館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2015/07/27 7:27

心の中に翳りやモヤモヤ感やつかえたような感じがする時、思い切って散策を楽しむか、海をじっと眺めるとすっきりする事があります。その時だけかも知れないしまたいろいろ感が完全に除去されるかもしれないのですが・・・何もしないということは何も解決しないという事なので・・・今回は江の島・鎌倉へ行きました。誰もいない海ではなくて東浜も西浜も人・人・人・・・

灼熱の太陽と人々の歓喜の声と真っ青な空と海のもとに佇んでいると何もかもがクリアーできたような気がするのは本当に不思議ですし、心が天日干しになったようにすっきり感を味わう事が出来ました。人は環境の変化が生じたときどう対応・対処していくかによって、これから先の事が変わってきます。心の変化ではなくて生き方の変化が生じてくるのです。この事象によってこれからの人生を過ごすにあたり長・中・短期の目標を設定しなければならないし、それぞれの重要度に対して順番付けもしなければならないし、それをする事自体が大切な事になります。何で海水はなくならないのか?器に入っていないのに何故こぼれないのか?科学的、天文学的、物理的等証明されていることなのに素朴な疑問がいつも頭の中を過ぎります。わかっているようで、わからない現象だからこそ、ぼんやり海を眺めていると身も心も落ち着きます。そして今日はいつもの時間より1時間遅れの路線バスに乗り、鎌倉山・大仏・長谷寺・鎌倉駅の45分間のバスの旅を終え、ガッツリと昼食をとり、湘南新宿ラインに乗り帰路につきました。今迄何回も訪れた時とは全く違った感覚の江の島・鎌倉の癒しの日帰りの旅でした。

              

         (遠く浜辺は人で埋め尽くされていますが・・・) ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/07/22 7:10

梅雨明け宣言が発せられ夏一色に変わった日、秩父散策に出掛けました。気温はグングン上がりかなりの暑さを肌に感じましたが、水分補給をしっかり取り汗をかきながらも、熱中症対策をしながらの散策でした。秩父の山々は鮮やかな緑色と化し”正に夏”という風景そのものでした。街中はちょっと夏祭りの準備の雰囲気もありこれぞ”秩父”を認識しました。魔法の水は少し控えめにしたこともあり、帰路につくときには多少購入し、良い気持ちとなって、テンションも上がり、真夏の秩父の散策を終えることが出来ました。

来月も近くを散策する事に決めましたが、もっともっと暑い日になる事でしょう!

           

               

          (何処を見ても緑・緑・緑)                    (鬱蒼と茂る樹木を抜けると・・・)

 

               &l ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/07/13 7:26

グリーンカーテンの必要な時期がやってきました。毎年恒例のゴーヤを植えてきました、昨年の収穫高は前年比増と成果を伸ばす事が出来ましたが、他のところと比べるとまだまだの感があり、喜べるものではありませんでした。そこで今年は志村3丁目駅の方へ歩いていく途中の家には毎年大きな朝顔と葉が根付いているところがありますので、志村ふれあい館も朝顔でいく事に決めました。そこで”ケープタウンブルー”という朝顔を植えたところ早くも2輪の花が見事に咲きました。『今年は朝顔だ』 『もう咲いたね』等々の言葉が来館される方々から聞こえてきます。今は蔓がまっすぐ天に伸びていますが、今後は横にも蔓を伸ばし、まさにブルーカーテンが出来上がる事を期待しています。何といっても日本の夏の風物詩は”朝顔”ですから!

今はどの家庭でもあまり見ることは出来なくなっておりますが、皆様、是非咲き出しました”ケープタウンブルー”を観に

志村ふれあい館にお越しください、お待ちいたしております、夏を身近に感じ取りましょう!

               

          (今年のグリーンカーテンはこれです!)          (大きな葉っぱ!)

          詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/07/08 7:31

どの家庭菜園にも夏の定番野菜、トマト・キュウリ・ナスの実がつき始め、既に真っ赤になったトマトも見られるようになってきました。丹精込めて作りあげたそれぞれの家庭の野菜を摘み取り、食卓に飾り、食するときはいろいろな会話が交わされる事でしょうし、味も格別なものに違いありません。また他の菜園には柿の実も姿を現していました。黙って、ほっといて実がならない野菜や果物の収穫に対して本当に努力を重ね、真剣に取り組んでいるのだと常に感心しています。

自分にも必ず実をつける何かを求めてその環境作りをすることを忘れないよう、やるべき、やらなくてはならないと努力を惜しんではいけないと思います。思っただけでは実はつきませんから・・・

               

          (真っ赤トマトもあります・・・)                 (葉の間から実が顔を現して・・・)

 

          

          (やがて橙に・・・)

投稿者: 投稿日: 2015/07/06 7:16

どんよりした曇り空の朝、ちょっとした丘の樹木が立ち並んでいるところを散策していると、地面一杯に黄色の実が落ちていました。何の実なのかと近寄ってみますと小梅が色鮮やかに緑の芝にびっしりと敷き詰められたように並んでいました。見上げるといたるところの木々にまだ黄色の実が残っていましたが、もう時期が過ぎているのでしょう、だいぶ少なくなっていました。その中から綺麗で、腐っていない2つの小梅を拾いポケットにそっとしまいました。立ち寄った土産物店には茶色の実がバスケットの中に並べられており、『どうぞお召し上がりください』と書かれていたので、食べる代わりに3つ頂きました。家に持ち帰り黄色の小梅と茶色のマカデミアンナッツが色よく並べて飾られております。

               

         (黄色の小梅)                           (茶色のマカデミアンナッツ)

投稿者: 投稿日: 2015/07/03 7:12

梅雨とはいいながら各地で大雨となり、大きな被害を齎しています。また台風が発生しこれまた大きな被害を起こすのではないかと心配です。紫陽花の花も枯れてしまい、これから梅雨があけ夏本番となるわけですが、今年の夏の暑さはどうでしょうか?夏が待ち遠しく夏が終わると一年間、次の夏が来るまでのカウントダウンの長かった事!それに反し今は毎日が過ぎていくのが早く、今年ももう折り返し点を過ぎてしまいました。何でもやってみようという時代や年齢から、これだけはやってみようという」時代や年齢に推移していきながら、心の中では欲張りに近いくらいの思いや考えが、今尚失せる事はありません。

ある本ではこれからの人生をゆっくりと自分だけのものとして、じっくりと味わって過ごす事も大切・必要な事といわれていました。性格によりその考え方・過ごし方も人それぞれいろいろとあります。ただ決めていることは、日々を大切に生きていくという事で間違いありません。暑さ厳しくなるこれから、体調自己管理は万全にしましょう!二度と来ないこの日の為にも!

                 

        (ちょっと寂しげな紫陽花の色)                 (元気に泳ぐ他家のめだか達、羨ましい!) 

投稿者: 投稿日: 2015/05/30 7:59

こどもの国の開園50周年記念イベントに参加させて頂いた日、学生時代に過ごした林間学校跡、キャンプ場跡を訪ねました。当時は殆どなかった木々が大きく成長し、まさに森の中のキャンプ場を思わせる景色に変わっていました。段々畑のようなところにテントを張り、キャンプ生活を送り、炊事・プール・水遊び・昆虫採集・キャンプファイヤー等を行なった場所、その姿・形すらありませんが、このエリアで実施されたと説明されると少し思い出しました。夜のキャンプ場を見回る役目のときは今の白鳥湖の脇を通ってテントサイトまで行きますが、”ウシガエル”が湖に飛び込む音でビックリし、枝が折れて揺れていると”蛇”に見えたり、急ぎ足で通過したものです。実際キャンプファイヤーに使用する薪が積んである場所の下は”蛇”が潜んでいました。テントサイトではテントから足がはみ出しているのをもとに戻したり、まだおきているこどもたちには早く寝るように注意したりして・・・そんな旧キャンプ場の一角に何年か前にカウンセラーの有志でベンチを2台寄付いたしましが、その1台に私が作詞・作曲した”歓迎の歌” ♪♪まっていたんだぼくたちはきみたちがくるのを、・・・♪♪の一節が刻まれたプレートが埋め込まれています。ずっと残る記念のプレートを見、そのベンチに座って当時の思い出に浸ってきました。

      

