伺っても矢張り『当日は緊張する』と異口同音におっしゃられていました。しかし発表会当日は皆さんとてもお上手で本当にいままでの成果を如何なく発揮されておりました。これも一重に先生と受講生(ご利用者=出演者)が一体となって目標設定をクリアーさせそれぞれが満足いく学習を得た成果であるとおもわれます。

フラダンス・オカリナ・ギター・そして童謡、懐メロの先生・受講生(出演者=ご利用者)の皆さんお疲れさまでした!

素晴らしかったです!第二回の発表会はどのような構成・内容・出演者等になるのでしょうか?

今から楽しみですね・・・・・・・・・・・

          

     (第一回自主事業講座発表会)                (練習の成果でこんなに綺麗な花になりました・・・)

投稿者: 投稿日: 2011/06/23 7:18

子供の頃近所の家には”石榴”や”無花果”や”枇杷”の木が植わっていたものです。玄関先に実を垂らしているのを見ると子供心に裕福さを感じさせたものです。その頃”石榴”や”無花果”を食べてもあまり美味しいと思った事はないけれど”枇杷”は何となく甘かった様な気がします。先日一級河川の傍を歩いているとそれは見事な実をたわわにつけた”枇杷”の木が目につきました。こういう場所で見るのは珍しく暫く眺めておりました。この実は誰が捥ぎ誰が食べるのでしょう?もしかしたら鳥がこの場所を覚えており熟す頃にやってきてお腹一杯食べるのでしょうか?何処の家にも植わっっていたこれらの果物も今では結構高値で販売されているようですし・・・・あの頃の怒られる事を覚悟して食べるスリルと”儲かった”という素の気持ちが懐かしく思い出されました。

                       

                       (たわわにしげる枇杷の実)

投稿者: 投稿日: 2011/06/19 7:48

志村3丁目のバス停でバスを待っていると『失礼ですがテレビに出ていませんか?何処かで見た事があるのですが・・・』と年配の女性から声を掛けられました。先日のNHKの取材時ほんの少し顔が映りましたがまさかこの番組を御覧になり顔を覚えてらっしゃるとは思えないし・・・・・『私は志村にはおりますが・・・・』と答えると『志村ふれあい館の館長さん?』と思いだして下さいました。『私は平成21年10月第一回の誕生会で祝って貰い思い出になる写真も頂きました。丁度誕生日に近い日に誕生会だあったんですよ嬉しかった・・・』と。『今は館から離れたところへ引っ越した為行ってはいないけれど高島平も綺麗になったんですね?』『是非行ってみてくださいすっかり変わりましたよ』 『前はいろいろいざこざがあったけれど規則が出来て良かった。安心して行けるから』とおっしゃって下さいました。矢張り皆さんが公正・公平・平等にご利用になる為にはある程度の”きまり”が必要であることをご理解して頂いていると大変嬉しく思いました。多くの方々、新しくお越しになられる方も含めて【新ふれあい館】を築きあげましょう!

ご一緒のバスに乗りその方は途中下車されましたが私はそのまま【新高島平ふれあい館】に向かいました。バスを降りて館に向かう迄新河岸川の川面の風だけではない何んとも清々しい気分になり足取りも軽く歩を進めていきました。

           

   (若々しい苫とこれから赤味が・・・・・・・)             (見事な額紫陽花)

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。