館長ブログ

01 06

投稿者:
2016/01/06 6:11

寒さを感じさせない、穏やかな元旦、道路も空いていたし、青空が広がり遠く雪化粧をした富士山が姿を現し、奥多摩連山?秩父連山?も眺められる澄みきった空気と景色が何処までも続いていました。大晦日の余韻を感じさせる後が霊園に残されている道を進んでいくと何台かの車があり、元旦墓参りの人がぽつりと姿を現しました。料理と果物とお菓子と飲物をお供えし、近況報告をしていると、今迄風がなかったのに突然花が微妙に揺れ、近くの塔婆がカタカタと音を立て始めました。そして報告が終わり、お参りが済むと花の揺れも止み、塔婆の音もぴたりと止まりました。この一連の流れをそれぞれの者が思い思いに感じ、心の中にしまって、新年最初のお墓参りを済ませました。

 

Tags:
このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。