館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2013/01/30 7:21

“温もりあふれる冬の宿”のキャッチフレーズどおり豪華で綺麗で空間をふんだんに取り入れ人の心を充分癒してくれた宿でした。スタッフの応対は豪雪を吹き飛ばしてしまうほど心の中に暖かさを浸透してくれ、一面雪景色の対岸の山々はその雄大さを呈し、何んの音も聞こえないくらいの静寂さでまさに人里離れた別世界・・・露天風呂は粉雪が風に乗って湯船からちょっと出ている肩にそっと積りひんやりする一幕も・・・ 夜には”心解かす郷土の味、白銀の会津に色づく食彩”の表現どおり食卓を賑わし、飾ってくれました。暫くすると仄々した色の着物に襷がけ、きねを持った仲居さんのもちつき大会の始まり、男性、女性、子供の順に飛び入りも・・・すぐに手を上げ舞台の上に、そして声掛けとともに懸命にきねを突きまくりました。久しぶりに食したつき立てのきなこ餅は格別の味となりました。夜が明け芦ノ牧温泉駅に着くと磐越西線、会津鉄道下りが大雪の為不通となり帰りの経路を変更せざるをえず湯西川温泉、鬼怒川温泉経由となってしまいました。駅員の人の話しによると3月11日の大震災時もこの鉄道は不通とならず多くの人達がこのルートで帰京したそうです。列車が到着するとこの駅の有名”ねこ駅長”が我々を見送る為にホームに姿を現してくれました。こうして地元の人が『最悪な豪雪の日』と言われていましたが、心温まる多くの人との出会いで『最高な豪雪の会津の旅』となりました。

次に訪れるのはお勧めの”紅葉の季節”となりそう、そんな予感がします・・・・・・・

               詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/01/28 7:12

今、注目を浴びている会津、晴天の日に向かったものの新白河駅に到着した頃には雪が舞ってきました。車が進むにつれて雪の降る勢いが増し1時間も走ると一面大雪地帯、真っ白、やや吹雪いて、前方は何も見えないくらい雪が激しく降ってきました。【塔のへつり】に着くとまずは案内・説明をして貰い、百万年もの時間をかけて川の流れや雨・風にさらされて出来た大自然の造形美が眺められるところですが、あいにくの豪雪でしたが辛うじて断層を見る事はできました。その後店内に戻り、出された”きのこ汁”の美味しい事また大好きな茶花豆の美味しい事、10時間かけてことこと煮込んで作ったので柔らかく、ねっとりし、甘みがあり最高の出来栄えでした。そこから約30分ほどで本日の目的地《大内宿》に到着。大内宿は茅葺屋根の家が両サイドに立ち並び其処を参勤交代や大名行列や旅人が行きした宿場町だそうです。今日は殆どの店はお休み、散策は不可能でしたが【大澤屋】は開店しておりあの有名な”蕎麦”を食する事が出来ました。その系列の酒屋でご主人と話をしましたが、3月11日の大震災は震度5でお店に被害がかなりあったそうですが、此処のメインのお酒の酒蔵は殆ど被害にあわずに澄んだそうです。3年もの・2年もの・1年もの・・・長女・次女・三女の日本酒を飲み比べさせて頂いた訳ですが、日本酒音痴の私でもその味比べが判るぐらい丁寧に教えて頂きました。足元には炭火で焼かれているじゃがいもを頂き、その味は何んと芳ばしい事、もう1つ頂いてしまいました。帰りに自家製のお赤飯をお土産に・・・。ご主人にたずねました『どうして大内宿の方々はみなさんサービス、会話、おもてなし等お客を楽しませ、喜ばせてくれるのですか?』するとご主人は『3月11日以降お客さんが全く来なくなってしまいました。だから1人1人なんでもよいからプラスワンしていこう・・・食べ物を1つサービス、気持ちを1つサービス、それは自分が出来るものだったら何でもいいから・・・』と。この天候は地元の方もびっくりするくらいの大雪で『今迄にない最悪の天候』だそうです。でも其の最悪の日に来られ、最高のふれあいをさせて貰い、なにか豪雪で咲いた可憐な花のような仄々した中にも力強さを感じた“大内宿”を後にしました・・・・・ 詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/01/20 7:54

成人の日の雪も路肩や日陰の処を残して、跡形もなく消えてしまっていますが、今日は”大寒”寒さがひしひしと伝わってくる朝、この寒さにも負けず大根は『早く刈り取ってよ!』と言わんばかりに背伸びして待っているようですし、ネギは緑々しい新鮮な色合いで四方に身を乗り出し、オレンジ色の実?花?は周りの景色をパット明るくしてくれる、ひと際目立った姿を呈してくれています。節分迄はまだまだ寒さが続きますが、大流行のインフルエンザに罹らぬ様、これらの新鮮野菜を食し休養を取り、自己防衛をしっかり励行し元気はつらつの日々を送りましょう!そしてこの寒さにも負けない強い野菜のように大きく羽ばたきましょう!

