館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2013/04/24 7:33

初夏を思わせるような天気と気温と思えば、一転冬に逆戻りをしてしまった様な寒さとなる事がしばしばあります。待ちに待った桜の開花もあっと言う間に散ってしまい、どの樹木からも新芽・若葉が一斉に咲きだし、あたりは新緑にとって代わり、清々しい、いきいき感を味わう事が出来ます。何んと春は素晴らしい季節であると痛感させられる時です。そんな時期に突然寒さに見舞われる事を”若葉寒む”と呼ぶそうです。体調を崩されてしまう方も多くいらっしゃる事でしょう。半袖でフィールドを楽しみ、散策したかと思う次の日は、しっかりと寒さ対策をしなければならない、どういう事なのでしょうか?

やっとコートを脱ぎ上着1枚で軽く動き回る事が出来、上着を脱いで半袖姿になって街を歩くこともできるようになったこの時期を過ぎると初夏が訪れます。待ちどおしい初夏!…如何でしょうか?

               

         (おおむらさきの2色コラボ)                   (つつじも美しく・・・)

投稿者: 投稿日: 2013/04/15 7:07

久しぶりに日曜日の環8、東名高速を走ってみましたが時間帯にもよるのでしょうが、どの道路も混雑はなくてあっという間に瀬田につきスムースに高速に入る事が出来ました。大概、環8は大渋滞なので勝手知ったる抜け道?を通り途中から環8に出るのですが、一か八か幹線道路を選んでみたところ結果オーライでした。東名高速の横浜市に入る多摩川付近を通過する時はかなり強烈な横風が吹いて車が持っていかれそうな状態になりました。用事を済ませ久しぶりの蕎麦やで大好物の”かつ丼ざるそばセット”を食しましたが、いつもですとここで喉を潤す”黄金色の泡立ち飲料水”がテーブルの上を飾るのですが、車ゆえの悲劇となりました。満腹感に浸り東名・環8で帰路につきましたが行きと同様どの道も空いていたので驚きと”何で?”の気持ちで嬉しくなりました。

               

          (黄金色泡立ち飲料水のお伴・・・)              (いつの世もこういう状態がいいな!!!・・・・・)

 

投稿者: 投稿日: 2013/04/12 7:01

霊園にも春の訪れがもう間近となった日、お墓参りに出掛けました。流石にお彼岸の後まだそう日が経っていないのでどの墓石の前にもやや枯れかかってはいるものの花束が添えられていました。うら寂しい感はありますが・・・。ある墓石の傍に”土筆”が顔を出しているのを見ると本当に春なんだと思わざるを得ない光景です。独り言ではないのですがお墓参りに行くと墓石に向かって声を出して話をしてしまいます。よく『お願事はいけない』と言われていますので、報告や約束や想いの言葉のみにしています。相手には自分の言っている事が解かって貰えるのか?貰えないのか?・・・でも解かっているし解かって貰えている、そう思う事で自身納得します。コミュニケーションがとれているとも思うし、それがお墓参りの一つの目的とも思っています。来月は”筍”が顔を出しているのが見られる事でしょう!なんでお墓参りはリフレッシュできるのでしょうか?雑念が排除されるからでしょうか?お墓参りは月間となっています。

               

          (ここが”筍”の群生地です)                  (桜ではありませんが・・・)

          詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/04/08 7:09

 気温も大分上がってきているので、春花が日毎に咲き始め綺麗なカーペット状態になっているところも見受けられます。チューリップも一斉に咲きだし、長い首を風任せに揺られあたかも音楽に合わせているかの様です。新年度も1週間経っているのにスタートしたのか?しないのか? きっちりとした目標設定がされているのか?いないのか? ちょっと流されている感も無きにしも非ず・・・矢張り実働はゴールデンウィーク後になってしまうかもしれません、ゴールデンウィークの休みは関係ないのに・・・1日は間違いなく経っていくので何もしないで、何も考えないで、何も思わないで過ごす事だけは避けたいと思っています、日記にもそう記されています・・・・・でもこの1週間の中でリフレッシュも出来たしきっと良い1年間のスタートを切る事が出来ると確信しています。

               

           (ノ―スポールの群生)                    (力強く地に根差し)

               詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/04/01 7:08

いよいよ今日は平成25年度の幕開け、また新たな気持ちでスタートする意識と意欲が高まってきました。振返ってみると矢張りやり残してしまった事もあり、これを新年度に引きずると何か心の中に未達成の”蟠り” ”残想感”があってすっきりした気持ちにはなれません。従って一度リセットして新年度の目標として再チャレンジする事によりすっきりしたスタートになります。昨日は年度最後のイベントが開催されました、我がトラベラーズの“青春コンサート”、歌っている参加者の方々の顔はまさにその当時、青春時代にタイムスリップしたような感じがしました。肩を左右に揺らしながら、首を左右に折りながら、胸の前で手を叩きながら・・・今回のテーマの如くトラベラーズの5人には学生服を着て貰い1時間30分を熱唱・熱演して貰いました。ホワイトボードには卒業生の寄せ書き?落書き?、1人1人の想い出を目一杯表現した文章が記されていました。

”青春は何回でも蘇らせる事が出来ます” ”青春は何回でも味わう事が出来ます” ”青春は思い出せばすぐその時代に戻る事ができます”  ”歳に則した青春は今でもあります”  だから生涯青春・・・そうじゃあありませんか?

