館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2014/10/29 7:16

小鳥の囀りと川のせせらぎで清々しい朝の訪れがやって来ました。四季彩豊かな露天風呂はやや熱めで完全に目を覚ます事が出来ました。趣のある食事処で和食膳を食しラウンジに戻ると、テーブルの上のコップ水槽の中にブルーの魚が一匹泳いでいました。スタッフに尋ねるとベトナムの金魚で名前を”ベタ”というやや凶暴な性格の金魚だそうです。寛いだ後いよいよバスツアーの出発で、まずは第二いろは坂で中禅寺湖へ向かいました。やや渋滞し30分かかって到着し、立木観音を見学し、次の訪問地は竜頭ノ滝ですが大渋滞が予想されるので今回は回避し華厳の滝へ・・・此処は人・人・人 丁度お昼時間にかかったのでどの店も満員!一応名物と書かれていたので【餃子コロッケ】 【湯葉肉まん】を食べ、しっかりした食事は東武日光駅で!第1いろは坂も思った程渋滞しておらず、紅葉を見ながらの下降でした。東照宮輪王寺二荒山神社は殆どの方が前日見学したのでそのまま駅へ!駅に着いた途端 大渋滞=トイレの問題があり我慢をしていた気持ちが一気に解消され、魔法水を立て続けに・・・・・・・・

楽しかった、リフレッシュした、癒しを得た、優雅な気持ちになれた、ゆったりした日光紅葉の旅も終局となり、東武日光駅から浅草に向かって静かに特急は走り出しました。

               

          (男体山と中禅寺湖)                      (バス停は長蛇の列)

 

           詳細...

投稿者: 投稿日: 2014/10/27 7:39

出発駅でまずはお土産付選べるチケットの中から魔法水とおつまみセットを交換しあの特急に乗り込みました。駅の放送では満席というアナウンスではありましたが、出発しても車内は空席が目立ちましたが次々と停車する駅から乗り込んで、やや満席状態になり定刻通り終点の東武日光駅に到着いたしました。かなり冷え込むという予想を覆し、特に外国の女性は半袖・ノースリーブの方も・・・薄手のダウンは着ることもない好天気に恵まれました。駅前では町のイベントが開催されており昼食を取ってから覗いてみるとつき立てのお餅ができており、ゴマときな粉セットが販売されていましたが、『何もつけないのをもらえますか?』 『何もつけないでいいですか?』 『もし醤油があれば?』 『ありますよ!良ければからみ大根もありますよ』

『両方ください』と言って醤油&からみ餅を3個あっという間に食べてしまいました。今日は道路渋滞の為バスは日光東照宮の西参道止まりとなりそこから樹木の中を歩いて目的地まで・・・すると途中に【地方自法制定六十周年栃木県記念貨幣・眠り猫と雀】が販売されており、思わず購入する羽目になってしまいました。(何も此処まで来て?とは思いましたが)紅葉は境内のあちこちまで下り、カラフルに樹木は変身しておりました。旅館に電話をし定期バスが上がってこないので迎えに来てもらい、東照宮に添ってちょっと中に入った田母沢川のほとりに建つ日本庭園の和風旅館に到着しました。夜の料理も見事で、殆ど食する事が出来、日々の疲れもあ、り早々に夢うつつの世界に入り込んでいきました。(つづく)

               

           (駅前の太陽はまるで夏・・・)      ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2014/10/18 8:04

人はいろいろな趣味を持ち、自分でこっそり、ひっそり、にんまり楽しむこともあるでしょうし、人に見て貰いたいと思うこともあるでしょう。それは自慢をしたいということではなく、自分が楽しい、嬉しいく思った事を他の人にも味わって貰いたいという気持ちからなのです。10月に入ってから【ふるさとと貨幣セット】 【心のふるさと貨幣セット】 【古事記1300年貨幣セット】 【ドラえもん誕生35年周年2005貨幣セット】が志村ふれあい館1階入口左のガラスケースに飾られています。全く興味を示さない方、じっと眺めている方、それぞれを解説されている方等々。それでも『次は何が飾られるのだろう?』と若干期待をして頂いている言葉も聞こえて来ます。今後見ていただきたいもの・古銭・古紙幣・記念石・古いレコードとジャケット・サッカーペナント・出来事古新聞等々。次は何が展示されるでしょうか?

