館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2014/02/27 7:32

久しぶりに荒川を散策していると、川面から何となく春めいたそよ風が頬を撫でていき、それでもちょっと汗ばむ陽気になってきました。風に流されている柳も心なしか色ずき淡い黄緑色に変わってきているのではないかと感じられました。2週続けて降った雪のかけらも微塵もなくまだまだ雪の多い山間部とは全く違う景色になっていました。道端には春遅しと訪れを今か今かと待ち望んでいる草花にも、芽をだし花を咲かせているのもあちこちで見受けられます。天気予報では『4月上旬の陽気です。』というアナウンサーから間もなくすると春本来のアナウンスが流れてくる日もまじかなことでしょう!

春はもうすぐ・・・・

                         

               (黄色があたり一面を・・・)                    (新芽が・・・)

& ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2014/02/10 7:40

東京都知事選の各候補者の公約の中に東京オリンピック・パラリンピックの成功が掲げられている今回の選挙戦、”あの東京オリンピックの頃は?どうだったのでしょうか?”昭和39年10月1日の新聞、1,000円・100円・10円硬貨、お年玉年賀はがきの当選切手シート、記念切手、大東京祭記念河童のバッジそしてマーブルチョコレイト(若干パッケージが変わっていますが・・・)をGケースに陳列し、1階玄関ロビー右側に設置致しました。見て下さった方はどうおもわれたのでしょうか?懐かしいと思われた方、珍しいと思われた方、何も感じなかった方、見もしなかった方等々。まさかこれらの物をロビーに展示するとは思ってもいませんでしたけれども、少しでも喜んでいただけたのではないかと勝手に思い込んでみました。

新都知事も決まりましていよいよ後は2020年の本番に向けて準備し是非成功させてほしいものです。

(展示は2月9日(日)をもって終了いたしました)

                

       (毛氈上の切手・コイン類)                    (当時の本物の新聞です)

投稿者: 投稿日: 2014/01/27 7:19

大寒も過ぎ何となく春めいた日々があったかと思えば厳冬に後戻りしてしまった日も有るなかで、誰にとっても体調管理は大変なものです。朝早く起きて本を読んだりしている時、鼻水が出てしまい、周りはティッシュの山になってしまう事があります。それも起きてから何分と経たないうちに起こる現象なのです。そんな時、今迄朝起きてすぐ飲んでいた氷水ではなくて熱い紅茶を飲んだりすると不思議なくらい直ぐ鼻水がストップしてしまいます。また何十年も下着なしの生活をしているのですが、人は『この時期下着を着ないなんて信じられない』とアドバイスをしてくれます。長年継続して生活してきたので今更・・・と思うのですが。環境・体力・年齢等から来る変化に対応していかなければいけないのかもしれません、人によっては!

何れにしても無理をせず、健康増進・維持をしていくことの年度計画はやや1ヶ月が経過しようとしている1月はほぼクリア―している項目も有ります(7項目のうちで)。26年の1ヶ月目のスタートは順調に推移しています。

                            ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2014/01/11 7:16

今日は鏡開き、思いだすのは高校時代の柔道部の道場でおしるこを食べたことですが、当時はあまり甘いものを積極的に食べたいと思った事はありませんでしたが、この日ばかりは特別でちょっと違った感覚の行事として受取っていましたので、寒さの中のおしるこは格別でした。さて館内もすっかりお正月の雰囲気が一掃された中で唯一1階正面入口の目の前の柱には2枚の大きな絵が飾られています。スタッフの力作2枚の福笑いで今年使用したものです。1枚は定番の【おかめさん】で取り分け笑顔の絶えない癒しの安堵感のある女性で、若々しいとても美人の【おかめさん】です。もう1枚は【馬】の福笑いでこれは今年の干支に因んで『来年は馬の福笑いをやりたいので作って』と言うとそのスタッフは一瞬『エッ馬?』と言う顔をしていましたが『わかりました、作ります』と言って製作してくれました。全国何処へ行っても【馬の福笑い】をやったのは志村ふれあい館だけではないでしょうか?(他にありますかね~?)もしかしたら【干支福笑い】が市場に出回ってくるかもしれません!

26年1月4日(土)”新春ゲーム大会”に初お目見えし、好評でしたが、顔が長いので”うまくいかなかった”様でした。今度使うのは12年後になんるので、暫くの間は皆様に見て頂きたいと思いまして掲示致しました。後日談ですが馬の姿は横からしかあまり見る事がないので、正面からの顔を書くのが大変難しかったようです。まだご覧になってない方は是非来館されて一見なさってください。見事ですよ!今年1年何事に於いても【うまくいきますように!】と祈念しても宜しいのではないでしょうか?

如何ですか?

    

               詳細...

投稿者: 投稿日: 2014/01/05 11:27

第90回東京箱根間往復大学駅伝、東洋大が歴代2位で4度目の総合優勝を成し遂げました。往路を圧倒的な強さで制した東洋大は復路も優勝し完全優勝する勢いで臨んでいる様子が伝わってきます。朝5時40分に家を出発し小田原のいつものポジションに7時20分に到着しました。レストランは既に駅伝ファンでもう満席に近い状態となっていました。いよいよ復路スタートの8時になり6区山下りの始まりです。携帯画面を見ていると東洋大・駒大・早大の順で小涌園前、大平台と過ぎいよいよ小田原中継点に差し掛かろうとしている頃には、レストランから人がぞろぞろ沿道に移動しはじめ両サイドを人が埋め初めました。今回は記念大会なので出場校は23校、1校1校の学校名を大きな声で声援し最初の東洋大から最後の学校が通過するのに約15分掛かりました。素晴らしい7区の全校の選手の走りぶりを見て大満足、二宮神社の初詣、小田原城を見学し走り去った選手を追うように帰路に着きました。

               

          (白バイに先導され選手が・・・)                (二宮神社で初詣)

               詳細...

