館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2017/04/24 7:38

晴天に恵まれた日、雑用で熱海に出かけることになりました。今回の路線はロマンスカーで小田原に行き、そこからJRに乗り換え熱海まで行くルートで、”スーパーはこね”で新宿を出発すると次はもう小田原です。約1時間の電車の旅で小田急線も満員でしたがJRに乗り換えても席はほぼ満員でしたが、運よく座ることが出来、窓から眺める海はべた凪ぎで、波がとまっているような穏やかさ、すぐトンネルに入ったり、出たりの繰り返しの場所があります。駅についても乗ってくる人は殆ど有りません。少しづつ降りていき、熱海に着くころには、かなりすいてきました。この時間になるともう殆どの人達が目的地に行っているのかもしれません、天気も良いし・・・用事が終わった後、どう過ごすか考えてみましたが、前回は終えると同時に昼食をとりそのままUターンしてしまいましたが、今回はどうしよう?・・・・今回も約1時間で用事が済み、昼食をと思っていましたが、丁度12時に差し掛かってしまったので、何処の店も列ができており、並んでまで食べたくないので、今日食そうと思っていた店もやめてビルの中の食堂で魔法水とそばを食しましたが、味気ない昼食でした。しばし駅前の足湯のそばで休息し、名物の2種類のみかんを購入し,朝来たと同じルートで帰路につきました。車窓から見る海は朝と同じくらいべた凪ぎで釣をしている真っ白な船が何ともいえない雰囲気を作り上げており、眺めに見とれてしまい、加山雄三さんの”光進丸”を思い出

しながら約10時間の慌しい散策?の旅の終わりとなりました。

投稿者: 投稿日: 2017/04/13 7:27

午後のある時間にホームに一輌の電車が止まりました。行き先には貸切と書かれています。乗車する客は約30名で車内の吊革の横棒には満開の桜の花やちょうちんが、綺麗に飾られている車内は春真っ只中の雰囲気です。やがて予定時刻になると電車は静かにすべり出しました。まず1番目の駅に着くと扉は閉まったまま、乗車できないのでお客さんが怪訝そうな顔で車内を覗き込んでいますが、発車の合図とともに電車が走り出すと何となく納得した様子で手を振る人もいました。今日は満開の予想が出ていたので、都内有名な花見見物場所は人・人・人・・・・車窓からの眺めもまた違った感覚で見物することが出来ました。予定の1時間はあっという間に過ぎてしまい下車するとその電車は走りだしました。早い夕食と懇談会の会場である店に入ると『あら久しぶり』と1人の女性が声を掛けてきました。すぐに私はその女性のことは解りました、何と20年前くらい前によく言っていた店の女性で、その当時とあんまり変わっていませんでした。でも良く覚えていてくれたという事は嬉しい気分でした。何とも奇遇な、変わった楽しい想い出に残る桜見物の1日でした。

 

投稿者: 投稿日: 2017/04/05 7:34

各地で桜の花も咲き出し、まだ満開とまでもいかない状態ですが花見客も増えてきている様子、そこで都内の公園に花見に出かけました。ウィークデーでもあり、公園内は幼稚園児・保育園児・ママ友達が多く、男性の姿はあまり見ることは出来ません。それでも桜の下のベンチは既にブルーシートに覆われ夜桜見物なのでしょうかその場所には人の姿は有りません。桜の木の下は子供たちのシートがひかれているので、ちょっと離れた場所からやや遠めの桜見物をしました。まだちょっと風が吹くと肌寒く、風が止むとポカポカ陽気で、春の暖かさを感じることが出来ました。何処へ行っても魔法水は美味しいもので、ついついピッチが上がってしまいます。顔の色もピンクを通り越し、八重桜色を通り越し、真っ赤になったところで花見を終了しました。

投稿者: 投稿日: 2017/03/26 13:47

お彼岸のお墓参りにいけなかったので、今日行くことにしました。墓地のエリアには、殆どの墓前には綺麗な花が飾られていましたが、我が家も含めて何基かはちょっぴり寂しい雰囲気でした。その替わりいつもの花の1.5倍を購入し結構賑わいを呈しました。太陽が顔を覗かせているものの、風が冷たくまだ春はそこまで来てはいないような陽気でした。しかし良く回りを見回して見ると桜の花もややピンクがかっており、いつでも開花できる状態にも見えます。魔法水を供え私も頂き、暫し会話をした後、以前良く利用したことのある蕎麦やでお昼をとり、そこで伝統の冷日本水で蕎麦を食し、少し遅れたお彼岸のお墓参りを無事済ませて、ほっと一息つきました。