               

投稿者: 投稿日: 2014/10/08 7:21

台風18号が大きな被害を齎し、無残な爪あとを残した後に江の島へ出掛けました。東岸、西岸とも沢山のゴミが流れ着き、係員の方々がゴミを分別し、拾い上げていました。海水も濁りここにも台風の余波が残っておりました。夏が去り誰もいない海辺とは違い江の島神社への参道はまあまあの人手で賑わいを呈していました。エスカで頂上まで行き、始めてはいるレストランの眺望の素晴らしさ、晴れていれば伊豆の島々が眺められる絶景ポイントです。更に違った景色が眺められる別のレストランにも立ち寄ると眼下は大海原、ここも晴れると富士山の勇姿が見られるポイントです。海の幸と魔法のホット水で暫しこの世とは違う別世界に入り込んでしまいました。周りには1人でじっと海を眺めている女性が暫くするとカメラを持ちシャッターをきり、また好きなものを食したり、またある1人の女性は魔法水を飲み、おつまみを食したたりし海をじっと見つめていたり、また1人の男性は本を読んでいる姿が見られ、1人で悦に入る、自分だけの空間なのだと思いました。大きな声で喋ってる人もなく、何となく静寂さを感じさせ、すっきりした気分となりました。帰り際女主人に『今日は混んでいるほうですか?』と聞いたところ『江の島は天気しだい、休日も平日もあまり関係ないです』と言われておりました。今までとは全く違った江の島の一日を過ごす事が出来ましたし、まだまだ違った江の島を体験しなくてはと自分に言い聞かせ、参道への裏道を歩いて行きました。

               

          (鬱蒼と茂る樹木)                        (海を監視する?トンビ?鷲?)

           詳細...

投稿者: 投稿日: 2014/10/03 7:15

秋の味覚の1つである柿が大きな実をつけ、オレンジ色に全体を変えて志村カラーとなっております。ある時期はどこの家にも柿の木が植えられており、渋いのやら、甘いのやら判らないまま口にしたことも何回もありました。渋柿は軒下に皮を剥き吊るすと甘くなるので、そういう光景が良く見られましたし、焼酎に漬けると?甘くなるとも言っていることを聞いた事もあるような無い様な・・・どうだったでしょうか?

そして志村ふれあい館の緑のカーテンも夏場こそ元気がなかったものの、秋に差し掛かった途端に葉も伸び、実もつけ今がまさに緑のカーテン最盛?となっております。(ちょっと遅すぎましたが・・・) ご利用者の声は『今年は良く実がついたね』と。今年の最終収穫も終わりに近づき、来年の夏まで、緑のカーテンはしまう事になります。

来年のご利用者の声を期待しながら・・・・・

               

          (梨ではありません、柿です)            (収穫もおわりになった志村ふれあい館産スーパーゴーヤ)

投稿者: 投稿日: 2014/09/28 10:31

彼岸の入り、秋分の日にお参りされたのでしょう 墓石には枯れかかってはしまったものの、花がそよ風に靡きちょっとうら寂しい感じですが随所に見られる霊園墓地風景です。そんな中、霊園スタッフが2束の花を抱え、ある墓石の前で花を供え、お線香を焚き写真を撮り終えるとまた次の墓石に移り同じ作業をし、墓地を離れていきました。もしかしたらお墓参りにこられない家族が依頼をし、代理のお墓参りをしているのかとも思われましたが、どうなんでしょうか?人の気配も少なく霊園の所々に彼岸花が咲き、コスモスも負けじと群生をなし、山栗の殻だけが地面に散らばっていましたが、本当に秋を感じさせます。墓前には秋の味覚 みかん・焼きいも・豆大福・栗・梨を供え、忘れてはならない煙草を10本喫煙状態にし、状況報告をし、読経が聞こえる本堂の前を通り、遅めのお彼岸のお参りを終えました。次回はもっと秋らしい日に訪れることでしょう。

【秋深し、そっと近づく、冬姿】・・・・・・・・そんな心境になって・・・・・

                

