館長ブログ

09 16

投稿者:
2016/09/16 7:42

何時雨が落ちてきても可笑しくない、どんよりした空の下を車はやや郊外に向って走っています。夏から秋に掛けての行楽を楽しむ人なのでしょうか?高速道路は結構車で埋まっていました。時折雨雲の下を通ると勢いよく雨が降ってきますが、通り過ごすとパット明るくなります。そしてまた暫らく走ると窓ガラスをパラパラと雫が濡らしていくという繰り返しで目的地に到着sしました。何と午前中はもちそうで午後は危ない予想でした。10時頃にはちょっと雨脚が激しくなったものの、あっという間に晴れ間が覗いてきました。その後は夏の陽射しがサンサンと照りつけ、額は汗びっしょりになりました。赤とんぼが空を埋め尽くし、遠く蝉の最後の声が悲しげに聞こえてき、すすきの群れも姿を現し、夏から秋への様変わりを眼の辺りにした散策の1日でした。

Tags:
このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。