館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2019/07/15 10:03

海開きを控えた連休もまたしてもどんよりした曇り空や時折小雨が降る最悪の休日にも拘わらず、多くの人達が出かけてくる熱海、今躍起になって湯河原、伊東、その周辺の観光地は人が多く来るような対策を練って、実行しているそうです。でも同じ電車からは早川・真鶴・湯河原でそんなに多くの人ではないけれど、下車していきます。これではいけないのでしょうが・・・

海岸は既に泳いでいる人も何人かいたり、特設バーべキュー場には多くの若者で盛り上がっていました。今日も海岸にはいけないのでグルメコースに変更して(そんな豪華なものは食べません、ごく一般的なものですが・・・)魔法水とともに美味しく頂きました。

投稿者: 投稿日: 2019/07/06 8:06

梅雨とは言うものの毎日、雨・曇りの天気ばかり続くと心もうんざりしてしまいます。このようなことは我慢しなくてはならないことですが・・・毎年何処かの地域を直撃する大雨も大きな被害を撒き散らし、多くの人・物が犠牲になっています。昨年の被害地が立ち直る前にまたしても起こってしまいます。地域にはそれぞれの問題・課題がありますが、毎年同じような被害が起こることが想定できても、解決できる手段・対策が見出せないのでしょうか?勿論何もしていないわけではないのですが・・・

天災がそれを上回って襲い掛かってくるのです。このような被害が起こらないよう、念じているだけでは駄目なのですが・・・

投稿者: 投稿日: 2019/06/12 12:54

リフレッシュタイムを求めて、海に出かけたけれども入梅となり、どんより、むしむしした日となり海とは直面できる雰囲気ではありませんでした。やっと初島が見えるだけで行き来する船もはっきりその姿を見ることが出来ません。それでも雨には降られず、室内に引き篭もっていたので、ある意味リフレッシュ出来たのではなかったのかと思います。天候に関係なく、すすむのは魔法水でいつものパターンが実行出来ました。ロマンスカーの乾杯セットは欠かすことの出来ない嬉しさがあり、心の中がうきうきします。次回はからっと晴れた海と対面したいと思っていますが、梅雨明けではないと難しいかもしれません・・・

でも次は期待しています。

投稿者: 投稿日: 2019/05/27 7:57

何年ぶりかの伊香保温泉に行きました。何十年も前に泊まった”たぬきの出る宿”のHホテルを訪ねてみると玄関は閉ざされて、営業はされていませんでした。そこから5~6分歩いたところに源泉の露天風呂があり、そこを訪ねてみましたが、最初行った時は入り口が男女別で中に入ると池のような露天風呂は混浴でした。その当時朝一番で散歩の帰りに寄ってみて初めて混浴である事を知りましたが、早いので誰も入浴者は居ず、1人でゆっくりと入浴しました。榛名湖畔に行き、小学校の林間学校で泊まった富士屋旅館も姿や名前を変えてモダンな建物に変わっていました。何十年も前の事が頭の中を過ぎり想い出に浸った素晴らしい旅となりました。

投稿者: 投稿日: 2019/05/13 7:55

快晴の日曜日の母の日、お墓参りに出かけました。霊園に着くと無風で青空が広がり、清々しい陽気の中を墓石の掃除、草むしりをし綺麗になったところで、お供物、献花(勿論カーネーション)で7飾り、好きだった煙草を1人5本ずつ火をつけ、ビールを注ぎ、私もビールで乾杯し、暫し寛ぎました。やや風が出てきましたが、スッキリした気持ちになり、霊園を後にし昼食へ向かいました。いろいろ悩んだ挙句決まったところは、お好み焼き、結構食べて、飲んでしまいました。先月は交通渋滞で途中で諦めてしまい、お参りすることは出来ませんでしたので、今日来られて良かったと思いました。来月は予定が組めているので安心。1ヶ月あくとちょっと違った感覚・気持ちになるものです。

