館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2017/06/24 15:48

今回の散策は前回の願い通り宿泊散策になりました。当日の午後までにやるべき事があるので、目一杯動き回り夜ゆっくりと過ごす事を楽しみにロマンスカーに乗車すると平日の朝にも関わらず車内は満員状態になっていました。前回は”有名なアジフライを食したので、今回は何にしようかとグルメ情報誌で下調べしましたが決まりません。そんな事を考えていると定刻どおりロマンスカーは静かに走りだしました。小田原で下車しましたが、多くの人達は箱根湯本まで乗って行き、下車する人はそんなに多くはありません。東海道線に乗り換えて熱海まで行きますが、車窓からの空はどんよりし、時たま太陽が顔を出しますが、またすぐ顔を隠してしまいましたが、熱海に着くと太陽が前回でした。約2時間程で所用を済ませ、遅い昼食をとるべくどの店に入ろうか歩いていると、1軒の蕎麦やが眼にはいりそこに入ることに決めました。やっと魔法水にありつけ天ざるを注文してんぷらをつまみにあっという間に、魔法水も終わってしまいました。お昼は此処までに「して、宿泊予定のホテルの送迎バスに乗り、ややチェックインには早かったものの、到着しました。屋上露天風呂にはいり、部屋の浴室からのオーシャンビューのお風呂にもはいり、夕食では3種類の魔法水で早々に終わり、部屋でゆっくりと過ごし泊まり散策の旅の1日目が終わりました。翌朝起きると熱海ビーチライン沿いの道路は灯りがともり、その明かりが海に映えてきらきら輝いていました。早朝から3回も入浴し朝食を済まし、用事のため市役所まで出向き、ちょっと開店まで早かったのですが、有名な”K”で夢ちらしを食しました。終えて外に出ると残念ながら雨がしとしと降ってきたので、東海道線にのり、小田原からロマンスカーで帰路につきました。しかし湯河原・真鶴と進むうちに空はうっすら明るくなってきました。今回こういう機会を見出したのは、ちょっと人生を振り返ってみて、今迄どうだったのか?と確認したくなりました。その時点になってやることもありますし、やや先行投資的にその時点よりも早くやらなければ、そのこと自体が消滅してしまう事もあると判断したことです。良かったか?悪かったかは、時間の経過とともに分かってくることがあるので、その時点がくるまで、体とこころを全開にして、前へ、前へと進んでいこうと再確認した”文 ... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2017/06/15 7:50

梅雨の合間の晴れ予想のためすぐさま散策へ!梅雨入りになったものの都心が良いか、郊外が良いか迷いに迷った挙句、今日もロマンスカーで・・・梅雨で海開き前で、ロマンスカーはガラガラ!でも江の島に近くなるほど乗客が増えてきました。久々の魔法水がとても良い気分に!いつも帰りに購入する乾杯セットをすぐに求めてしまいました。(夕・朝逆転!)窓からちょっぴり陽が射してきたかと思うとまた雲に隠れてしまいました。今日はオレンジペンギンポロシャツを着込んで明るく過ごそうと思っていました。晴れイコール海の方程式は変わらず海はやっぱり素晴らしいです。そうしているうちにロマンスカーは片瀬江ノ島駅に到着しました。さていよいよ今日の湘南江の島・鎌倉の散策の旅のスタートです。少しずつ陽が射してき、いつもの場所に腰をおろし海を眺めていると早起きのためかうとうと眠ってしまいました。1時間ぐらいして眼が覚めたので、路線バスに乗り、鎌倉へ!相変わらず大仏周辺は大変な混雑でそのほかの場所はスイスイ、でも鎌倉駅に近づくと大混雑。今日の目的は”うなぎ”を食す事なので早速いつもの店に、やや混雑もすぐに席に着け魔法水と共に美味しい”うなぎ”を食することが出来ましたので今日は小町通りにも行かず、早目の帰路に着きました。

 

投稿者: 投稿日: 2017/06/07 7:36

西の方から梅雨入り宣言がなされ、当分うっとおしい天気が続く前に散策に出掛けました。高速はやや混雑していたものの、目的地に着くころには車の台数も大分少なくなってきました。到着した場所は鬱蒼と緑の樹木に囲まれた避暑地の雰囲気漂うそんな風景が広がっています。新緑がとても綺麗で気温もそんな高くなく、心地よいそよ風が肌を撫でていきます。でも陽射しはやや強く自分にとっては最高でした。池の中にまるで彫刻かのように一羽の”さぎ”?がじっと佇んでおり、口ばしから水を噴くと噴水と間違ってしまうくらい動きません。でも一瞬首を垂れたので間違いなく生き物です。山の中からは小鳥の囀りが聞こえてきて、暫し散策に集中できました。魔法水は喉を湿らし、胃を潤ませ、ふっと吐く息に幸せ感が漂います。一杯があっという間になくなってしまったので、すかさずもう一杯に取り掛かりました。この水が体の中に染み渡る頃は、最高の気分となり、軽やかに散策することが出来た喜びを心と体に刻み込み梅雨入り前の散策の幕を閉じましたが、梅雨の散策は好きではないので次回は梅雨の合間の散策の日を設定しなければなりません・・・

