館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2015/04/17 7:09

新入生、新入社員も新しい環境の中に入り、やや雰囲気を肌で感じとることができた時期が過ぎようとしているのではないでしょうか?その環境が自分の描いていた通りのものであったのか?はたまた思い描いていたものとにギャップが生じてしまっているのか?・・・そう簡単には順応することができないかもしれませんが、ゆっくり・じっくり・しっかり見極め、徐々に順応できるよう、なお一層の努力をしましょう!雑踏から一歩踏み出してみると、春を満喫できる場所に出会う事があります。多彩の色を配した小花の群れや各色のチューリップ、今にも首を左右に振り振り踊りだすような姿・・・小さな領域の中にそれぞれの存在を100%以上表現して炒る花々、日ごとに暖かさ?暑さ?増す日々が続き、更なる姿をアピールしてくれる事でしょう!

               

         (淡い色の集合体が・・・)                    (今にも首を振り出しそうな・・・)

 

              

         ( ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/04/02 7:18

桜の花も一気に満開となった場所もあり、これから満開の時期を迎える場所もあります。ちょっとした都合で2月bにはお墓参りに行けなかったので、早く行かなければと思っているうちに、元旦のお墓参りからもう3ヶ月が経ってしまいました。いつも供える”よもぎ大福”と”豆大福”を買う店に立ち寄ったところ、閉店となる貼紙があり、店内に入っていくともう殆ど商品がなく、当然目当ての大福は置いてありませんでした。でも今回はあらかじめスウィーツを用意してあったので、そのまま霊園に向いました。お彼岸のお参りに多数の方が見えたのでしょう、どの墓前も枯れかかってはいましたが、献花ででいっぱいでした。早速3ヶ月ぶりの煙草に火をつけ一服して貰い、近況を報告しました。周りを見渡してもまだ少しの桜が開花した程度で霊園の満開はもう少し先になるようです。来月は余裕ある日を設定し春の草花を見ながらのお墓参りにしたいものです。

               

         (山門の桜)                            (満開までは程遠い)

 

               &q 詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/03/30 7:56

天気予報とは裏腹のどんよりした新宿の空、出発時間となりゆっくり滑り出したロマンスカーの車内はガラガラ!登戸の多摩川の鉄橋を渡った対岸の桜が開花しておりとても素晴らしい景色となって目に飛び込んできました。藤沢駅を通過する頃には太陽が顔を出始めほっと一息、安心感と喜びが心の中を満たしてくれました。片瀬江ノ島に着いた時には太陽がすっかり顔を出し、気温も上がってきた事が肌で感じてきました。東岸も西岸もベタ凪ぎ、正に春の海・・・海辺の釣スポットでゆっくり海を眺めていると何も考えず、何も思わずただひさすら海面と波見つめているだけで、気分は爽快となります。今日はしらすの漁獲量がすくなく、どの店でも【生しらすはありません】の張り紙が店先に貼られておりました。近くの公園にはほぼ満開の桜の花が人目をひき、多くの人がシャッターを押していました。人手が少ないと思っていましたが、次から次へと人が集まって賑わいを呈してきました。いつもの路線バスに乗って鎌倉に向うと、鎌倉山を歩いている人が結構多く、いつもの様子とは違っていました。大仏までは大渋滞、そして鎌倉駅周辺も、小町通りも人・人・人、お昼は何にしようか?迷いながら歩いていると足はいつものうなぎやKの前で止まり、10人ほど並んでいる列の後ろに待機する事にしました。魔法の水がいける事、いける事、飲んで、食べて早々に江の島・鎌倉の小旅行を終え帰路につきました。

               

         (こんなにたわわに・・・)                     (ピンクというより白?・・・)

           詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/03/25 8:03

桜の開花宣言となり、いよいよ春に突入しました。風がない時は本当にぽかぽか陽気となり心までポカポカ、ゆったりとした気分になってきます。家庭菜園の花々も厳しかった冬を乗り切り、この暖かさを待っていたかのように一斉に花を咲かせ始めました。色とりどりの多種の花々はお互い競い合うように赤・青・しろ・黄色・橙等で飾ります。歩道を歩いていてもちょっと足を止めてシャッターをきってじっと見つめてしまいます。

四季の始まりです・・・・・

             

        (黄色と白のコントラストが・・・)               (水仙とすずらん)

 

             

       (大胆な顔???)                          (こちらも白と黄色が・・・)

 

投稿者: 投稿日: 2015/03/22 8:01

自分には似付かない、ありとあらゆる人形が一同にかいしている【人形の家】を見学した事があります。、館には雛人形あり、市松人形あり、ヨーロッパの人形あり、そして時代を配した人形等が本当に多く飾られています。特に日本の時代を彷彿させた人形を見ていると、ぞくっとしたり、ぞっとしたり、何とも不思議な感覚に襲われます。人形が声を出し、表情を変え、言葉を発して、歩き出して行くような気がします。妖艶さもあると同時にちょっぴり怖さも感じさせるような・・・。しかしどの人形の姿、表情を見ると見事な出来栄えです。

じっと見つめている自分の姿が異常でもあり、不思議でもある、そんな感じのひと時でした。

               

          (何と妖艶な・・・)                         (今にも言葉を発しそうな・・・)

 

               

          (ものすごい数の人形が・・・)               ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/03/01 8:17

第52回日本ラグビーフットボール選手権大会決勝 ヤマハ発動機ジュビロVSサントリーサンゴリアスの試合、準決勝の2試合はテレビ観戦でしたが矢張り決勝へ進む2チームはいざという時の攻め方はテンポもよく、トライに結びつける作戦通りに試合展開する事ができます。その準決勝を勝ち抜いた2チームの決勝戦は見ごたえのある素晴らしい試合でした。キックオフと同時にヤマハの勝利に対する意気込みと執念が、ひしひしと感じられ見事なトライ(ゴール)に結びつきました。何といってもスクラムの強さ、安定したセットプレーから流れを引き寄せる見事な押しっぷりです。周りは黄色一色のサンゴリアスの応援席、でも多少ジュビロの応援者もおり、大きな拍手を送っていました。(ヤマハの陣営神宮外苑寄りでした。)

勝利の方程式は早い球出しからバックス又はフォワードへのリターンパスの戦略でゲインラインを突破する。何とテンポのよいことか、点数はそれ程ではありませんでしたが、サントリーをノートライに抑える【完勝】といっても過言ではないと思うくらいの試合に大満足で秩父宮を後にしました。

                 

        (満席でした)                            (サントリー陣へ攻め込むヤマハ)

 

投稿者: 投稿日: 2015/02/23 7:42

今、板橋区立志村ふれあい館の1F受付左側、2F入口手前右側に2つのGケースが置かれています。季節やイベントに合わせてほんの僅かの品々ですが飾られております。(気がついてくれる人、全く気がつかず?何の関心もない方等々・・・)2月のこの時期は暖かい南の地域でプロ野球のキャンプがはられ、オープン戦も始まりました。そんなわけで2Fには往年のプロ野球有名選手の直筆サイン色紙・珍しい場所の珍しい石・普通の河川の普通の石・大リーガーのペナント・懐かしの入場券・乗車券が並べられています。1Fには天保通寶を始めとした古銭と奥の細道紀行文とその記念切手そしてマッチ箱に貼るラベルが展示されています。あの頃を思い出す事は脳の活性化と認知症予防に重要な役割を果たすと言われています。一度足を運んでください。(間もなく終了してしまいますが・・・3月中旬頃に)次回予定は古銭第2弾明治・大正・昭和の7コイン貨幣を展示しようと思っております。もしかしましたらこれらのコイン貨幣を使用された方も多数いらっしゃるかもしれません。お楽しみにして下さい。(3月中旬のよていです。)