投稿者: 投稿日: 2017/03/22 7:28

気温が上昇しもう春が手の届く所にやってきた日に、”海が俺を呼んでいる”と聞こえた様な?聞こえないような?・・・ロマンスカーに乗り一路江の島へ・・・・今回のロマンスカーは前6両は箱根湯本行き後4両は片瀬江ノ島行き、結構車内は満員状態でした。この気温になると魔法水とのギャップは薄まり何の抵抗もなくグビィグビィと体内に吸収されていきました。(こんな早い時間なのに・・・)停車駅毎に人が乗車してきて、本当の満席になりました。天気予報では暖かいといわれていましたが、片瀬江ノ島駅に着くとそれほどでもなく長袖を着ていた事は正解でした。いつもの場所に座るとちょっぴり眠くなり30分ほど仮眠してから久しぶりに江の島を一周しました。(エスカーには乗らず・・・)そして遊覧船に乗り海風を肌に感じちょっぴり波飛沫を顔に浴び、あっという間の船旅も終わり、定期バスを待っていると橋が大渋滞のため1時間程バスの到着が遅れやっと到着したものの、鎌倉大仏まで、鎌倉山も大渋滞、最後の鎌倉駅までも到着に大分時間が掛かりました。今日は良くいく店ではなく、2番目のカツやに行き、肉と魚介を食しました。小町通りを散策しようと思いましたがあまりの混雑で散策を取りやめ老舗の和菓子屋でちょっぴりお土産を買い新宿湘南ラインに乗りましたが、グリーン車はまだ良かったのですが、普通車は超満員の状態でした。やはり春になると人出が多くなり、歩行すら思い通りには行きませんでした。道行く人の身のこなし方も軽やかになり、歩き方も何処となく早く感じた、春模様の江の島・鎌倉散策の旅も終わりになりました。

投稿者: 投稿日: 2017/03/06 7:31

ちょっとしたことがきっかけで、今迄もこの時期になると話題になる”河津桜”を見たいと思いすかさず出かけることにしました。熱海までは結構行きますが今まで一度も見たことのない桜を1回は見るべきと判断し即実行。駅のホームには人が溢れなかなか前に進む事が出来ません。かなりの人手ではあったがちょっと嫌な予感があり時期が遅いのではと思いました。駅前の河津桜が葉桜化していた事でした。川辺に行くまでの道の片側には桜海老・みかん・秋刀魚・お茶等沢山の名産品が並べられ販売員の声が飛び交っていました。反対側は菜の花と桜のコラボが立ち並んでいました。遠目には桜の葉もそれ程目立たないのでまあまあの景色でした。そこでも魔法水を買い、川の流れを眺め、桜や菜の花を眺めそう長くない時間ではありましたが、どっぷりとはじめての景色を鑑賞しました。ゆっくり座って時を過ごす場所もないので約1時間半でそこを後にし、スーパー踊り子に乗り、そこで余韻の花見を頭に浮かべ、たくさん魔法水を頂き”徳さん”状態になり、(隣にりっちゃんはいませんが)あまりありえないスケジュールで多分最初で最後の河津桜見物散策の旅としての想い出作りになりました。

投稿者: 投稿日: 2017/02/20 6:35

寒気が押し寄せて来た日でもありましたが、ちょっと遠出の散策に出掛けてみることにしました。いつもはロマンスカーで江の島に行き、そこから路線バスで鎌倉に行くルートですが、まだ海岸は寒く長くいることは出来ないだろうと考え、直接鎌倉に行くことにしました。湘南新宿ラインに乗りましたが車内は大変混雑しており、辛うじて1席確保することが出来ました。あえて今回は駅で魔法水を買わず乗車しましたが、車内販売に声をかけられてしまったので1本買いました。すると上手い具合に頃合を見計らってまた車内販売の女性が見えてもう1本買ってしまいました。目的地に向うほど下車していく人の数が増え、大船を過ぎる頃には半分になってしまい、鎌倉に到着するとこの車両の全員が下車してしまいました。駅前は大変な混雑で特に今日は着物姿の若い女性が目に付きました。寒気の予報ははずれ、ポカポカ陽気になったせいかもしれません。小町通りを少し歩いてから右折し、鶴岡八幡宮への道も人・人・人・・・いつもの鰻やはお昼前だったので空いていましたが、瞬く間に満員となりもう外は列が出来始めました。先ずは魔法水を飲み続いて日本古来・伝統の熱い名水を飲みよい気分で待望の鰻を・・・食したかったので美味しいこと、美味しいこと・・・・大満足をし、店を出て歩いていくと1人の男性が声を掛けてきました。『失礼ですが以前Sに勤務されていらっしゃいませんでしたか?』『はい、勤務していましたが』『矢張りそうでしたか、歩いていてずっとそう思っておりました』私が『どの時代のそのセクションの時でしたか?』『外商事業部の時です』と。『私は12Gの部長をやっていましたが、その時ですか?』と尋ねると『はい、自分は4GのK部長の下で働いていました』『失礼ですがお名前は?』と尋ねて聞いても私には全くわかりませんでした。でも私の顔を覚えておいてくれ、鎌倉の地で声を掛けてくれてビックリはしましたが、嬉しくもありました。当時の事を暫しの間回顧し何事もなかったかのように二人はその場を離れて行きました。これも鶴岡八幡宮の導きだったのでしょうか?

