館長ブログ

名前: 作成日: 2009/07/29 18:53
こんにちは
投稿者: 投稿日: 2019/11/28 6:55

久しぶりに仕事が終わったその日に、熱海に向かうことに・・・台風の影響で散々な目にあった熱海も、復旧し少し間隔があいてしまったが、今回も次の日にロマンスカーで行こうと予約を入れていたが、天気予報もすぐれず、行くのが嫌になり、中止になるといけないので、今日の行動になりました。東京駅に着いたのは出発の10分前、三島行きに乗車すると乗車率は40%くらい、ところが品川駅に到着すると車内は満員となりました。新横浜では多少降りた人もあったものの、小田原駅では半数以上の人が降りて、車内はがらがらになってしまいました。殆どの人が通勤姿で観光客は殆ど見受けられませんでした、勿論夜ですから・・・熱海駅前はがらんとしており、早々に閉店しているところも多く、人気は有りませんでした。今回は全体的に暖かい陽気だったため多少汗ばんでしまいました。翌朝は霧雨が降っているが、波は穏やか、とりあえず路線バスで大型スパーに行って見ると特別セールなのか超満員、レジも長蛇の列、殆どが高齢者、何とも凄い光景です。

午前中は道路も渋滞していたが、午後になるとスイスイ・・・特に散策するところもないので、ちょっと早めの魔法水に取り掛かりました。リフレッシュタイム継続中・・・・・・

投稿者: 投稿日: 2019/11/04 8:17

ラグビーW杯が終わり、いよいよ国内ラグビーシーズン到来となった日、天気予報は曇り・雨・・・行くべきか、やめるべきか当日朝まで悩んでいたのは、全国高校ラグビー大会予選東京1区・2区準決勝4試合の観戦です。決行!!会場はまだ一度も行った事のない江戸川区陸上競技場、最寄の駅は東西線の西葛西駅に降りると改札口の外は殆ど男女の高校生と卒業生が待ち合わせでごった返していました。勿論父母会の人たちも大勢待っていました。空はどんよりした雲に覆われ昼頃から雨になるのではないかと心配・・・アクセスを調べると徒歩20分、バスも有るとの事であったが満員状態?高校生は仲間と逢うとすぐに会場に向かって歩き始めていました。どうしようかと交番に行って道順を尋ねるとかなり複雑でしたので、タクシー乗り場を教えて貰いそこにたどり着くと空車が一杯待機していました。運転手が『この競技場は団地の中に有るのでわかり

ずらいんです』と・・・一応帰りのバス停を教えてくれました。話しはW杯の事と今日の4試合の出場校を話していると会場に到着しましたが、ここも多くの人でごった返していました。一般席のメインスタンド側ハーフラインのところの屋根つきの席に座りました。第1試合の早稲田実業高VS狛江高のキックオフの時には太陽が顔を出し、最高の天気になりました。早稲田の実力は充分発揮されていましたが、狛江高のバックスの球まわしが遅く、止まってパスしているぐらい早稲田の防御が素晴らしく、早稲田の楽勝でノーサイド。第2試合は目黒学院高VS東京高戦、一進一退の点の取り合い、目黒のメンバーは3年生が少なく1・2年生の若いチームでしたが、前半はそこそこの試合展開、後半2トライ2ゴールをあげられて31点対21点になった時はこのまま試合終了かと思っていましたがその後、終了間際目黒がゴールポスト真下にトライ・ゴールをあげ3点差でノーサイドとなりました。今日の東京高には勝てない、3点差以上の点差があったゲームでした。残念な気持ちで後2試合の応援はせず、競技場を後にしました。

 

 

 

 

... 詳細...

投稿者: 投稿日: 2019/09/30 10:08

まだ紅葉には早いかもしれませんが、土曜日のマンスカーは満員、この時期は終点の箱根湯本駅までのる人が多く、小田原駅下車は殆どいません。隣の席は若い人でしたが下車する時に交わした一言、二言がとてもさわやかで良い気分でした。旅はちょっとしたこと、ちょっとした会話、ちょっとした雰囲気が素晴らしい旅となります。熱海駅はW杯で盛り上がっているかと思っていましたが、殆ど温泉気分で、すぐ近くでW杯が開催されているとは思えません。海辺を散策してからテレビを見るか?そのまま散策せず、キックオフまで待っているか考えましたが、後者を採ることにしました。結果良かったです!

投稿者: 投稿日: 2019/09/23 6:48

お彼岸入りをしたので、遊びをキャンセルしてお墓参りに出かけました。途中のいつも通る道路は渋滞、墓地に入る車の列です。そこを通り過ぎて霊園に行く前に立寄るコンビ二、道の駅も車が多く、人も一杯・・・生花を買おうと思っていたら1束しかなく、道の駅にも1束しか残っていないと思っていたら、バックヤードには倍の金額の生花がおいてあり、それを購入しました。霊園はお彼岸でもあり、臨時バスが2台待機していました。いつもとは違う霊園の賑わいで、いつもこのような人手であると良い雰囲気であるのにと思ってしまいました。もう一度お参りをし遅めの昼食をとりにレストランに向かいました。帰りの道路は混雑していなく、スムースに走る事が出来ました。