投稿者: 投稿日: 2017/05/29 6:48

昨年の5月28日(土)こどもの国カウンセラー1期生が集まりそれから364日ぶりにまた同じレストランに同じ時刻に集まりました。今回は女性4名・男性9名の13名が集結しました。その中で男女1名ずつが40年ぶりの再会のため最初は解りませんでした。しかしだんだん昔のイメージがわいてきて、確認することができました。この会は30分経つと席を移動しますが、今回は男性が2席移動して違う女性の隣に座ります。30分間は話しに花が咲きあっという間に時が過ぎてしまいます。でも話の内容は病気・薬・孫の事が圧倒的に多いです。時たまカウンセラー時代のちょっぴり恋愛じみた話しも出てきます。今回病気や怪我で魔法水を止められノン・魔法水を呑んでいましたが気の毒な気持ちになりましたが、自分はグイグイ飲めることに感謝してますが、日頃から自己管理はしっかりとやっています。そして終演近くになると麻雀をやりたいと申し出があり、新橋駅近くの雀荘に行きましたが、殆ど女性4人組だった事、部屋が明るく綺麗だった事、従業員も若い女性だった事に驚きを感じました。パーティーと麻雀で楽しい時間を過ごすことができました。次回の開催まで365日です。

投稿者: 投稿日: 2017/05/22 6:49

夏日を彷彿させる今日、ちょっとの用事で熱海へ出発!新宿駅はロマンスカーの乗客で溢れかえっています。特に今日みたいな日は江の島行きは結構な人です。今回は泊まりで行きたかったのですが、休みを取れずまた日帰り、いつも熱海の滞在時間は本当に僅かで、あれもやろう!これもやろう!とするけれど常に帰りの時間も気になってしまい気がつくと、熱海駅まで戻ってしまいます。今日は一応用事が終わり次第、昼食をとる店、すこしリフレッシュするエリアも考えたスケジュールにしました。しかしいつもスそのケジュールも現地に行くと変ってしまい、結果として何もしないで帰ってくることが多いのです。乗車したロマンスカーは箱根湯行きなので、ハイキング姿の人、大きなキャリーケースをひっつぱっている人、若いカップル、多種多様です。小田原で乗り換え、熱海に着くとそこは真夏、いつもより早い時間についたので駅前はそれ程の混雑ではないものの、それでも人は多いです。1時間半でやるべき事を済ませ、熱海ふらっと散策に紹介されている【海の御食事処水槽で泳いでいるアジを調理します!!】を目指し歩いていくとその店は海の目の前、ベストポジション!席に着き先ずは魔法水を立て続けに2杯飲みお目当ての【アジフライ】を注文し食してみると”うんちょっと柔らかい” ”そうか今迄泳いでいたからか?” ”ちょっと期待はずれ!” ”矢張りアジフライは腰越か?” でもこれが本来のものかもしれないし???

店を後にして、お宮の松へ 初代お宮の松の切り株が展示されており、隣には現役のお宮の松が植えられており、サンビーチで太陽を戯れ、暫しリフレッシュタイム。そしてくたびれたので熱海駅までバスに乗り、いつもの果物やで”黄金柑”を購入し、小田原駅からロマンスカーに乗り早速【乾杯セット】を注文し、良い気分のうち、今日の半日の散策の旅の終わりとなりました。

投稿者: 投稿日: 2017/05/18 8:03

快晴・無風の荒川河川に散策に出かけてみると、あまりの天気の良さに多くの人達が集まっていました。土手には覆い茂った雑草をエンジンも高らかに刈取車?が何回も往復していましたが通過した後は見事に平地化され今迄とは嘘のように綺麗になりました。川岸側にはキジが大きな声を出し、縄張りを知らしめているのかもしれません。近くにいるカラスを凝視し動こうともしていません。気温はそれほど高くはないのですが、額には薄っすらと汗がにじんできました。これからはまさに散策の季節になり、益々薄着で歩き回ることができ、夏へと移っていくのが楽しみです。ここ2ヶ月合う事ができなかった仲間とも合う事ができ、次回の散策を取り交わし束の間のリフレッシュを体全体で味わうことができました。