ちょっと想い出に残る散策の旅でした。

投稿者: 投稿日: 2017/02/16 7:49

久しぶりに温泉地熱海に所用ではなく、息抜き散策に出かけると本当に人の多いのにはビックリしました。先日テレビ報道で箱根エリアが寒く、雪混じりの事も有りそのエリアを回避して熱海まで下りてくるので、とても賑わっているとの事でした。冬場の海は透きとおって、夏とは違う色をしており、空気が乾燥し寒気が流れ込んでいるので、澄み切っておりはるか伊豆七島まで良く見る事ができました。温泉地はやや高齢者が多いのかと思うとそうでもなく、若いグループも多く見ることが出来ます。お宮の松の公園に1人の初老の男性が座り、海を眺めている姿はかっこいいものですが、もし私がそこに座っていたら、その人との違いは魔法水があるかなしかではないかと思いますが、良いのやら?悪いのやら?・・・・・全く心の中から日常業務・日常思考が消えてしまった束の間の休息散策?の旅でした。

 

投稿者: 投稿日: 2017/01/30 7:50

ある集まりの新年会があり、昨年に続き出席致しました。趣味の集まりですが、幹部の方の話によると、一時期は1つのグループで何百人、何千人もの会員が登録されており、活動されていたそうですが、此処にも超高齢化の波が押し寄せて今では何人くらいしかメンバー登録されていないという激変ぶりに驚かされました。協会幹部にも小・中・高校への招待参加の促進や無料チケットの配布等若い人達にも参加をして欲しいという願望はあるものの、なかなか実行できてはいない」うです。確かに支部・本部主催の大会を見ても1人として若い人が演じている姿を見ることはありません。60代が若手になってしまっています。でも私の参加?している会は最近ある人の尽力により若手の男女が会に参加しているのを見ると珍しい光景で皆さん喜ばれています。今後支部・本部の大会に小・中・高校の部、子供の部等が出現する日が来ると良いとつくづく新年会が進むにつれて思いが強くなり、深くなっていきました。

投稿者: 投稿日: 2016/12/19 7:57

ポカポカ陽気でお出掛け日和という事で久しぶりに秩父宮に行こうか?江の島に行こうか?迷いましたが、ラグビー観戦を選択しました。今日の試合はジャパンラグビートップリーグ キャノンイーグルスVSNECグリーンロケッツ パナソニックワイルドナイツVSリコーブラックラムズの2試合です。第1試合のキックオフが11時30分という事で11時に秩父宮につくとゲート内は人・人・人・・・社会人の試合がこんなに混雑していたのは随分久しぶりのような気が致しました。バックスタンドに行くと席は結構一杯でいつもの場所よりもやや中段以上の場所に座りました。前のほうの席はキャノンの関係者とNECの関係者で埋め尽くされており、それぞれの応援グッズで応援練習をしていました。キャノンの15番フルバックと10番スタンド・オフの上手さに相手チームは翻弄され大差の勝利でした。第2試合は前半は互角の勝負でしたが、ここぞという時のジャパンを有しているパナソニックの攻撃力は見事なもので、確実にトライを奪うものでした。またその後を含め10番の正確なキックは成功率100%で確実に加点していきました。2試合とも結構な人が観戦していたのは陽気のせいだけではないのかもしれません。

この時期のこの暖かさで魔法水も美味しく、つまみも美味しく、清々しい、楽しいラグビー観戦となりました。

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。