館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2015/05/30 7:59

こどもの国の開園50周年記念イベントに参加させて頂いた日、学生時代に過ごした林間学校跡、キャンプ場跡を訪ねました。当時は殆どなかった木々が大きく成長し、まさに森の中のキャンプ場を思わせる景色に変わっていました。段々畑のようなところにテントを張り、キャンプ生活を送り、炊事・プール・水遊び・昆虫採集・キャンプファイヤー等を行なった場所、その姿・形すらありませんが、このエリアで実施されたと説明されると少し思い出しました。夜のキャンプ場を見回る役目のときは今の白鳥湖の脇を通ってテントサイトまで行きますが、”ウシガエル”が湖に飛び込む音でビックリし、枝が折れて揺れていると”蛇”に見えたり、急ぎ足で通過したものです。実際キャンプファイヤーに使用する薪が積んである場所の下は”蛇”が潜んでいました。テントサイトではテントから足がはみ出しているのをもとに戻したり、まだおきているこどもたちには早く寝るように注意したりして・・・そんな旧キャンプ場の一角に何年か前にカウンセラーの有志でベンチを2台寄付いたしましが、その1台に私が作詞・作曲した”歓迎の歌” ♪♪まっていたんだぼくたちはきみたちがくるのを、・・・♪♪の一節が刻まれたプレートが埋め込まれています。ずっと残る記念のプレートを見、そのベンチに座って当時の思い出に浸ってきました。

      

    (記念のベンチ)                      (♪待っていたんだ ぼくたちはきみたちが来るのを♪)を作詞・作曲

&n ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/05/29 13:32

横浜市にあるこどもの国が開園して50周年をむかえ、久しぶりにこどもの国へ!午後2時半からの式典にあわせ我々元カウンセラーは11時に正門前に集まりました。受付時間が12時半からなので、牧場、林間学校跡、キャンプ場跡を廻り野外バーべキュー場でお昼をとり、白鳥湖を通り式典会場の皇太子記念館に行きました。皇太子ご成婚記念で建築、開園したので、この式典には天皇・皇后両陛下がご出席になられます。2時半に両陛下のご臨席となリましたが、壇から4列目の場所につき、両陛下を目の前で拝見でき、祝辞もはっきりされた口調で、綺麗な張りのある響き渡る声を出されご挨拶されましたのが、肉声でも聞こえるようでした。次に塩崎厚生労働大臣、黒岩神奈川県知事、地元の奈良小学校児童代表の男女2人による祝辞と続き最後に別の小学校の生徒により”こどもの国の歌” ”愛をあげよう”を歌いましたが、天皇陛下は終始にこにこ顔、皇后陛下は体をゆすりリズムをとられ大きな拍手を送られておりました。退席をされるとき先程の2人の児童代表者に声を掛けていらっしゃいました。滞りなく式典も終わり外にでると機動隊の方から内周道路をマイクロバスで両陛下が見学されるので日の丸の小旗を振ってくださいといわれ、目の前を両陛下が通過されたとき、笑顔で挨拶され通り過ぎていかれました。大学時代カウンセラーとしてこども達と遊び、カウンセラー仲間と出会い、沢山の事を経験し、今またこうして1期生35人中12人が出席させていただき、我々カウンセラーにとって感慨深い・思いでに残る50周年記念イベントとなりました。

                

          (早いもので5 ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/05/25 7:25

紫陽花の花が咲き始め、いよいよ入梅を予感させる季節になって来ました。小さい頃雨のしずくが紫陽花の花と葉にポツリと球状に乗っているそばをカタツムリがゆっくりと歩いている光景をよく見かけたものですが、今はどうでしょう?真剣に見たことはありませんが、カタツムリ自体の存在はあるのでしょうか?あまり見たことはありません。

