館長ブログ

06 20

投稿者:
2018/06/20 6:32

梅雨入りになり快晴は望めないのは、わかっていても出来れば夏日になり、太陽がガンガン照りつける日になると良いと思いつつ、天気予報を見ていると晴れ予想であっても、日々予報が変わり雨予報になってしまいます。それでも日曜日は”晴れ”ということで出かけました。日曜日のロマンスカーはどの列車も満員、如何に箱根・湯本が人気スポットということが伺えます。どうしても江の島・熱海の海の素晴らしさは忘れられず『何で?』と問われてもただ『そこが好きだけ』『だったら何処でも良いじゃないか?』と言われてもそれぞれの海にはそれぞれの海の素晴らしさがあり、それぞれが行きたいスポットです!今回ただ単に熱海の海を見に行くだけの事ではなくて、いろいろやらなければならないことがあり、本当は天気は何でも良いはずなのに、折角なので海=快晴の方程式は崩せないのです。ロマンスカーが走り出しても、曇天ははたして晴れるのやら?熱海駅に着くと青空が広がり、望みが叶った心の中で万歳をし、早速着替えて熱海サンビーチへ・・・矢張り日曜日は多くの人が遊んでいました。海開きも間もなくです。ヨットハーバーのベンチで魔法水を呑んでいると、初老の男性が声を掛けてきました。『2年ぶりに熱海に来ましたが、大分水位が下がっていますね』と岸壁を見ると確かに水位が落ちていました。『よく焼けていますね?』といわれたので『飲んで海を眺めているのが好きなんです』と言うと『本当ですね!何も考えずじっと見ていても海は本当に素晴らしいです。』と同感!暫し雑談をして其の方は丁寧に『失礼致しました。』とその場を立ち去りました。何かただ初島や大島を見ているだけで充分満足していたのに、ほんの少しの会話で、同じ感想を述べ、こよなく海が好きという言葉が心の中に沁みこみ倍以上の喜びと楽しさと晴々した気分に成り『ああ今日熱海に来て良かった』と微笑んでしまいました。

Tags:
このブログにはカテゴリがありません。
データがありません。