投稿者: 投稿日: 2014/01/05 7:43

平成26年元旦、穏やかな年明けとなり恒例のお墓参りから1年のスタートとなりました。道路はガラガラ、車はスイスイあっという間に霊園に着きましたが、大晦日の行事の跡が其のままの姿で残っていました。いつもは何人かの方がお参りに来ているのに今年は皆無の状況、でも1人の女性が霊園内を散策しているのを見かけただけでした。墓前に用意してきたお雑煮、おせち料理、みかん、最中等、忘れてならないたばこを10本供えました。何事も恒例事をやり遂げないとちょっぴり複雑な気持ちになりますが、こうしてお参りを済ませ帰る時は何となくすっきりした気分になります。お墓参りからまた今年一年が始まる訳ですが一体今年1年はどんな1年になるのでしょうか?自分の考えている1年になるべく努力を惜しまず前進していきたいと胸に強く秘めています。”一年の計は元旦にあり”ではありませんが有言実行・方針遵守・目標達成・喜楽満載…こんな1年にしたいと思います。

・・・・・・さあスタートです・・・・・

               

          (日本一の富士山)                        (今年の干支は馬)

          詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/12/28 18:43

板橋区立志村ふれあい館、今日は平成25年の最後の開館日となりました。館内はすっかりお正月飾りの準備も終わり賑やかさが一段と増しました。今年1年間多くのご利用者に来館して頂き、自主事業・イベント・クラブ活動・付帯設備利用等に参加して下さいました。今年の初めに新年の挨拶をしたかと思えば、桜のお祭りが過ぎ、うだる様な猛暑続きの真夏が過ぎ、残暑厳しい中で、集中豪雨・異常気象となりました。また2回目の東京オリンピック誘致が決定したかと思えば身を着る様な冬がやってきて、そして今年もあと4日となり・・・本当に1年間色々な事がありすぎました、良い事も悪い事も・・・・・

来年も志村ふれあい館で毎日元気に、健やかに、朗らかに、和気あいあいとお過ごしください。

スタッフ一同お待ち致しております。

                     

           &nbs ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/12/02 7:24

庭の紅葉も赤色と緑色と黄色の3色が見事に染め分かれ1本の美しい樹に変わってきました。霊園の紅葉は何処までなっているのかと思いつつ、車を走らせあの店で”豆大福”を買うために立ち寄ったところ『今日はヨモギ豆大福しか有りません』と言われました。ヨモギも好きだったので買う事にすると『いつもの豆大福より豆の数が少ないんですよ』と教えてくれました。何でいつもの豆大福の豆の数と違うのか?素朴な疑問はあったものの特に尋ねる事もせず霊園に到着しました。霊園は既に紅葉から落葉も始まっており、道路は赤色や黄色の絨毯が敷き詰められていました。

もしかしたら今年最後のお墓参りになるかもしれないと思いつつ、来るたびに霊園の風景が変わっている事と来るたびに自分自身の気持ちが変わってきていることをつくづく感じます。時の流れの中で生きてゆくが故に微妙な変化となって・・・・・・・

               

          (我家の紅葉も多色になって・・・)              (日本一の欅通り)

                詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/11/23 8:16

油絵に描かれた紅葉の美しさもさることながら、写真に撮った紅葉の美しさもさることながら、自然に色づいた木々の見事な色彩の美しさはまた格別の美しさを醸し出しています。色とりどりに染まった葉を1枚1枚真っ白な和紙に貼り付け,日本美の独特な絵として表現してみたくなりませんか?残念ながら独自の絵を作り上げるだけのセンスも力量もあるはずがありませんが、誰でもがそういう気持ちにさせられるだけの美しさがある事は間違い事でしょう!日本の四季折々の変化を目で・鼻で・耳で・肌で感じる事が出来る喜びと幸せは大変貴重な事と思います。美しさが表現された後は落葉とどんより曇った重々しい風景と白銀の冬がやってきます。ですから今のうちに川辺でも山間でも見逃す事が出来ないベストポイントが沢山ありますので、残り少ない紅葉を見に出掛けましょう!散策丘陵エリアも見事です!

                                  

... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2013/11/18 7:24

晴天に恵まれて関東大学ラグビー対抗戦帝京大学VS明治大学の試合を観戦に出掛けました。ちょっと厚手の衣装を着こんで行くと日射しも強くぽかぽか陽気で上着はいらず最高の観戦日和となりました。帝京大が1試合残して3年連続4回目の優勝、試合結果によっては早大にも慶大にも優勝があります。前半は帝京大が明大を圧倒し楽勝ムードではありましたが後半明大の巻き返し画あり、帝京大選手のコメントの中でも『甘さ』『相手を勢いづかせてしまった』『自陣のミス』等々述べていました。前半の内容を見ていると流石帝京大、抜群の強さと思わせる展開故に【油断】が生まれたのかもしれません。しかし随所に帝京大とおもわせるプレーが表れていたと言う事はいうまでもありません。

いよいよ史上初の大学選手権5連覇がかかっている今後の試合に目が離せません。赤い旋風が何処まで続くのでしょうか?

                            

        (日射しが強くメインスタンド前のプレーは見ずらい)  (青山 ... 詳細...

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。