館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2014/06/30 7:27

海岸沿いのホテルの一ヶ所に”走り湯”という源泉噴出し口がある、横穴式源泉で日本三大古湯のひとつで、あとの二つは道後温泉と有馬温泉だそうです。1300年前に発見され1日7000トン(900リットル)山中から湧き出しその湯が海岸に飛ぶように走り落ちる様から”走り湯”と名づけられたそうです。飲泉としても効力があり小さな洞窟はまさに個室サウナのようなに、長居をすると汗が湧き出てき、とても神秘的な洞窟でした。昼食は熱海駅から徒歩1分の”K”という人気の行列の出来る和食堂で、これまた人気の”夢ちらし寿し”を食することにしました。以前たずねたときも開店と同時に店内は満員となってしまい、諦めて他の店に行ったことがあります。丼の見えないところに生シラスと釜揚げシラスがどっさり姿を現したのにはビックリしました。次に熱海市指定有形文化財”起雲閣”を訪ねてみますと、和風建築のたたずまいが随所に見られ群青色の壁は加賀地方の伝説的技法で、旅館になってから塗り替えられたものだそうです。窓ガラスは大正ガラスがはめられ微妙な歪みがその美しさを称えています。庭園を散策し更にまたゆったりした気分にさせくれました。有名な文豪が利用し大作を書き上げた事実にやはりこのような旅館のたたずまい出ないといけないと痛感しました。その中の1人が熱海を選んだ良さについてこう述べていらっしゃいました。『海と山と田園に囲まれ都会的な要素を持つ熱海が好きです』と。

納得しました・・・・・・・

               < ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2014/06/28 7:52

1番を引き当てたい!1番を取りたい!1番になりたい!・・・そう思うことは多々あります。自分の意志と自分の行動と自分の努力で取ることが出来る場合もありますが、そこに人や条件や状況が入り込んでくる場合、時としては必ずしも手中に収めることが出来なくなります。そんな折、初めてプレーするゴルフ場で受付をすると何と1番のカードホルダーと当然001のロッカーキーが渡されました。何十年で初めての1番を貰い、物珍しく、何か良いことがあるかもしれないと思わずシャッターをきってしまいました。その日の出来事を振り返ってみても、とりわけスコアーも良くなく、これといった完璧なショットもなく、ビックリする様な事もなく、一体恩恵は何だったのでしょうか?ただ会話が弾み笑いの絶えないそれでいて真剣なプレーであったことは言うまでもありませんでした。また当日は激しい豪雨が予想されていましたが、到着するまでは雨脚が強かったものの、スタートからは雨も降らず午後には晴れ間も射して来ました。上がり3ホール目からはやや雲が出て、遠く雷が聞こえてき、ホールアウト後に小雨となり入浴中は本降りとなりました。ゴルフ場を後にするときは雨も上がりました。考えるにこれらのことがこの日の【1番】であったのかも知れません。

               

          (1番です・・・・・)                         (1番のロッカーです)

 

 

 

投稿者: 投稿日: 2014/06/18 7:17

立ち振る舞い、言葉使い、礼節、考え方・・・8月に後期高齢者の仲間入りをするとは思えないKさん、初めてお会いしたのは今年2月、偶然にご一緒させて頂きすぐ打ち解けさせてくれる雰囲気を作り、以前から知り合いのような気になってしまいました。食事はにんにくたっぷりしょうが焼きをもりもり召し上がり、足取りもしっかりとメタボ体型ではなくむしろ若者体型、背筋をぴっと伸ばし、スピーディーな動き・・・1ヶ月1回お会いして楽しい1日を過ごさせて頂いております。会話の中に人生の経験談、人生の考え方、これからの残された人生、現実の人生・・・・自慢ではなく、厭味ではなく、胡散臭くなく、会話が弾みます。、自然と話に没頭してしまます。こんな素敵な、素晴らしい、かっこいい後期高齢者になりたいものです。それは環境?性格?生き方?価値観?天性?一体?・・・・・

             

         (何だと思います?)                     (車のマーク?)