               

           (平 ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/03/31 7:48

寒かったり暖かったり繰り返しの毎日なので桜の花も開花してから多少咲いている時間が長くなっている様で、それだけ花見のチャンスが増えた事は喜ばしい事です。桜の花のみならず花壇にはそれぞれ鮮明な色彩の花が咲いています。ある人流に言えば『春花のちらし丼だあ・・・』すずらん・ボケ・パンジー等々。いつも通る道なのに毎日のように足を止めシャッターをきってしまいます。兎も角この花の原色を見ているとこの色の美しさに見とれてしまいます。自然そのものの色がこんなにも鮮やかなのかと!・・・今日で今年度も終わり明日からは新年度になります、大変な新年度になるのか?希望と充実の新年度になるのか?それは自分の力と自然の力と未知の力と共存の力で決まる様な気もしますが?・・・・・

       

               

          (宝石をちりばめた様な・・・)                  (すずらんとボケ)

               詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/03/20 7:59

全国で一斉に開花宣言、開花予想が出されまさに春突入を思わせる暖かいいや暑い日があったりする昨今です。毎年カメラに収める大木の太い幹にも桜の花の芽や花が顔を出し始めました。大木の上部の枝には誇らしげ?に花を咲かせているのであろうと思える風景に対して、幹から芽や花を出している桜は何となく逞しさを感じさせます。枝に咲くのではなく大木の幹そのものという事で存在感を出している画は毎年楽しみな光景となっています。

さあ春本番、思い思いの場所で桜を見るのも良し、新年度を迎えた志村ふれあい館の講座の中で春を感じるのも良し・・・・・お一人で家に閉じこもっている事なく、このチャンスに外に出て違った光景・雰囲気を味わってみませんか?来館されているご利用者の皆さんお友達を誘って一緒春を満喫しませんか?お待ち致しております! あらゆる場所で春・春・春・・・・・

               

          (芽が出て花が咲きますよ)                  (暗闇の中に咲く・・・)

               詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/03/18 7:28

秋から冬に季節が移り変わっていく時、『日増しに寒くなっていくね』という会話が発せられますが、多くの人は”寒くなっていく”事を期待・待ち望んではいない様な気がします。(人によっては違うかもしれませんが・・・)しかし冬から春へ季節が変わっていく時は『春一番が吹いたからもうすぐ春だ』 『桜の開花予想が出て、今年は例年に比べて少し早い様だ』 『いよいよ開花だ』等。”桜前線” ”お花見” ”お花見スポット”等どのパンフレットを見てもピンクに染められた絵柄が温かみを感じさせます。そんな誰でもが待ち望んでいる春、4月が間もなくそこまで来ています。24年度から25年度に変わっていく時、いったい25年度はどういう事が予測されるのか?どんな事が待ち構えているのか?そんな中を何をどうやっていったらよいのか?いろいろ思考を凝らす事があります。あらゆる事を想定して考えたつもりでも、考えつかない事も沢山出てきて日々この戦いとなっていきます。何としても達成した、勝ち取りたい、喜びを得たいと常に考えています。春は心を和ませてくれる反面、種々雑多、いろいろな事に直面する、そういう年度の初めなのだとつくずく思います。道端の草花はこの時を待っていたかのように次から次へと咲きだし始め、人を活気づけ・後押ししてくれるような気が致します。

年度変わりのシーズンに向けて”よーいドン”

              

... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/03/13 7:26

午前中から気温がぐんぐんあがり車内は夏を思わせる暑さといった状態となりました、BGMハワイアン。17日は彼岸の入りになりますが、ちょっと早めのお墓参りへ。流石彼岸前なのでどの墓前にも花もなくそれは、それは殺風景この上ない寂しい光景でした。霊園全体も何の花も咲いていないので何かないものかと探しているとポツリ、ポツリと遠慮がちにありました!ありました!”ふきのとう”が・・・筍が出てくる其の近くにいくつかの”ふきのとう”が顔を出しているではありませんか。其のそばには白梅が青空に向かって背いっぱい伸びあがり元気いっぱい咲き誇っていました。お彼岸には大勢の人々がお参りに来園する事でしょうから、賑わうのはもう少し・・・・・

来月は桜の花、満開のお墓参りになる事でしょう!

               

          (鬱蒼と茂る木々)                        (見事な色です)

               詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/03/11 7:14

久しぶりの江の島・・・江の島に渡る橋も工事中で行きかう人も歩きにくく、しかも強風・向かい風でなかなか前に進めない。それでも春の暖かさを充分感じさせる日でした。海は荒れていたもののヨットは気持ちよさそうに海原を走るが釣りはだめ、水上バイクもだめ、ウインドサーフィンもだめ・・・・そんな中いつものエリアで腰を下ろしゆったりとした気持ちでひとときを過ごす・・・このエリアもちょっと違った雰囲気になっていたのはこれからの夏のシーズンを意識しての店作りなのかもしれません。

その後江ノ電に乗り鎌倉へ、江ノ電も満員、小町通りも大混雑、お腹も大分減ったので今日の目的の1つでもある鰻やへたどり着きほっと一安心。昼時なのにお客は少ない、鰻の稚魚がとれなくなったりして、メニューの価格が値上がりしているせいでもあるのでしょうか?でも満足・満足・・・

帰りは鎌倉から湘南新宿ラインに乗ったもののひと眠りしていると、車内アナウンスで強風の為行き先変更が告げられ新宿止まりとなってしまいました。その後も運転見合わせとか途中止まりになったり散々な目に合いながらも無事家に到着する事が出来ました。でも目には砂埃やゴミが入っても心の中にはフィルタ―が防御しすっきり感が漂っていました・・・・・

               

          (若宮通りの早咲き桜)                      (この木は満開)

           詳細...

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。