         (曼珠沙華がいたるところに・・・)              (ススキが群れをなして・・・)

投稿者: 投稿日: 2014/09/24 7:14

秋分の日、まさに秋晴れとなり造幣局の展示・販売会に川越まで出掛けました。大きな展示会かと思っていましたが、こじんまりした展示場で最終日とあって人手はあまり多くはありませんでした。今回は川越市限定貨幣セットの販売もあり、此処にこないと買うことが出来ないと言っておりましたが・・・(全国から好きな人は買いに来るそうですが・・・)金塊・銀塊・各種勲章・販売済みコイン等の展示があり、ひと通り見学して展示場を後にしました。それからメイン通りを散策しながら老舗のOで魔法の水とスタミナ重を食し(流石に出て来るまでに30分かかりました)お菓子横丁で川越焼きいもを食べ、まめやでおいしいまめを買い、銘菓蔵づくりに立ち寄り人気のお菓子を買い、川越駅まで戻り駅周辺を一回りし、早々に帰路につきました。(秋分の日の祝日でもあり、晴天にも恵まれ、いたるところに観光バスの団体客や家族連れ、カップル等多くの人たちが川越を訪れていました。電車のt乗り入れも影響しているのでしょうか?)

               

          (造幣局展示会ポスター)                   (川越市限定貨幣セット)

          

               & ...</span>
         
          <a id=詳細...

投稿者: 投稿日: 2014/09/20 8:08

毎日通っている道端に真っ赤な彼岸花が咲きました。この道を通る時、両脇の草花を眺めながら歩いているのに”ある日突然”と言った表現がぴったりのように”知らない間に・・・?”その顔を現しました。早速日高市の巾着田を検索してみるともう見頃を向かえた赤いジュータンが映し出されました。この時期になるとお墓参りの帰りに必ず訪れますが、それは見事な光景で、隣接にはコスモスの群生そしてそばの花の群生と広い敷地内は花の展示会のような美しさが楽しめます。その間を小川が流れ、ポニー牧場も見る事が出来ますし、一角に設けられた数々の売店には日高市の名産・名物が並べられ飛ぶように売れています。河原ではバーべキューをしているグループもあったりして初秋の雰囲気が嫌がうえにもひしひしと感じてきます。

 

                                           

                    (彼岸花・・・)

投稿者: 投稿日: 2014/09/18 7:30

敬老の日、65歳以上の人口が3,296万人総人口の25.9% 75歳以上の人口が1,590万人総人口の12.5% これは4人に1人が

65歳以上の人、8人に1人が75歳以上の人、益々高齢化が進んでいるとの報道がありました。確かにある事が好きな人達が集まる場を見回しても全てその年齢に該当するし、その方たちが元気に飲み・食い・プレーしている姿・姿・姿・・・それぞれの

年齢構成は別としても健やかに着実に生きていくということは大切なことであり、そうしていきたいし、そうしていきましょう!

”♪人生楽ありゃ苦もあるさ・・・・♪”

                      

                      (お月見)

 

投稿者: 投稿日: 2014/09/15 6:50

快晴となり秋季高校野球大会地区予選の応援に出かけました。1試合目は時間的に間に合わないと思っていましたが、球場に着くと延長12回の攻防でこの回大量点をあげたA校がその裏も無難に守りきり勝ち上がりました。2試合目は初回に点数をあげたI校がS校の反撃を振り切り、逃げ切り勝ちとなり、3試合目は連合校W・N校がY校を破り勝利を収めました。新チームとなっての大会の為か全体的に投手の仕上がりがまだまだという感じがあり、これからの纏まったチームになっていくのでしょう。ブラスバンドやチェアリーダーの応援もなく、どのチームも父母のメガホンによる応援のみで、物静かな戦いが続きました。入場無料・好天という事もあるのでしょうか?多くの人たちが観戦・応援に見えておりました。流石に3試合・4時間の観戦となりましたのでちょっと疲れたので途中ではありましたが球場を後にしました。どのチームも関東大会出場を目指し頑張ってください。

               

         (球場入口付近)                          (好天の為散水も必要となりました)

   

         

         (天高く・・・・・・・・)

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。