    (記念のベンチ)                      (♪待っていたんだ ぼくたちはきみたちが来るのを♪)を作詞・作曲

&n ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/05/29 13:32

横浜市にあるこどもの国が開園して50周年をむかえ、久しぶりにこどもの国へ!午後2時半からの式典にあわせ我々元カウンセラーは11時に正門前に集まりました。受付時間が12時半からなので、牧場、林間学校跡、キャンプ場跡を廻り野外バーべキュー場でお昼をとり、白鳥湖を通り式典会場の皇太子記念館に行きました。皇太子ご成婚記念で建築、開園したので、この式典には天皇・皇后両陛下がご出席になられます。2時半に両陛下のご臨席となリましたが、壇から4列目の場所につき、両陛下を目の前で拝見でき、祝辞もはっきりされた口調で、綺麗な張りのある響き渡る声を出されご挨拶されましたのが、肉声でも聞こえるようでした。次に塩崎厚生労働大臣、黒岩神奈川県知事、地元の奈良小学校児童代表の男女2人による祝辞と続き最後に別の小学校の生徒により”こどもの国の歌” ”愛をあげよう”を歌いましたが、天皇陛下は終始にこにこ顔、皇后陛下は体をゆすりリズムをとられ大きな拍手を送られておりました。退席をされるとき先程の2人の児童代表者に声を掛けていらっしゃいました。滞りなく式典も終わり外にでると機動隊の方から内周道路をマイクロバスで両陛下が見学されるので日の丸の小旗を振ってくださいといわれ、目の前を両陛下が通過されたとき、笑顔で挨拶され通り過ぎていかれました。大学時代カウンセラーとしてこども達と遊び、カウンセラー仲間と出会い、沢山の事を経験し、今またこうして1期生35人中12人が出席させていただき、我々カウンセラーにとって感慨深い・思いでに残る50周年記念イベントとなりました。

                

          (早いもので5 ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/05/25 7:25

紫陽花の花が咲き始め、いよいよ入梅を予感させる季節になって来ました。小さい頃雨のしずくが紫陽花の花と葉にポツリと球状に乗っているそばをカタツムリがゆっくりと歩いている光景をよく見かけたものですが、今はどうでしょう?真剣に見たことはありませんが、カタツムリ自体の存在はあるのでしょうか?あまり見たことはありません。

その日は朝からかなりの行動力でその日にやるべき事をほぼやり遂げました。管理組合の自転車の整理・整頓、敷地内の清掃を約1時間掛けて60名の住人が参加して、あっという間に終了し、お墓参りへ。全くと言って良いほど誰も霊園にはおりませんでした。しかし霊園の周りではウォーキングラリーでしょうか?歩け歩け大会でしょうか?多くの人々が黙々と歩いていました。やや遅めの昼食をとり、バッグの修理にショップへ行くと見積もり金額があまりに高いのでペンディング、めがねを点検し、月例で入賞したという同伴者からの連絡で、副賞を頂きに定例場所へ、受付の女性が『おめでとうございます』と商品を授与してくれました。そうだこの時間帯はパンが焼きあがる時間と思い、予約の電話をするとずばりその通り、熱々で今にも形が崩れんばかりの柔らかさ、やさしく抱いて車の座席へそっと置く。帰り道、魔法水とソフトクリームを買って帰宅し、テレビを見ながらグイグイ、チビチビ、そのうちその日の朝がかなり早い起床の為居眠りを・・・その夜は夕食もとらずスヤスヤと・・・・・・その見返りで次の朝は午前1時に起床、そのまま作業開始・・・充実した朝でした。

               

         (見事!見事!何でしょう?)                  (綿飴のような!ぼんぼんのよ ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2015/05/18 7:15

朝靄の向こうに薄っすらと朝陽が輝き始め、小鳥たちの囀りも聞こえだし、窓を開けると心地よい、ひんやりした風がすうっと入ってきました。久しぶりのゆったりとした目覚めで外を眺めていると、なんとも表現しがたい素晴らしい環境の雰囲気に呑み込まれてしまいました。仕事のない休みの朝、しかも都会を離れ、癒しの地での朝をどう過ごそうか?迷った挙句に朝一番の魔法水を1杯頂く事に。するとほんわりした気分の中で2杯,3杯と順調に進んでいく。すっかり太陽が顔を出す頃には自分も太陽の如くサンサンと輝いた顔色と心になっていました。日々楽しみながら生きていく、正にその瞬間を強く感じるひと時でした。

               

         (まだあたりは朝靄に・・・)                    (朝陽が昇り、緑が眩しく・・・)

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。