その日は朝からかなりの行動力でその日にやるべき事をほぼやり遂げました。管理組合の自転車の整理・整頓、敷地内の清掃を約1時間掛けて60名の住人が参加して、あっという間に終了し、お墓参りへ。全くと言って良いほど誰も霊園にはおりませんでした。しかし霊園の周りではウォーキングラリーでしょうか?歩け歩け大会でしょうか?多くの人々が黙々と歩いていました。やや遅めの昼食をとり、バッグの修理にショップへ行くと見積もり金額があまりに高いのでペンディング、めがねを点検し、月例で入賞したという同伴者からの連絡で、副賞を頂きに定例場所へ、受付の女性が『おめでとうございます』と商品を授与してくれました。そうだこの時間帯はパンが焼きあがる時間と思い、予約の電話をするとずばりその通り、熱々で今にも形が崩れんばかりの柔らかさ、やさしく抱いて車の座席へそっと置く。帰り道、魔法水とソフトクリームを買って帰宅し、テレビを見ながらグイグイ、チビチビ、そのうちその日の朝がかなり早い起床の為居眠りを・・・その夜は夕食もとらずスヤスヤと・・・・・・その見返りで次の朝は午前1時に起床、そのまま作業開始・・・充実した朝でした。

               

         (見事!見事!何でしょう?)                  (綿飴のような!ぼんぼんのよ ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/05/18 7:15

朝靄の向こうに薄っすらと朝陽が輝き始め、小鳥たちの囀りも聞こえだし、窓を開けると心地よい、ひんやりした風がすうっと入ってきました。久しぶりのゆったりとした目覚めで外を眺めていると、なんとも表現しがたい素晴らしい環境の雰囲気に呑み込まれてしまいました。仕事のない休みの朝、しかも都会を離れ、癒しの地での朝をどう過ごそうか?迷った挙句に朝一番の魔法水を1杯頂く事に。するとほんわりした気分の中で2杯,3杯と順調に進んでいく。すっかり太陽が顔を出す頃には自分も太陽の如くサンサンと輝いた顔色と心になっていました。日々楽しみながら生きていく、正にその瞬間を強く感じるひと時でした。

               

         (まだあたりは朝靄に・・・)                    (朝陽が昇り、緑が眩しく・・・)

投稿者: 投稿日: 2015/05/11 7:33

ゴールデンウィークが過ぎ、母の日が過ぎた朝、肌寒い今までの暖かさ、暑さとは程遠い気候になってしまったような感がありました。大涌谷で地震が活発な動きを見せ始めているニュースが毎日のように報道され、自然相手の対応・判断の難しさがわかるような気が致します。噴火したら大事故になりかねませんし、さりとて行楽シーズンを迎えるこの時期にとも思いますし・・・それとは別に5月中旬に差しかかろうとすると、道路・庭先・家庭菜園・遊歩道・花壇等ありとあらゆるところに、色鮮やかな花々が一斉に咲きだし見事な”競演”を繰り広げてくれます。殆どの花が群生を思わせるように、びっしりと肩を寄せ合って咲き、それぞれの花のジュータンを作り出し、周りを圧倒しています。花も仲間意識・連帯を組みアピールするのでしょうか?人も連携・連動・意思統一を図り進む事が大切ですし・・・・日々楽しみながら生きていく・・・実行のみ!

              

          (ノースポール軍団?)                    (おおむらさき軍団?)

 

               詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/04/17 7:09

新入生、新入社員も新しい環境の中に入り、やや雰囲気を肌で感じとることができた時期が過ぎようとしているのではないでしょうか?その環境が自分の描いていた通りのものであったのか?はたまた思い描いていたものとにギャップが生じてしまっているのか?・・・そう簡単には順応することができないかもしれませんが、ゆっくり・じっくり・しっかり見極め、徐々に順応できるよう、なお一層の努力をしましょう!雑踏から一歩踏み出してみると、春を満喫できる場所に出会う事があります。多彩の色を配した小花の群れや各色のチューリップ、今にも首を左右に振り振り踊りだすような姿・・・小さな領域の中にそれぞれの存在を100%以上表現して炒る花々、日ごとに暖かさ?暑さ?増す日々が続き、更なる姿をアピールしてくれる事でしょう!