               

           (寒さに負けずすくすくと・・・)                 (みずみずしいネギ軍団)

               &l ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/01/19 7:52

久しぶりの大雪に見まわれた各地、大分前にも成人式の当日大雪で大変な一日となった事が昨日のように思い出されました。あの時は髪のセットに行き、着付けをし成人式会場に送って行きましたが、道路は大渋滞、その時はまだ1月15日が成人式でラグビーの決勝戦も行われ、毎年ラグビー場は晴れ着姿の観戦者が多く見られました。ある意味思い出の成人式ではあるでしょうが・・・折角なら晴天で行われるのがベストでしょうが・・・・次の日になっても出掛けるとバスは定刻より40分も遅れて到着し、バス停は長蛇の列、バスが来ても乗れない人が出てしまう始末、車で移動してもどの道も大渋滞、全く動こうとはしない・・・時間ばかりが過ぎていく・・・。

庭の山茶花も雪ですっぽり覆いつくされ一面雪化粧、それでも急速に天候が回復し、雪も落ちて元の山茶花の木に戻りました。今年の成人式も思い出深いものになったかもしれませんが、突然の大雪で混乱した1日となりました。

               

          (山茶花も雪化粧)                       (あっという間に元の山茶花の木に・・・)

 

           詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/01/10 7:09

自分の思い込み、世間一般の慣習的な判断、願望的見解等、あまり相手が言わんとしている事を考えず、自分自身の思い込みで決めつけてしまう事に気がつかない事があります。『自分がこう思っているのだから相手もきっとこう思っている。』と勝手に判断していることもあるでしょう・・・・だからこそ真の対話が必要となり、現時点は勿論の事、過去の時点をもしっかりと見つめる必要があります。でもなかなか心の中の統一が出来ず”想像の域”を脱しないまま月日が流れてしまう事が多々あります。”確認と理解と実行”一連の流れを 直流であろうと、交流であろうと、直線であろうと、曲線であろうと受けとめて本流としての役割を果たし徐々に支流を造り上げていかなければなりません。毛細血管の如く体の隅々まで網羅し、循環し、真の心体を作り上げるが如く・・・・・・

今年の私の運勢は【今がチャンスどんどん食らいつけ】ですから・・・・・・・

             

             (多角度・多形状・多光彩が主を飾り、輝かせる事がある)

 

 

投稿者: 投稿日: 2013/01/06 7:59

第89回箱根駅伝応援は?今年行くかどうか考えていましたが1年の行事でもあり、テレビ観戦では落ち着かないので結果として往路7区のいつもの場所に行く事に決め早々に出発しました。富士山がくっきりと前方に見え始めた7時頃の小田原・厚木道路、荻窪ICを降りて小田原競輪場の高台に着くと眼下には海原が広がっている、いつもの光景が視界に入ってきました。二宮神社を通り過ぎ国道1号線に出てあのレストランで朝食を取る為に入っていくと既に応援する為のお客さんで店内は賑やかでした。どの席でも『今年は○○大学が強いぞ』『日体大は首位を守る事ができるかな、復路で?』『柏原のいない東洋大は5区が特に厳しかったね』等々。今年は出雲駅伝で青山学院大が、全日本大学駅伝では駒大がそれぞれ優勝したが、両大会とも2位の東洋大も連覇を狙い、勿論早大、明大もV候補。何処が優勝しても可笑しくない混戦状態であったが、予選会からの出場となった日体大が30年ぶりの総合優勝を果たしたが見事な優勝であった。前年は19位にも拘わらず・・・・・東洋大はこれで3大会全て2位の成績で終わってしまいました。いつも通り出場20校の校名を大声で応援しましたが、そのうち3校の選手が私の方を見てくれましたが、嬉しかったのか?うるさかったのか?その後二宮神社でお参りし小田原城址公園を散策、行き2時間、朝食・休憩1時間半、応援15分、帰り大渋滞で4時間15分…

こうして箱根駅伝観戦は今年も無事?終わりました・・・・・・

               

          (応援フラッグ ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/01/05 7:57

風もなく青空の広がるまさに一年の初日に相応しい元旦の朝、恒例のお墓参りに出かけました。道路は空いていて、空気は澄渡り前方には真っ白に雪化粧した富士山が整然とその雄姿を現していました。その光景を見ただけで「新しい年の幕開けなんだ」と感じる程でした。墓地は昨年お参りした時のそれぞれのお墓の花やまわりが綺麗に片づけられ、清掃されており、いつも来た時の風景とは聊か変わっているようでしたので、早速花を飾り私がいつも作っている旧星野家のお雑煮を供え、ミニ重箱に詰められたおせち料理と大好物のみかんとその他もろもろを、墓前はお正月料理で埋め尽くされました。そして忘れてならない10本の煙草の紫煙が立ち込めたところで合掌・・・昨年の報告・感謝と今年の目標・誓いを述べ、お正月の挨拶が終わりました。大晦日に色とられたであろう道端の竹で作られた”ろうそく立て”がアンダーラインのように境内を走っていましたが、きっと夜は滑走路のようだったでしょう・・・・さあ!いよいよ新年、平成25年の幕が切って落とされました。