               

          (記念ボールと珍しい石と普通の石)            (懐かしのチケット類と大リーガーペナント)

 

                詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/02/18 7:40

社用で南足柄まで出向く事となった日、新宿駅でロマンスカーを見ると休みに出掛けるような錯覚に陥ってしまいました。20 年前くらいに大雄山線に乗って以来の乗車でしたが、とても懐かしいというよりも、もうすっかり忘れてしまっていました。駅から目的地を通るバスはありますが、目的地に止まるバスの本数が少なく、出発まで時間がありましたので駅周辺を散策すると、熊に跨る金太郎が胸を張っている凛々しい姿があり、南足柄の新名所と書かれている金太郎大明神の木像が出迎えてくれました。乗り遅れる事のない様、余裕を持ってバスターミナルまで行きました。距離にして僅かなところですが箱根駅伝の5区山登りのような高低差があり、バスも目一杯エンジンをふかし登っている様子が伝わってきます。途中【ハンターの皆様へ・・・・・・・】というメッセージが掲げられてあり、身近で狩猟が行なわれているのには、ビックリしました。話を聞いたところによると、いのししが体当たりする事もあり車は傷だらけ、たまには鹿にも遭遇する事もあり、猿は他へ移動しもうすっかり姿を見る事がなくなったそうです。バスを降りて目的地入り口を見渡すとまさに【村】を意識させる雰囲気で、大学の頃夏に参加していた横浜の【こどもの国】でのキャンプ・林間学校カウンセラーの事を思い出し、歩を進めることなく、しばしその場に立ち尽くしてしまいました。

                

   

          (凛々しい姿の金太郎)                     (金太郎大明神の木像)

           詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/02/02 7:24

1月29日(木)の夜半から翌朝にかけてかなりの積雪があると予想されていたものの、早朝はそれ程でもなかった雪が、9時を過ぎる頃にはぼたん雪となりうっすらと雪化粧をしだしたらと思ったら厚化粧になってきました。昨年の大雪のときは電車が止まり、やっと動き出したらと思ったらすし詰め状態、バスも動かず近距離なのにたどり着くまでに7時間費やした事を思い出しました。またかと思いましたが、今回は昼から雨になり道路の雪も見る見る消えてシャーベット状になってき、歩行するのも多少楽になりました。この程度の降雪でもスタッフ一同ありとあらゆる手段を講じ、事故のないよう、怪我の内容、徹底的に防止作業に励んでくれました。雪深い地域の方々の苦労は大変な事と、こういう事態のときはなおさら感じます。近くの家庭菜園には雪に埋もれて、白菜・大根・草花が寒さ知らずのように生き生きとした姿を現しているのが印象的でした。

               

          (白菜が・・・)                           (大根が・・・)

 

               詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/01/26 7:37

ラグビートップリーグ プレーオフトーナメント準決勝、パナソニックVS東芝が晴天の日曜日に秩父宮ラグビー場で開催されました。結果は50対15の大差でパナソニックが勝利を収めました。相手ラインアウトミスからFWのプロップ、ロックと繋ぎ最後もフランカーがゴールへ飛び込み先制トライ、連続攻撃と堅いディフェンスで開始1分のトライは見事なものでした。1人もボールを繋ぐ選手に触れられることなく流れるようなトライはあっという間の出来事でした。スタンドは真っ赤な東芝ファンとブルーのパナソニックファンとに2分され、私が座ったエリアは東芝ファンで埋め尽くされた感がありました。何となく今日はパナソニックを応援しようという気分だったのですが、拍手をすると左サイドの人と目が合い睨まれているようでした。しかし素晴らしいプレーなので目一杯拍手をする事はやめませんでした。一気に魔法水のピッチも上がり今年はじめてのラグビー観戦は楽しい、リフレッシュできたものとなりました。

                         

                         (試合前の東芝の調整)

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。