   

               

      ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2014/06/11 7:20

鳴き声も、甘える声も、呼ぶ声も、動かなくても、すねなくっても、見るだけで癒されるペットの置物、世間では共同体として、集合体として”やってはいけないこと” ”守らなければいけないこと”いろいろあります、しかしそれを犯し、破りそしてあたかも当たり前のように、自分自身が正しいかのように整然とした態度・言語をする人もいます。取り決めたことは守りたい、守るべきでありたい、許される事は目一杯許してあげたい、許すべきであると思います。人は甘えてはいけないし、必要以上に甘えさせてはいけない、自分にとっても他人にとっても決して良いことではあり得ないからです。

そんなことを思いますがどうでしょうか?

               

         (お帰りの一声が・・・)                       (寂しげな顔で訴えて・・・)

   

               

       ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2014/06/09 7:25

梅雨の合間の晴れた日、太陽の陽射しを一杯受けてそれぞれの庭先の紫陽花の花が一斉に咲き出して居ます。種類の違う、色の違う、形の違う紫陽花が見事に咲いてあたりを”華やか”」に包み込んでくれています。紫陽花の花と葉に、こぼれない様にしがみついているかのように朝露が光を受け止め、光を反射させているその色合いはゼリーのような、金平糖のような、創作菓子のような新鮮さを与えてくれます。今年の梅雨はかなり長引く予想になっていますが、梅雨のうっとうしさ?嫌なものの、この光景は捨てがたいし・・・梅雨明けの灼熱の太陽の下を思う存分動き回ることは最高の気分になるし・・・

この季節、この場面、この時を大切にすることがベストなのかもしれませんね。

                

          (ブルーが新鮮さを・・・)                   (ブルーのゼリー?)

               

          (ホワイト&パ ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2014/06/02 7:34

今日はいつもの時刻より一本早い片瀬江ノ島行きに乗って出発!新宿駅のコンコースにはあの”ウォッカ”の勇姿が・・・今日は日本ダービーの日だからでしょう!片瀬江ノ島駅に降り立つとぼんやり霞が?かかってよく江の島が見えませんでした。まだこの時間は車の列もなくすいすい流れておりました。反面人の列は行き交う人が多く混雑状態。橋を渡りきって右側のエリアには”ハワイアンフェスタ”の会場の準備も整っており、10時のオープンを待つばかり・・・陽射しが強い中いつものショップにいくと”七福ろう”があったので購入しました。何件かのお土産やを周り会場に戻って来ました。今日のフラの出演者は総勢299名、夕方4時半まで続くそうです。若いフラ・子供のフラ・ちょっと年齢のいったフラ見事でした。あまりの暑さにハワイの魔法水を飲み1時間30分程見て会場を後にしました。そして今テレビでも放映している”路線バスの旅”宜しく鎌倉駅までの”小さなバスの旅”に出発、鎌倉山・大仏前・長谷寺等を通おり約40分のバスの旅を終えて無事鎌倉駅に到着し、久しぶりの茅木家で体力アップ重を食し、小町通りを散策しました。ここも・人・人・人・・・・・ちょっと疲れたので早めの湘南新宿ラインに乗り夢うつつのまま下車駅までゆったりした1日も終わりとなりました。

               

          (ウオッカの勇姿が新宿に・・・)               (駐車場までの路もスイスイ)

  ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2014/05/19 7:38

真夏を思わせる様な日となった日曜日、祥月のお墓参りに出掛けました。毎月のお墓参りとはちょっと気持ちが違います。それは祥月命日のお墓参りということもありますし、どうしてもその日の事を思い出してしまうからでしょうか?今でもその日の事は昨日のようにしっかりと心と頭の中に刻まれています(当たり前の事ですが・・・)また志村ふれあい館での時間の流れとも関係してくるのでなお更のことです、切っても切っても切れない縁なのです(祥月命日が)。先月の筍群生地?では刈り取ったもの以外は若竹となりすくすくと育ちやがて立派な竹林を形成してくれるでしょう!遠く奥多摩連邦を眺め、周りの樹木は新緑と化し、清々しい気持ちにしてくれます。誰も居ないひっそりと静まり返った霊園を後にして帰りはすぐ近くにある名門ゴルフコースの脇道を通り、コース内ではプレーする人の数も少なくのんびり、ゆったりしている姿が見られました。山道を下り一般道に出ても車の数が少なく道路はスイスイ走れました。ことのほか早めに家に着くことが出来、その後の時間もたっぷりの1日でした。

               

          (新緑化した霊園内の樹木)                 (木々の間から遠く奥多摩連邦が・・・)

               & 詳細...