投稿者: 投稿日: 2019/08/28 6:54

8月も終わりになると、あれほどまでに賑わっていたサンビーチも指で数えることが出来るくらい、僅かな人たちが浜辺や海で遊んでいます。パラソルも殆どなく、自前のテントも僅か・・・監視員のアナウンスもあまり迫力はありません。最盛期は若いペアが多数見受けられましたが、今は家族連れとグループが大半を占めています。華々しさがありません。ヨットハーバーには魚が結構集まって来ていますが、このエリアは釣・花火・飛び込みは禁止となっているのもあるので、ゆうゆう泳いでいるのかも知れません。いつものポジションで海を見つめる事2時間、今日帰るので、あまり長くは海辺にいる事は出来ません。あの時の暑さで、バテバテになる事はありませんでした。たっぷりかいた汗を温泉で流し、時間が上手くあわなかったので、久々に駅弁幕の内を購入しゆったりと東海道線の旅となりました。

投稿者: 投稿日: 2019/08/12 8:06

3連休の真ん中の日、ちょっと早めのお墓参りに出かけると道路はそんなに混雑していませんでした。霊園も殆ど人の姿は見えず、前回お参されたままの状態で、花が枯れ周りには雑草が繁りちょっと寂しい風景でした。掃除をし、花を飾り、好きだった物を供え、待ちに待ったであろう煙草に火をつけ全て完了しお参りを済ませました。その場に佇んでいると汗が止め処もなく額を伝わって流れでてきます。少し日は過ぎていましたが誕生日の食事は、娘が食べログで選んだお蕎麦屋に行きましたが、丁度お昼時の為、混雑していたので本当は待つのはいやでしたが、今回は諦めて名前を書き、待つことにしました。てんぷら+ざる蕎麦を頼みましたが、海老天と椎茸は最高味でしたが、それにもましてジョッキーごと冷えていた中魔法水は格別の味でした。

投稿者: 投稿日: 2019/07/15 10:03

海開きを控えた連休もまたしてもどんよりした曇り空や時折小雨が降る最悪の休日にも拘わらず、多くの人達が出かけてくる熱海、今躍起になって湯河原、伊東、その周辺の観光地は人が多く来るような対策を練って、実行しているそうです。でも同じ電車からは早川・真鶴・湯河原でそんなに多くの人ではないけれど、下車していきます。これではいけないのでしょうが・・・

海岸は既に泳いでいる人も何人かいたり、特設バーべキュー場には多くの若者で盛り上がっていました。今日も海岸にはいけないのでグルメコースに変更して(そんな豪華なものは食べません、ごく一般的なものですが・・・)魔法水とともに美味しく頂きました。

投稿者: 投稿日: 2019/07/06 8:06

梅雨とは言うものの毎日、雨・曇りの天気ばかり続くと心もうんざりしてしまいます。このようなことは我慢しなくてはならないことですが・・・毎年何処かの地域を直撃する大雨も大きな被害を撒き散らし、多くの人・物が犠牲になっています。昨年の被害地が立ち直る前にまたしても起こってしまいます。地域にはそれぞれの問題・課題がありますが、毎年同じような被害が起こることが想定できても、解決できる手段・対策が見出せないのでしょうか?勿論何もしていないわけではないのですが・・・

天災がそれを上回って襲い掛かってくるのです。このような被害が起こらないよう、念じているだけでは駄目なのですが・・・

投稿者: 投稿日: 2019/06/12 12:54

リフレッシュタイムを求めて、海に出かけたけれども入梅となり、どんより、むしむしした日となり海とは直面できる雰囲気ではありませんでした。やっと初島が見えるだけで行き来する船もはっきりその姿を見ることが出来ません。それでも雨には降られず、室内に引き篭もっていたので、ある意味リフレッシュ出来たのではなかったのかと思います。天候に関係なく、すすむのは魔法水でいつものパターンが実行出来ました。ロマンスカーの乾杯セットは欠かすことの出来ない嬉しさがあり、心の中がうきうきします。次回はからっと晴れた海と対面したいと思っていますが、梅雨明けではないと難しいかもしれません・・・

でも次は期待しています。

投稿者: 投稿日: 2019/05/27 7:57

何年ぶりかの伊香保温泉に行きました。何十年も前に泊まった”たぬきの出る宿”のHホテルを訪ねてみると玄関は閉ざされて、営業はされていませんでした。そこから5~6分歩いたところに源泉の露天風呂があり、そこを訪ねてみましたが、最初行った時は入り口が男女別で中に入ると池のような露天風呂は混浴でした。その当時朝一番で散歩の帰りに寄ってみて初めて混浴である事を知りましたが、早いので誰も入浴者は居ず、1人でゆっくりと入浴しました。榛名湖畔に行き、小学校の林間学校で泊まった富士屋旅館も姿や名前を変えてモダンな建物に変わっていました。何十年も前の事が頭の中を過ぎり想い出に浸った素晴らしい旅となりました。

このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。
アーカイブ
<2019年11月>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567
月別の過去ログ
2019年11月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年2月
2019年1月
2018年11月
2018年10月
2018年8月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月