館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2013/11/23 8:16

油絵に描かれた紅葉の美しさもさることながら、写真に撮った紅葉の美しさもさることながら、自然に色づいた木々の見事な色彩の美しさはまた格別の美しさを醸し出しています。色とりどりに染まった葉を1枚1枚真っ白な和紙に貼り付け,日本美の独特な絵として表現してみたくなりませんか?残念ながら独自の絵を作り上げるだけのセンスも力量もあるはずがありませんが、誰でもがそういう気持ちにさせられるだけの美しさがある事は間違い事でしょう!日本の四季折々の変化を目で・鼻で・耳で・肌で感じる事が出来る喜びと幸せは大変貴重な事と思います。美しさが表現された後は落葉とどんより曇った重々しい風景と白銀の冬がやってきます。ですから今のうちに川辺でも山間でも見逃す事が出来ないベストポイントが沢山ありますので、残り少ない紅葉を見に出掛けましょう!散策丘陵エリアも見事です!

                                  

... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/11/18 7:24

晴天に恵まれて関東大学ラグビー対抗戦帝京大学VS明治大学の試合を観戦に出掛けました。ちょっと厚手の衣装を着こんで行くと日射しも強くぽかぽか陽気で上着はいらず最高の観戦日和となりました。帝京大が1試合残して3年連続4回目の優勝、試合結果によっては早大にも慶大にも優勝があります。前半は帝京大が明大を圧倒し楽勝ムードではありましたが後半明大の巻き返し画あり、帝京大選手のコメントの中でも『甘さ』『相手を勢いづかせてしまった』『自陣のミス』等々述べていました。前半の内容を見ていると流石帝京大、抜群の強さと思わせる展開故に【油断】が生まれたのかもしれません。しかし随所に帝京大とおもわせるプレーが表れていたと言う事はいうまでもありません。

いよいよ史上初の大学選手権5連覇がかかっている今後の試合に目が離せません。赤い旋風が何処まで続くのでしょうか?

                            

        (日射しが強くメインスタンド前のプレーは見ずらい)  (青山 ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/11/11 7:26

第93回全国高校ラグビーフットボール大会東京都決勝戦が11月10日(日)秩父宮ラグビー場で開催されました。今にも雨が降ってきそうな空模様にも拘わらず正面ゲート内には両校の学生を中心に大勢の人が溢れていました。OB受付・学校関係者等社会人・大学とはまた違った雰囲気がする試合前の風景でした。今日は全席均一1000円となり屋根のあるメインスタンドに陣取り観戦のスタートです。東京都予選は第一代表・第二代表の2校が花園ラグビー場で行われる全国大会に出場できるのです。ブルーとエンジの両校のフラッグがメインスタンド・バックスタンドで威勢よく振られていました。目黒学院高校はシード3回戦からの出場で3試合を勝ち抜いての決勝戦、東京朝鮮中高級学校は1回戦からノーシードで勝ち上がり6戦目での決勝戦となり、両校とも予選を圧倒的な強さで勝ち抜き、今日の決勝にコマを進めてきたのです。決勝戦としては珍しく一方的な試合展開となり第一代表は22年ぶり17回目の優勝となった目黒学院高校に決定致しました。

何れにしても素晴らしいノーサイドだった事はいうまでもありませんでした。

                       

        (第一 ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/11/06 7:20

庭の山茶花のピンクの花が咲きだしました。秋から冬に変わっていくさまが、この鮮やかなピンクの色で決定的なものとなってきました。近くの遊歩道を歩いてみると、これまた色々な花が秋から冬にかけての準備をしている様にみえます。名前はわからないのですが最初の1輪・1幹・1株が姿を現しています。紅葉の葉も薄らと黄色がかり、この夏以降生まれたメダカも小さい体でスイスイと泳いでいますし、隣の鉢では親メダカがゆったりと泳いでいます。