               

          (お堂も厳かに・・・)                        (お堂に繋がる竹のろうそく立て)

          詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/01/04 7:07

平成24年を振返って見ますとあっという間に過ぎ去り、遭遇した数々の出来事も良いか悪いかは別として忘れ去ってしまった様な気が致します。嫌な事・腹立たしく思った事・むかついた事・残念だった事・・・沢山ありました。好きな事・心の中がバラ色に染まった事・充実感溢れた事・安堵した事・・・沢山ありました。それでも一日は少しずつ進んで行くわけですし、新しい出来事が湯水の如く湧いて来る訳です。いつまでも、いつまでも現実の事を引きずっている事もできません。陸上の障害物競争のようにハードルあり、生垣・水堪りありそれぞれを飛び越えて、しっかりした足取りでゴール(目的地)に向かって進まなければなりません。スポーツを良く観察してみますと”人生で出会う現象”が潜んでいる様な気が致します。【ラグビーボールの行方】【箱根駅伝の襷】【水泳バタフライの腕のかきかた】等にも・・・今年も数々の障害をクリアーすべく元気に、楽しく、朗らかに、健やかに毎日を過ごせるようやり抜きましょう!自分を自分で守る為にも・・・・・

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

               

          (まさに“迎春”)                          (お供え餅が皆様をお待ちしています。)

          詳細...

投稿者: 投稿日: 2012/12/28 7:23

一つ一つ歳を重ねていく毎に一つでも多くの事をやり遂げたいと思う気持ちが強くなります。些細な事でも自分が考え、思い、実行したい事は結果は別として実践してきたつもりですし、これからもそうしたいと考えております。かなり前はじっくり考え、行動するパターンが多かった様な気もしますが、最近は【即決・速攻主義?】に変わってきている時もあります。何かをやってその結果が良きにつけ悪しきにつけ”やった”という喜びや満足感や達成感を実感したいのではないかと思います。先日一級小型船舶操縦免許の更新に出掛けましたが、レジャー目的の免許取得の人もいるでしょうし、漁労に携わる人もいるでしょう。それぞれの人がこの五年間の計画を立て操舵に懸ける意気込みは大変なものと思います。取得目的は私とは違うのでもうそろそろ未更新でもいいかな?と考えましたが、受講当時の事や又何かの機会に役立つ共限らないので新しい免許証を手に入れました。公的なものに限らず全てに於いて【更新】していく事が大切であると考え【何事も更新】を実行していきたいと思います。1日・1年の経過の早さを感じるという事は一つには”充実”とも言われておりますが片や”焦り” ”追われる” ”プレッシャー”とも言われております。何れにしましても1日・1年の時間は限られた時間しかない訳で有効かつ効率良く過ごしたいと思います。今年最後のブログとなりますがお読み頂けましたならば幸いです。

来年もより良い年になりますように!

               詳細...

投稿者: 投稿日: 2012/12/26 7:42

どんより曇った秩父宮ラグビー場、今年最後の観戦へ。第一試合帝京大VS立命館大、第二試合明大VS東海大観客席は第一試合時は赤に染まり、第二試合は紫紺と白の応援旗やラグビージャージが目立つ。立命館大が何処まで帝京大に食らいつき、先手を取る事が出来るか?がポイントとなるも、開始まもなくその立命館大はスクラムでトライを決め、我々を楽しましてくれる試合展開になったものの、帝京大の底力は如何ともし難くあれよあれよの点差となり、終わってみれば帝京大の楽勝となってしまいました。しかしノーサイド後のバックスタンドの挨拶では立命館大のヒフティ―ンに惜しみない、大きな拍手が響き暫く鳴りやみませんでした。第二試合はやや東海大優位とされている中で、東海大脅威の重量フォワードに明大が何処まで戦い挑めるか?特に後半開始の立て続けの2トライは”明大いけるぞ!”の印象を与える価値あるトライでした。互角とも思われる戦いぶりが続いたものの試合巧者、東海大に”ぶ”があり僅かな点差を縮じめることが出来きずノーサイド。もうひと頑張り攻めきれなかった明大ヒフティーンの中には泣き崩れていた選手もいたが、ファイナルステージに対抗戦グル―プ4校(早大・筑波大・帝京大・明大)の独占をさせなかったリーグ戦王者東海大の強さは流石と言ったところでした。1月2日の国立でのファイナルステージ準決勝帝京大VS早大、筑波大VS東海大と決まり2試合共間違いなく素晴らしいゲームになる事でしょう! 1月2日は箱根駅伝の往路そしてラグビー準決勝、忙しい!忙しい!お正月になる事でしょう!

               & ... 詳細...

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。