投稿者: 投稿日: 2019/05/10 8:03

ゴールデンウィーク最終日の新宿駅特急ロマンスカーのホームは人が疎ら、発車時間が近づいても、いつもの土曜・日曜・祝日とは違う人の少なさでした。ロマンスカーに乗車しても、団体・家族連れが少なく車内は静けさが漂っていました。久々なので駅構内で魔法水を頂き、車内ではいつもの乾杯セットで一路小田原へ向かいました。小田原から熱海へ・・・相変わらず駅前は人でごった返しており、どのレストランも食堂も昼食時間の為長蛇の列、空はどんより曇っていたので海へは行かず、室内でゆっくりと過ごす事にしました。日々の疲れ?の為かうとうと2時間昼寝をしてしまい、目が覚めると外は晴天でしたが、今から外出をするのもちょっと億劫なので、初島・大島・熱海城を眺めながら本格的に魔法水で一日を過ごすことにしました。次の日は早朝から快晴、ベタ凪ぎ、7時に海に出かけました。まずはヨットハーバーで一休み、一飲みしていると、初老の男性が『地元の人ですか?』訪ねてきたので『いいえ、違います』と。『お宮の松はどこですか?』と問われたので教えてあげました。それから海辺に近いベンチで横になり、それから熱海港・海釣場を散策し、熱海港から熱海行きのバスに乗り、お宮の松を通って今日の散策を終えました。

投稿者: 投稿日: 2019/02/27 7:48

ヨットハーバーで魔法水を飲んで休憩して、係留しているボート・ヨットの中で一番豪華な船を見ているとイコール光進丸を思い出し、出てくる歌は”光進丸”。日曜日なのに殆ど出航している船はなく、ベタ凪ぎなので揺れる事もなく静かに係留されています。その上をカモメの群れが飛び交っています。容姿も忘れ、年齢も忘れただ若大将=加山雄三さんになりきってしまっていることが怖い!私も小型船舶操縦士の免許を持っているので船長なのに!違う事は○○と○○と○○と○○がないだけ!目の前には初島・大島がよく見える、船はかっこいいし、憧れるもの、だから海=船=男なのでしょうか?後僅かでその舞台となる夏がやってきます。

投稿者: 投稿日: 2019/02/27 7:48

ヨットハーバーで魔法水を飲んで休憩して、係留しているボート・ヨットの中で一番豪華な船を見ているとイコール光進丸を思い出し、出てくる歌は”光進丸”。日曜日なのに殆ど出航している船はなく、ベタ凪ぎなので揺れる事もなく静かに係留されています。その上をカモメの群れが飛び交っています。容姿も忘れ、年齢も忘れただ若大将=加山雄三さんになりきってしまっていることが怖い!私も小型船舶操縦士の免許を持っているので船長なのに!違う事は○○と○○と○○と○○がないだけ!目の前には初島・大島がよく見える、船はかっこいいし、憧れるもの、だから海=船=男なのでしょうか?後僅かでその舞台となる夏がやってきます。

投稿者: 投稿日: 2019/02/22 7:34

今日も糸川遊歩道の”日本一早咲き桜”を見にきましたが、情報入手の甘さで、既に全ての桜の樹は茶褐色化し、満開時期は通り過ぎてしまった後でした。早々に諦めてすぐ近くのヨットハーバーに行くと、この日は春の暖かさになり、多くの人たちがベンチに座りゆっくり海を眺めている姿があちこちで見られました。初島・大島の姿ははっきり確認することはできませんでしたが、ぼんやりとは見えました。海はベタ凪ぎ、今のこの様子だけから判断すると”春間じか”は間違いない日となりました。駅前も多くの人で賑わっているのはいつもの光景でした。

投稿者: 投稿日: 2019/02/18 8:09

ちょっと風が強くはあるものの快晴、お正月以来、もう1ヶ月半が経ってしまいました。霊園の墓地はやや高台に位置しているので、もっと風が強く、寒いかと思っていましたが、

逆に無風でポカポカ陽気となりました。丁度到着した時には、うちの目の前の墓地で13回忌の法要が営まれており暫らくの間車で待機しました。終了したのを見届けて、墓前に行き献花と供物を並べ暫しの墓前会話を楽しみました。霊園を後にして本日の昼食タイムになりましたが、インド料理がいいとのことで、家の近くのインド料理店に行きました。着いた時は1時なのでもう店内はすいていると思っていましたが、満席状態でも1コーナーが空いていたのですぐに座り、昼食にありつけました。その後近くの大学生が多数入店してきた為、なかなか料理が出ないで待っている人が多かったけれども、時間的にラッキーであった事を実感しました。

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。
アーカイブ
<2019年7月>
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910
月別の過去ログ
2019年11月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年2月
2019年1月
2018年11月
2018年10月
2018年8月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月