館長ブログ

08 20

投稿者:
2016/08/20 11:08

小雨まじりの朝、10時丁度スーパーあずさは松本に向って静かにホームをすべり出しました。30分前までは乗車する人の姿も少なかったのに、出発が近づくと車内は結構混んできました。以前別の用件で松本に何回か行くことはありましたが、今回は全く別件で行くことになりました。この集まりも毎年実施されていますが、行こうという気持ちにはなっても、何かにつけて実行することが出来ない要因が発生し実現しませんでした。しかし今回は早々に出席しようと決めていたのですが、19年ぶりの初参加です。松本城のすぐそばの場所が集いの場所がありますが、夕方からの開催となりますが、それまでどう時間をすごそうか思案しました。取りあえずは12時31分に到着するので、お昼を食べてから考えようと思いました。今年は何事に対しても積極的参加・チャレンジ・体験・悔いなしを心掛けていますので・・・・車内でうとうとしているうちに甲府を過ぎ更に寝込んでしまうと終点松本に到着しました。駅前ロータリーで辺りを眺めながら、バスを待っていても一向に来る気配がなく、もしかしたら別の場所から発着なのかもしれません。諦めて駅を背にメイン道路を歩いていると川沿い縄手通りという古くは夜店で賑わった道路を歩いていると四柱神社(願い事の神)をお参りし、おみくじは今の心境どおり事が記されていました。途中、大名小路井戸は」冷たく透き通った水量豊な井戸で手を洗いいよいよ松本城内へ・・・城のお堀を一周し快いそよ風を頬に受け、暫し休憩をとり、集合時間の30分前になったので今宵の集いの場所に向いました。もう何人もの人が集まっていましたが、受付にいくと『遠路はるばるからのご参加有難う御座います。』と丁寧に挨拶されました。指示された場所に座り”集い”の開始です。その後懇親会が始まり私が今回参加するに当たり訪ねたい事2点について、宴が進み、魔法水が進む中で、地元の理事の方が左側に座られたので、魔法水を酌みあわす中で、あの2点を尋ねてみました。その2つの質問事項を詳しく教えて頂いたところ印象に残った言葉は由緒ある武士の子孫であるという誇りと会が消滅しない定期収益をあげられる地盤が備わっている事と引き継がれた権利は消滅したものの利用権利は存在しているという。今回の参加は大変有意義なものでした。帰り際『来年も参加してください』とおっしゃって頂き、出来る限り参加させて頂きたいと返答し宴のお開きと共に”集いの場”を後にしました。今回の出席数は44名で毎年この位の人数だそうです。ちなみにこの”集いは”【戸田藩主の子孫】という事で世が世であれば”武士”であると皆さん自慢げに話されていました。そして一同歴史話に燃えていました。

Tags:
このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。