あれやこれや見ていると段々秋から冬への移り変わりが肌で感じるようになった休日となりました。

               

           (大木の紅葉と山茶花)                    (もうこんなに黄色に染まってきました)

               

     ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/10/28 7:19

台風が過ぎ去り雲一つない晴天となり秩父宮へ、と考えていましたけれど今回は回避して神田へ。神田では老舗の”神田○○川”へ行き、とても芳ばしく、柔らかく、味わい深い、ビタミンAの豊富な鰻を食する。11時半なのに次々とお客さんだ来店しその多くは私よりも先輩の方々が圧倒的で、若い方々の姿は見られませんでした。ご飯も美味しいのですが量が多く、食べきれず残してしまいました。さて次の目的地は此処まで来ましたので浅草へ!今回は隅田川ライン下り、台風の後なので水は茶色に濁り、濁流に近い激しい流れでしたが殆ど団体客で一杯となりました。浜離宮・日の出桟橋・フジテレビ・レインボーブリッジ・スカイツリー等に目をやり船窓を楽しんでいるとまた浅草へ。名物のおいもやさんとたい焼きの店に立ち寄りましたが、何回来てもちょっと路地裏に入ると店が変わったり、新しく出来ていたリしているのにはびっくりしました。

今日はまだ日が高いうちに浅草を後にしました。

               

          (仲見世通り以外は空いていました)             (インターコンチネンタルホテルに反射する太陽)

           詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/10/25 7:14

『お久しぶりです、全然お顔を拝見していなかったのでどうされていたのかと思っておりました。』いつも行く”癒しの場”の責任者とスタッフの暖かい声に迎えられ満面笑みを浮かべ『今夏は異常に暑かったので!』『来たいと思っていたけれど、なかなか来られなくて!』という内容の会話が続きました。朝から爽やかで、清々しい、朗らかな気持ちになりました。

いつも顔を合わせている人がちょっと顔を見せなくなると心配してくれる?という事は気にかけてくれていると言う事で有り難い事です。これが健康体で病や年齢での心配事ではないという意味では大変救われている事ですが、反面高齢化社会の中での心配という事は”生命存続・安否”となる訳で見守りがなされ、いろいろ状況を見極める大切なチェックポイントとなります。簡単に見逃してしまう事でも一つの現象により確認する事が出来る事、特に高齢者施設では重要な事なのです。『お早うございます!ごゆっくりお過ごしください。

今日もまた志村ふれあい館の1日が始まりました。

               

          (整列され開館と同時に入館証をスキャンしそれぞれの今日いちメニューのスタートです)

投稿者: 投稿日: 2013/10/19 7:54

台風来襲のあった日の前に,つい先日散策した神楽坂へ出向き街中を歩きました。前回はウィークデーだったので、神楽坂通りもあまり人は出ていませんでしたが、今回は休日でもあり多くの人達が散策していましたし、歩行者天国も行き交う人で賑わっていました。昼ごろに着いたので直ぐ昼食にしましたが、多分夜は居酒屋になって繁盛している店ではないかと想像できる位の雰囲気とメニューで注文した”サバの味噌煮”は絶品、新鮮そのものの魚でした。おもわず店長らしき人に『昼食時大丈夫?』と尋ねたところ『全く問題ありませんよ、どうぞ!』という返事であったので”いのちの水”を頼みました。その後前回の昼食処の店の前に行き食べた丼ぶりの名前を確認したところ”鳥すき丼”と表示してありました。どういう訳か前回歩いた道をまた辿っていたのは再確認の意味があったのでしょうか?それから飯田橋駅まで戻って特に若い人に人気のある東京水上倶楽部【CANAL CAFE】で一休みしようと入ったところ水上レストランの席は満員でした。それでも席に着く事が出来たので”外国産水上生き水”を1本飲み急に思い立ちふらっと出掛けた再散策の旅を終えました。

              

< ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/10/18 7:23

台風26号が関東地方を直撃し特に伊豆大島に大打撃を残し北へ過ぎ去っていきました。志村ふれあい館も開館以来52ヶ月間一度も自主事業受付の中止・変更もなく、それぞれの方々が自身のスケジュールを組み立てて来られました。しかし今回は当日の受付が中止となってしまい、その夢もはかなくも崩れ去ってしまいました。諸要因・諸条件等もありますが、多大なるご迷惑をお掛け致しました事はまことに申し訳なくまた非常に残念な気持ちで一杯です。変更受付日は10月21日(月)午前9時からとさせて頂きますが、またして台風27号の発生による天候が不安定となりそうで当日が心配です。ご不明・ご心配時は館の方へお問い合わせ下さいまして、ご確認くださいますようお願い致します。

そんな折、志村ふれあい館の1階ロビーを入ると太い黒柱2本には”秋バージョン”の飾りが皆様をお迎えしております。共に我がスタッフの2名がそれぞれのアイディアと想いを込めた力作です。飾りをお披露目した初日、どんな感想を述べて頂けるかと期待していたところ入館証のスキャンを終えるとお風呂・スカイウェル・マッサージへと一目散、やっと一段落しロビー正面に来られ作品を眺めている方をお見受けした様な状態でしたが、それからはいろいろご意見を頂けたようです。今年もあと2ヶ月半で終わりとなりますが、志村ふれあい館では一足早く秋になりました。皆様どうぞ【志村の秋】をお楽しみにお越しください、お待ち致しております。

*作品の題は館長が勝手にブログで命名したもので、実際の作品にはこれから作者が想いをこめて題を決定する予定です。

               詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/10/16 6:46

台風26号の暴風雨の影響で本日(10月16日水曜日)の11月度自主事業受付を中止とさせて頂きます。

多大なるご迷惑をお掛け致しましてまことに申し訳御座いませんが、ご了承の程お願申し上げます。

尚、11月度自主事業受付変更日は追ってお知らせさせて頂きます。

 

志村ふれあい館    関口

 

 

* 11月度自主事業受付変更日は10月21日(月)午前9時からとさせて頂きます。

  日程お間違えのないよう受付・ご来館頂きます様お願申し上げます。

 

投稿者: 投稿日: 2013/10/10 7:36

台風の直撃もなく晴れ間が出てきた日に”石畳と黒塀の粋な小路を散策する旅”の集まりに参加する事が出来ました。10時30分に男性4名女性16名計20名が集まり、JR飯田橋西口をスタートし牛込門見付跡、神楽坂、北原白秋・泉鏡花宅、芸者小道(見番)、本多横丁、芸者新路、かくれんぼ横丁、兵庫横丁、寺内公園、善国寺(毘沙門天)を見学し、昼食は古くは花街として栄え、文士の街として栄え今もなおその情緒がいたるところに残っている神楽坂その坂上の毘沙門天の目の前にある【鳥茶屋】の焼き鳥丼?、鳥すき焼き丼?が昼食となり、大きな器の中に鳥肉とお豆腐と卵がとじられ鳥肉は身が柔らかく、味が良く、あっという間に完食してしまいました。残念だったのは小鉢にシラスがいた事でそっとテーブルの脇に追いやってしまいました。(誰も気が尽きませんでした)それぞれの自己紹介のおり、志村ふれあい館の事を少し話し自主事業の麻雀の事も話すと何人かの女性が『麻雀を教わりたい』という話が湧きあがり、OB会でクラブの立ち上げを申請しようという事になり講師役になりそうな雰囲気となりました。また驚いた事にシニア学習プラザに通っている人もおりました。こうして3時に最後の見学地に着き4時間半、約5KMの”小さな旅シリーズ”散策の旅の終わりとなりました。

次回は紅葉真っ只中の鎌倉の旅となります。

               

          (黒塀の料理屋)                         (別 ... 詳細...

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。