               

         (淡い色の集合体が・・・)                    (今にも首を振り出しそうな・・・)

 

              

         ( ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/04/02 7:18

桜の花も一気に満開となった場所もあり、これから満開の時期を迎える場所もあります。ちょっとした都合で2月bにはお墓参りに行けなかったので、早く行かなければと思っているうちに、元旦のお墓参りからもう3ヶ月が経ってしまいました。いつも供える”よもぎ大福”と”豆大福”を買う店に立ち寄ったところ、閉店となる貼紙があり、店内に入っていくともう殆ど商品がなく、当然目当ての大福は置いてありませんでした。でも今回はあらかじめスウィーツを用意してあったので、そのまま霊園に向いました。お彼岸のお参りに多数の方が見えたのでしょう、どの墓前も枯れかかってはいましたが、献花ででいっぱいでした。早速3ヶ月ぶりの煙草に火をつけ一服して貰い、近況を報告しました。周りを見渡してもまだ少しの桜が開花した程度で霊園の満開はもう少し先になるようです。来月は余裕ある日を設定し春の草花を見ながらのお墓参りにしたいものです。

               

         (山門の桜)                            (満開までは程遠い)

 

               &q 詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/03/30 7:56

天気予報とは裏腹のどんよりした新宿の空、出発時間となりゆっくり滑り出したロマンスカーの車内はガラガラ!登戸の多摩川の鉄橋を渡った対岸の桜が開花しておりとても素晴らしい景色となって目に飛び込んできました。藤沢駅を通過する頃には太陽が顔を出始めほっと一息、安心感と喜びが心の中を満たしてくれました。片瀬江ノ島に着いた時には太陽がすっかり顔を出し、気温も上がってきた事が肌で感じてきました。東岸も西岸もベタ凪ぎ、正に春の海・・・海辺の釣スポットでゆっくり海を眺めていると何も考えず、何も思わずただひさすら海面と波見つめているだけで、気分は爽快となります。今日はしらすの漁獲量がすくなく、どの店でも【生しらすはありません】の張り紙が店先に貼られておりました。近くの公園にはほぼ満開の桜の花が人目をひき、多くの人がシャッターを押していました。人手が少ないと思っていましたが、次から次へと人が集まって賑わいを呈してきました。いつもの路線バスに乗って鎌倉に向うと、鎌倉山を歩いている人が結構多く、いつもの様子とは違っていました。大仏までは大渋滞、そして鎌倉駅周辺も、小町通りも人・人・人、お昼は何にしようか?迷いながら歩いていると足はいつものうなぎやKの前で止まり、10人ほど並んでいる列の後ろに待機する事にしました。魔法の水がいける事、いける事、飲んで、食べて早々に江の島・鎌倉の小旅行を終え帰路につきました。

               

         (こんなにたわわに・・・)                     (ピンクというより白?・・・)

           詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/03/25 8:03

桜の開花宣言となり、いよいよ春に突入しました。風がない時は本当にぽかぽか陽気となり心までポカポカ、ゆったりとした気分になってきます。家庭菜園の花々も厳しかった冬を乗り切り、この暖かさを待っていたかのように一斉に花を咲かせ始めました。色とりどりの多種の花々はお互い競い合うように赤・青・しろ・黄色・橙等で飾ります。歩道を歩いていてもちょっと足を止めてシャッターをきってじっと見つめてしまいます。

四季の始まりです・・・・・

             

        (黄色と白のコントラストが・・・)               (水仙とすずらん)

 

             

       (大胆な顔???)                          (こちらも白と黄色が・・・)

 

投稿者: 投稿日: 2015/03/22 8:01

自分には似付かない、ありとあらゆる人形が一同にかいしている【人形の家】を見学した事があります。、館には雛人形あり、市松人形あり、ヨーロッパの人形あり、そして時代を配した人形等が本当に多く飾られています。特に日本の時代を彷彿させた人形を見ていると、ぞくっとしたり、ぞっとしたり、何とも不思議な感覚に襲われます。人形が声を出し、表情を変え、言葉を発して、歩き出して行くような気がします。妖艶さもあると同時にちょっぴり怖さも感じさせるような・・・。しかしどの人形の姿、表情を見ると見事な出来栄えです。

じっと見つめている自分の姿が異常でもあり、不思議でもある、そんな感じのひと時でした。

               

          (何と妖艶な・・・)                         (今にも言葉を発しそうな・・・)

 

               

          (ものすごい数の人形が・・・)               ... 詳細...

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。
アーカイブ
<2015年5月>
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
月別の過去ログ
2021年5月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年1月
2019年11月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年2月
2019年1月
2018年11月
2018年10月
2018年8月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月