投稿者: 投稿日: 2017/05/15 7:56

今年の母の日は休みだったので、霊園に出かけました。人は皆無でシーンとしていましたが、やがてお母さんと小学生の低学年と思われる女の子がやってきました。うちの墓石の後を通る時2人とも『こんにちは』と声を掛けてくれました。母の日でもあり母の好きなバナナ・いちご・豆大福を近くの道の駅で購入し供えました。また家でも好きなものを供えましたが、本当はマグロの赤身がいいのでしょうが、供えることができないので、今晩でもねぎトロ巻きか鉄火巻きを買って供えようと思います。母の日には決まってカーネーションをプレゼントしていましたが晩年は、『もういいよ』といっていましたが、それでも嬉しそうな顔をしていました。何処かへ出かけることがあまり好きではなかったので殆ど家でお祝いをしていました。あれから8年の歳月が流れてしまいました。8年前のこの日は思いの深い1日でした・・・・・・・

毎月とはちょっと違った感覚のお墓参りでした。

投稿者: 投稿日: 2017/05/13 8:11

何十年ぶりに大学の友人と再会しました。あの当時の顔しか描いていないので、会っても判るかどおかという気持ちでしたが、改札口を出てきた途端すぐ判りました。やや体が小さくなり、髪の毛が薄くなってはいるものの、そう変わりはありませんでした。高倉健さんをこよなく愛し、網走番外地が上映されるとすぐ坊主頭になってしまいます。当時は坊主頭はあまり見られませんでしたが・・・話しは勿論ラグビー部当時のことがメインになり、次から次へと友達の名前が出てくるは出てくるは、意外と忘れていないものでした。初勝利の時の大学祭のキャンプファイヤーでそのことをマイクで告げてくれると、大はしゃぎになり拍手と万歳がいつまでも鳴り止みませんでした。2人で部室に行き泣きじゃくったこと、あとは記憶に残っていなかったことを聞きましたが、まだ自分はしっかりしていたんだと思いました。でも翌日友達の両脇は指だか手だかのあとがくっきりと残っていたということは、如何に強く抱き合ったかが伺えます。学生寮の床が抜けているような部屋で麻雀を良くやり、まだ足らないと授業中に呼び出され雀荘で続きもしたものでした。殆どの人が初心者だったため点数計算のできる私は重宝がられました。関東甲信越の大会・台湾遠征・大宮の飲み屋街の事等々その日だけでは語り尽くせないので、次回はあと2人を呼んで当時を再現をする事を約束し、次回の楽しみを胸に秘め別れました。とても楽しいひとときでした。

投稿者: 投稿日: 2017/05/05 7:48

快晴の日に久しぶりにプロ野球観戦に神宮球場に出かけました。外苑前駅に着くと電車が着く度に大勢の人が長蛇の列を作って神宮球場へ向います。いつも秩父宮ラグビー場に行くときに寄るコンビには満員、素通りして球場に着くと人・人・人

試合開始30分前に席に着くと廻りは飲み、食いの宴会状態、我々も負けじとグイ・グイ、13時の試合開始にはフィールドが霞んで見えるほど、水分補給が進んでいました。試合は見ているものの口からは相変わらず魔法水が流れ込んでいきました。主催チームの完敗が見えてきたので最終回を待たず球場を後にしました。この日の入場者は3万人強で満員、次回は交流戦になりそうな気配でした。

投稿者: 投稿日: 2017/04/24 7:38

晴天に恵まれた日、雑用で熱海に出かけることになりました。今回の路線はロマンスカーで小田原に行き、そこからJRに乗り換え熱海まで行くルートで、”スーパーはこね”で新宿を出発すると次はもう小田原です。約1時間の電車の旅で小田急線も満員でしたがJRに乗り換えても席はほぼ満員でしたが、運よく座ることが出来、窓から眺める海はべた凪ぎで、波がとまっているような穏やかさ、すぐトンネルに入ったり、出たりの繰り返しの場所があります。駅についても乗ってくる人は殆ど有りません。少しづつ降りていき、熱海に着くころには、かなりすいてきました。この時間になるともう殆どの人達が目的地に行っているのかもしれません、天気も良いし・・・用事が終わった後、どう過ごすか考えてみましたが、前回は終えると同時に昼食をとりそのままUターンしてしまいましたが、今回はどうしよう?・・・・今回も約1時間で用事が済み、昼食をと思っていましたが、丁度12時に差し掛かってしまったので、何処の店も列ができており、並んでまで食べたくないので、今日食そうと思っていた店もやめてビルの中の食堂で魔法水とそばを食しましたが、味気ない昼食でした。しばし駅前の足湯のそばで休息し、名物の2種類のみかんを購入し,朝来たと同じルートで帰路につきました。車窓から見る海は朝と同じくらいべた凪ぎで釣をしている真っ白な船が何ともいえない雰囲気を作り上げており、眺めに見とれてしまい、加山雄三さんの”光進丸”を思い出

しながら約10時間の慌しい散策?の旅の終わりとなりました。

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。