投稿者: 投稿日: 2014/05/14 7:32

みやざき完熟マンゴーの中でも王様?女王様?といわれている熱帯の香り漂う【太陽のタマゴ】、その真っ赤な表面がてかてかと光輝き、置いているだけで甘い香りが漂ってきますし、そこにあるだけで周りを南国の地にいるような気にしてくれます。宮崎産のマンゴーは有名でとりわけ【太陽のタマゴ】は別格なものなのでしょう!カットすると中はまさに《志村ふれあい館3丁目の夕日》的な鮮やかなオレンジ色、水気を含み甘い果汁が果肉の間から湧き出てきます。そのまま食することがベストなのでしょうが、ちょっとヨーグルトの上に乗せ口に運ぶとヨーグルトのしょっぱさとマンゴーの甘みが絶妙な味となり口の中にぱっと広がります。健康体になるなあと思われる瞬間です。もしこの種を植えて【太陽のタマゴ】が育ったらどんな喜びとなるでしょう?勿論してはいけないことなのでしょうが・・・食することが出来たことに感謝!・・・そして・・・・・に感謝!

                

          (これがそうです!)                       (太陽のタマゴが光って?います!)

 

投稿者: 投稿日: 2014/05/12 7:29

静寂に包まれ入江に白い砂浜が弓のように続く別天地、宿の前に広がる松林を風が通り抜けていく。時を忘れ、何もかも忘れゆっくり、ゆったりした気分に浸り波の音を聴く。日々の時間とは違う、今だけの時間を自由に過ごす、そんな身も心も休まる今宵の宿へ。陽が沈むころ夕食の時間となり四季折々の南伊豆の山海の幸が楽しみになる。会場の入口に並べられた旬の魚から自分が食する魚を指定し、お造り・焼き魚・煮魚の中から1つを選ぶ、やがて食卓に運ばれて来ます。メニューに加わる自分だけのもの、それに連れ魔法の水も進み満足感一杯のひと時が終わる。此処のお湯は室町時代末期に発見されたと

いわれている伝統ある温泉でミネラルをたっぷり含んだ含塩化土類食塩泉といわれ、体の芯から温まる。顔を洗い唇についた湯を舐めるとどおりでしょっぱい味がすると納得し何回も何回も湯に浸り肌でも感じ取る。

翌朝、開国の歴史を巡る黒船ツアーに出発、下田港を黒船遊覧船めぐり、開国博物館を見学、下田条約締結の地・了仙寺、ペリーロードを散策し、海中水族館へ。そこではアザラシ・カマイルカのショウーを見学、可愛らしさ、従順さ、真剣さ等癒してくれました、そして笑いと感動を貰いました。

心休まり、憩いのひと時を過ごすことが出来た旅も終わり、やや心残りがあるものの南伊豆を後にしました。

次の予定は夏の西伊豆加山雄三さん?

               

          (スーパービュー踊り子)                    (部屋の癒しの一輪)

詳細...

投稿者: 投稿日: 2014/05/07 7:19

 

5月5日、対楽天戦は32,000人の超満員となり、ボルテージは最高潮、試合開始遅しと応援合戦も活発。以前ライオンズ応援に来ていた時のメンバーとの違い(質・量ともに)失礼ながら歴然としており攻撃力・防衛力・破壊力が伝わってこない。だから先制されるとひっくり返すのは不可能なのではないかと思われてしまいます。勿論球団の方針がありベストの状態のメンバー構成ではあるのでしょうが・・・、それでも内・外野の応援は力が入っていました。しかし数こそすくないが楽天の応援声は球場内に響き渡りどっと押し寄せてくる感じが伝わってきました。どんどん進むのは特殊水ばかり、その点は満足しました。

帰りの西武球場前駅の混雑ぶりは以前と変わらない光景でした。

          

               

          (どんよりした西武球場前)                   (レオの巨大バルーン)      

          

               詳細...

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。